2018年09月18日

今週末は仁尾町へ♬ 八朔人形祭り&父母ケ浜の夕日


今週末は仁尾町へGO♬

第21回 仁尾八朔人形まつり

日付:9月22日(土)・23日(日)・24日(月祝)
時間:午前9時〜午後5時(最終日24日は午後4時まで)
場所:仁尾町文化会館を中心とした仁尾町内


昔ながらの街並みが、今なお残る仁尾町。
25E825B725AF25E5259C25B025E3258125AB25E3258125A6-thumbnail2.jpg

そして、その町並みを鮮やかに彩る人形たち。
image-310d1-thumbnail2.jpg

D7F552AC-5A58-43CB-A86E-0EF4F0EEF001-thumbnail2.jpg

仁尾町では古くから、城主の命日である3月3日には雛まつりを行なわず、
旧暦8月1日、八朔の日に男の子の節句と一緒に、女の子の雛節句も祝うようになりました。

この八朔の日の習慣や、お雛様を飾るのに段飾りではなく
舞台飾りを行う仁尾町ならではの風習を、
たくさんの方に来ていただけるイベントによみがえらせたのが、八朔人形まつりです。
仁尾町内のあちこちに、日本人形や団子馬を使って、
歴史的な名場面のジオラマが展示されておりますので、
是非、町内をぐるりと回りながら、同時に開催されるイベントも楽しみながら、
ひと時の歴史探訪の旅を、お楽しみください。



また、同じ仁尾町内の父母ケ浜海水浴場もすぐ近くです
IMG_9154-thumbnail2.jpg

まるで地面に鏡があるかのような『天空の鏡』などと呼ばれる
写真が撮れることで話題になっているスポットですが、
この八朔人形祭りの頃はちょうど午後6時の日の入り前後の時間に、
運がよければきれいな反射した海岸線を楽しみやすいときだということですので、
夕方まで、仁尾で楽しんで帰られることをお勧めします!
カメラをお忘れなく!!!

 ◎父母ケ浜の詳しい情報はこちら


posted by ほんまモンリポーター at 20:40| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

【三豊の木】遅咲き!長寿院のサルスベリ&神様守る傘、若宮神社のクロガネモチ

 こんにちは、ショウタロウです。

 三豊の名木を紹介するシリーズ、今回は2本ご紹介します。

 1本目は長寿院の百日紅(サルスベリ)です。

 これは昨年もご紹介しました(「めでたい百日紅(さるすべり)」記事はこちら)ので簡単に…

 サルスベリというと、通常7月頃から9月頃まで咲いているのですが(そのため”百日”紅と書くようです)、こちらの長寿院さんのサルスベリはかなり遅咲きです。今年は9月に入ってからようやく花が咲き始めてました。今から咲いて、いつまで花が見られるのでしょうね。まさか冬でも!?
 IMG_5150.JPG
 写真は9月16日の様子です。まだつぼみもたくさんありましたので、これからが見頃です。昨年の台風などの影響もあって一部の枝が折れてしまったそうですが、しっかり元気でしたよ。
 「長寿院」、「遅咲き」、「百日紅」、なんてなにか縁起がいい感じがしませんか?

⬛長寿院のサルスベリ(香川の保存木)
 樹高:7m
 胸高周囲:1.7m
 住所:三豊市詫間町松崎1062(地図はこちら
 電話:0875-83-3671
 香川県HPによる解説(こちら

 さて、お次は若宮神社のクロガネモチです。
 こちらのクロガネモチは、高速道路の脇の若宮神社の中に生育していて周囲は田んぼに囲まれています。
IMG_5039.JPG

小さな社殿を覆うように立っています。取材した日は雨だったのですが、まるで神様が傘をさしているかのようですね。
IMG_5041.JPG

幹はなめらかです。
IMG_5047.JPG

樹勢は少々弱っている部分もありますが概ね元気です。クロガネモチという木は冬に向けて赤い実をつけるのですが、この木の実はところどころ黄色の斑点がはいるそうで、これはかなり珍しいようです。また冬になったら見に行ってみます。
IMG_5050.JPG

香川の保存木に指定されています。
IMG_5045.JPG

小さな神社、その神様を長年その幹と枝葉でお守りしてきた若宮神社のクロガネモチでした。
IMG_5055.JPG

⬛若宮神社のクロガネモチ(香川の保存木)
 樹高:21m
 胸高周囲:2.7m
 住所:三豊市豊中町本山乙字出水添347-2(地図はこちら
 香川県HPによる解説(こちら

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 15:23| Comment(0) | 三豊の木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

秋を感じられる花を大切に♬ 来週末、見ごろを迎えそうな宝山湖の彼岸花

さくらです

宝山湖へ行ってきました♪

25E52586259925E7259C259F25202017-06-05252018252015252055-thumbnail2.jpg


宝山湖の周りには秋を感じる花「彼岸花」がきれいに咲く斜面があります。

ちょうどお彼岸の頃に咲くと言われている「彼岸花」が、
毎年お彼岸頃になると、こんな感じで真っ赤な花を咲かせます!
(下記の写真は2017年9月下旬の様子です)

25E525AE259D25E525B125B125E625B9259625E3258125AE25E525BD25BC25E525B225B825E8258A25B125EF25BC2591-thumbnail2.jpg

 ◎宝山湖の彼岸花、見頃、ご紹介の記事はこちら


この、地域の方が植えた「彼岸花」は、3万株ほどもあると言われています。
25E525AE259D25E525B125B125E625B9259625E3258125AE25E525BD25BC25E525B225B825E8258A25B125EF25BC2592-thumbnail2.jpg


その「彼岸花」をお彼岸の頃にきれいに咲かせてあげたいと、
9月上旬の週末、三豊市地域協力隊の方や有志の方が力を合わせて、
「彼岸花」の周りの草刈りや清掃をしてくださいました!!!

40542628_2160384504234479_6665965521734729728_n.jpg


今、花は咲く準備を着々と進めている感じで・・・、
ちょうどお彼岸の頃となる、来週末9月22日〜24日の3連休あたりから、
見ごろを迎えそうです!

2018年9月15日(土)撮影の感じは、こんな感じ・・・♬

DSC08527.JPG

DSC08520.JPG


見ごろを迎えると、こんな感じできれいに咲き誇ります!!!
21272643_1552932711432408_3497677019719309169_n.jpg
(画像協力:三豊市観光交流局)


来週末は、宝山湖へ、
「彼岸花」の花見、楽しみに行けそうです♬


場所は、宝山湖入り口から、湖の外周を走っている道路を走っていくと、
湖を渡る橋が架かっています。
ちょうど、その橋を渡ったあたりです。
DSC08525.JPG

DSC08524.JPG

(車の場合、橋を渡らず通り過ぎると、左手前側に鋭角に曲がる角があります。
 そこを曲がりしばらく行くと、橋を渡ったあたりに出ます。
 車を置くスペースもあります。)



宝山湖
住所:三豊市山本町神田乙500-1
[ここに地図が表示されます]


posted by ほんまモンリポーター at 16:27| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

のんびりできる絶景カフェ、見~つけた♬ @GCTV大浜

さくらです

2018年8月1日にオープンしたGCTV
(グラマラス キヤンプ トワイライト ビレッジ)
IMG_3524-thumbnail2.jpg


こちらは、最近よく聞かれるようになった「グランピング場」ですが、
「グランピングって何!?」という方にために、もう一度!

「グランピング」とは「グラマラス キャンピング」の略です。
簡単に言うと、自分で準備しなくてもホテル並みのサービス付きのキャンプが
楽しめるというもので、人気が高まっている宿泊スタイルの一つです!


ということで・・・、私は、てっきり、「宿泊場か・・・」と思っておりましたら、
カフェ&バーとしての立ち寄りもOKとのことです!!!
地域住民としては、嬉しい!!!

DSC08499.JPG

DSC08492.JPG


このデッキテラスで、ドリンクや軽食メニューなどは、いつでもいただけるそうです。
カフェ利用ができるのは、朝9時〜夜10時までということで、
朝の気持ちい風も、昼の青い空も、夜の星空も・・・、
好きな時間に、好きな自然スタイルの楽しみ方を満喫できそうです!

ハンモックで昼寝しながら、ドリンクをいただく休日・・・最高です!
IMG_3520-thumbnail2.jpg

メニューも、特にドリンクメニューは種類も多さがも気になります!

DSC08495.JPG


DSC08493.JPG



ご案内
こちら! 
海だけに遊びに来る方もいらっしゃるということで、
こちらの駐車場代として、カフェ利用時も1回1台300円がかかります。
ご確認下さい♪

DSC08516.JPG



でも、ここで、のんびりと波音を聞きながら、風に吹かれていたら、
一度は、お泊りもしてみたいな!!!
なんて気持ちになりました!

DSC08506.JPG

DSC08505.JPG

あ、あとお泊り特典としては、こちらのイタリアン風の夕食メニューが、
味もボリュームも抜群!!!という噂を聞いております!
これは、お泊りいただいた方だけの特典ということですので、
一度、お泊りにも来てみてください♪



GCTV
(グラマラス キヤンプ トワイライト ビレッジ)


住 所 :三豊市詫間町大浜字峠甲727−1(地図はこちら
電 話 :0875−84−7227
定休日 :2018年10月31日までは無休
    (冬季の営業は現在検討中の為、要確認)
営業時間:カフェ利用 午前9時〜夜10時まで
駐車場代:1回1台 300円

H P :http://www.hammock-cafe.jp/twilightvillage/
インスタグラム:@gctv_glamorouscamp


posted by ほんまモンリポーター at 09:21| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

2018年9月22日・23日・24日 第21回 仁尾八朔人形まつり


第21回 仁尾八朔人形まつり

日付:9月22日(土)・23日(日)・24日(月祝)

時間:午前9時〜午後5時(最終日24日は午後4時まで)

場所:仁尾町文化会館を中心とした仁尾町内



一日一日と秋の訪れを感じるこの季節
お散歩がてら仁尾の街並みとともに歴史にも触れてみませんか?


主役になるのは、人形たち!
八朔人形.jpg

歴史に詳しい人達が集まって、まず歴史の時代考証からはじめ、
何の人形を飾るのかを検討します。
そしてその人形の場面が決まったら時代による背景も決まってくるので、
飾り付けの全体的なイメージをつくっていきます。
自然を作り込むために木や苔や小道具にいたるまで作るので、
なんと一年もかけて自然のままの状態で育てているものもあります。
このような流れで多くの人の手によって作り、
続けられているのが、八朔人形まつりです。
25E6259C258825E525BD25B125E5258D258A25E525B925B325E525A425AA-thumbnail2.jpg

90E7E147-8812-4D13-BF55-A48EFEE44F5F-thumbnail2.jpg



城下町ということもあって、江戸時代や明治時代の建物も残っている仁尾町。
昔ながらの風情を楽しみながら、歴史探訪も楽しめそうでするんるん


尚、仁尾の町中は、道も細く、当日は車の乗り入れができません。
公共の交通機関をご利用いただくか、指定の駐車場にご駐車ください。

 *23日(日)、24日(月祝)は、
  詫間駅から無料シャトルバスが運行しています。


posted by ほんまモンリポーター at 06:50| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする