2020年01月27日

2月8日(土) 講演会『渋沢栄一の「論語と算盤」で未来を拓く』開催

冬の間は、外に出かけていくよりも、お家にこもって勉強をしたり、ゆっくり過ごしたくなりますね♪

三豊市内では、この冬の間、いろいろな講演会が行われています。

その一つ、2月8日(土)に企画されている、
講演会『渋沢栄一の「論語と算盤」で未来を拓く』
のお知らせです。

200208.jpg

主催は、高瀬町経営者協会事務局。
三豊市内で会社経営をされている方を中心に、異業種交流、情報交換、20〜30代の若手を育てていくことなど、いろいろな目的でつながりをもって活動をしています。
毎年、経営の講師を呼んでセミナーをしたり、研修旅行として全国の多様な業種の企業を見に行くこともあります。

そして、この時期に開催する講演会は、1年のメインの行事になります。
今年お越しいただくのは、渋沢健先生。
新しい一万円札に乗る、渋沢栄一氏の5代目の孫あたります。
渋沢栄一氏は、幕末〜大正初期にかけて、『日本資本主義の父』と言われていた方です。
タイトルにも入っている、渋沢栄一氏の著書『論語と算盤』の中では、「論語」とは道徳、「算盤」とは利益を追求する経済活動のことを指しており、「利潤と道徳を調和させる」という経営哲学について、明治の時代から伝えられていました。

今、この考え方は、国内外から注目されています。
今ある経済の形と、これからの企業経営においても、たいへん勉強になると思います。

200208.jpg


講演会 『渋沢栄一の「論語と算盤」で未来を拓く』

日時:2019年2月10日(月) 午後5時〜午後6時30分

場所:みとよ未来創造館 3階大ホール
 (住所:三豊市高瀬町下勝間2347−1)

演題:渋沢栄一の「論語と算盤」で未来を拓く

講師:渋沢 健 氏〔渋沢栄一5代目子孫(玄孫)〕


なかなか会うことができない方から、自分と違った視点の話を聞けることは貴重な機会です。
大人になっても、いくつになっても、勉強を続けることは大切ですね!


興味のあります方、どなたでもご参加いただけます。
下記連絡先までお問い合わせし、事前にご予約ください。

2002082.jpg


お問い合わせ先
高瀬町経営者協会事務局(三豊市商工会高瀬支所内)
TEL:0875−72−5729
FAX:0875−72−2752


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

土を健康に!:2/1「健康な土づくり勉強会」

 最近は、農業もいろんな方法がありますね。また、家庭菜園で楽しく美味しいお野菜を作っている方、園児たちと土作りから野菜を育てている保育園など、いろんな取り組みがされているようです。

 そんな農業に関わりがある方や興味がある方、こんな勉強会はいかがですか?

「健康な土作り勉強会 −BLOF理論−」

健康な土作り_0001.jpg

 まちづくり推進隊財田の主催で、一般社団法人日本有機農業普及協会の中村隆宏さんを講師にお招きしての開催です。

 BLOF理論って聞き慣れない言葉ですが、

  @細胞をつくるアミノ酸肥料

  A成長に不可欠なミネラル肥料

  B堆肥を使った土づくり

 の3つがキーワードだそうです。高品質、高収量、高栄養の作物を創ることができるそうですよ。

健康な土作り_0002.jpg

 人の健康と同じで農業にもいろんな方法があるようですが、ご興味があるかた参加無料です。ぜひおききになってみてはいかがでしょうか??


⬛「健康な土作り勉強会 −BLOF理論−」 講師:中村隆宏氏

 日時:2月1日(土)13:30〜16:30

 会場:財田町公民館 2階大ホール

 定員:120名

 料金:無料

  ※事前申し込みが必要です。電話(0875-67-3791、まちづくり推進隊財田)
   他の方法については上のチラシの写真の2枚目(裏面)を御覧ください!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☔| Comment(0) | 行事予定!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

「みとよほんまもんゲストハウス探訪」ノスタルジーとモダンの融合する La toile トワール へ

こんにちは ひとみです🍀


インテリアコーディネーターでもある、私がご案内する「みとよほんまもんゲストハウス探訪」



今回は寒い今の季節の季節おすすめ
山里にひっそり佇む、ストーブのある、隠れ宿のようなゲストハウス「La toile(トワール)」のご紹介です。


009-F1D_0242.jpg



こちらのゲストハウスのオーナーは、三豊市内で一棟貸しのコテージを運営する合同会社フィネストラ



「フィネストラ」とは「窓」を意味する言葉で、現在4棟展開しているフィネストラのゲストハウスは、それぞれにその地域性を生かしたコンセプトが設けられています。どのゲストハウスにも大きな窓があり、「窓からみえる景色」がひとつのキーワードとなり、非日常の空間の中で過ごす滞在そのものを楽しめるものとなっています。



その滞在で、その地域をより深く味わえるように、ローカルな食文化を楽しめる「地域食アテンダント」や、その場所でしか体験できない「プライベートガイドツアー」を選択できることも特徴のひとつです。




一棟貸切のゲストハウスで、そこでしかない景色とともに、誰にも邪魔を邪魔をされない極上の空間や、ただの旅行ではなかなか味わえないディープな体験はいかがでしょうか?




そんなフィネストラのゲストハウスの中のひとつ「La toileトワール」のコンセプトは「茶香とともに過ごす時間」。




La toile のある里山の周辺はお茶処。
三豊市は、瀬戸内の海の景色はもちろんですが、この辺りには、日本昔ばなしのようなぽこぽこと小さな山のある風景が広がり、しみじみと美しいと思います。どこにでもありそうで無い、失われつつある日本の原風景のような景色。そんな景色の中にLa toile は在ります。
La toileの裏には竹やぶが広がり、広い敷地には、日本庭園の他に、縁側には藤棚、畑には柿や梅などの果樹が植えられ、その下にはこれからの季節水仙の花が広がり、梅の花が咲きます。四季折々の景色を楽しめるその場所にある昭和の民家をリノベーションしたLa toileは、誰の心の中にもあるおばあちゃん家のようで郷愁を誘います。



D7429D43-1C66-4C10-BB2E-441DA50D727E.JPG



La toile の魅力はそこだけではありません。



駐車場からぐるりと裏へ回るとLa toile の入り口へ


IMG_1683.jpg069-F1D_0557.jpg


柿の木の奥にある扉は、ヨーロッパの農村で使われていたもの。
朴訥とした雰囲気。



しかし一歩La toileの中に入ると、
外観からはイメージできないモダンな空間が。



コンセプトでもある茶、禅にも通じる和モダンな空間と、ミッドセンチュリー、元々の建物が持つノスタルジー、様々な要素を含んだこだわりの空間がLa toileの魅力。


006-F1D_0052-HDR.jpg


ゆったりとした土間空間の奥には広々としたアウトドアリビングへとつながる大きな「窓」



005-F1D_0046.jpg

窓は全て明け放つことができ、そのまま外へと繋がります。



リビングはゆったりと床座スタイル。
ウッドデッキへとは一段上がっているので、ベンチのように座ってもらえることも可能。

007-F1D_0056-HDR.jpg



IMG_1694.jpg

リビングの真ん中に位置するのはストーブ。今の季節ゆらゆら揺れる炎を見ながら過ごす時間は最高の贅沢。

001-F1D_0009.jpg

IMG_1686.jpg




ストーブの横にはディベットにもなりそうな大きなマットとふかふかのクッション。
ストーブのじんわりとした温もりを感じながらここで本を読んだり、ウトウトしたり・・・
いい


IMG_1687.jpg

夜は間接照明でまたまた良い雰囲気に。

これはお酒が進みそう

015-F1D_0124.jpg

マットは移動させることもできるので、土間のうえに直接敷いてもok!
ストーブをつけると土間もじんわりあったかいそうですよ♪
夏は逆にひんやり気持ちいい



お気に入りの場所を見つけてゆったりとぢた時間を過ごせそうですね。



そして、リビングの手前にあるのがキッチンダイニング。

016-F1D_0148.jpg



018-F1D_0163.jpg

茶室をイメージして、解体して露わになって下地部分を魅せた壁。

022-F1D_0182.jpg

キッチンとはU字に繋がっているのでみんなでワイワイお料理して食べるのにもぴったりです。
La toileの近くには産直も豊富なので、新鮮な地元のお野菜を購入してお料理することもおすすめです。




ダイニングからリビングをみた景色


02B5F1B9-4E19-47ED-840C-EB39CABB5EE0.JPG


フィネストラのキーワード「窓」
La toileの窓からみえるのは茅の一種であるパンパスグラスという植物。
ゲストハウスの完成とともに植えられたこちらの植物は、この1年で大きく成長しています。
成長する植物によって大きな窓はプライペートを保たれ、日常と切り離します。



IMG_1682.jpg

そしてこの窓には内側にさらに一枚網戸とレースを兼ねた麻生地を張られた建具が。
こちらを閉めると、麻の生地を通って優しい光と影が空間を包みます。


麻というのは、この地域の名前でも在り、かつては養蚕業が盛んだったそう。
そんなこの地域へのオマージュも感じられます。



フィネストラのゲストハウスの中で唯一のリノベーション物件であるこちらは、
元の建物や、住人、そしてこの地域を空間の中にストーリーとして取り込んでいるところも魅力の一つ。



使う素材も経年変化を楽しめるものや自然素材のものに拘っています。



IMG_1424.JPG

見上げると、太い丸太梁を露わにした吹き抜けの天井。



027-F1D_0231.jpg

変化を楽しめる黒皮鉄の壁。

025-F1D_0213.jpg

キッチンの明かり取りの窓には讃岐組み木の格子。


068-F1D_0550.jpg

エントランスには、床の間から床を移設。

IMG_1685.jpg


空間のいたるところには、以前の住人を忍ばせる本や雑貨も。





IMG_1406.JPG

土間空間は廊下を挟んで二間続きの和室とも繋がっています。
この辺りはほとんど手を加えていない、和の空間。
今の季節はこたつをご用意。ほっこりできますね。


050-F1D_0077.jpg

広々縁側は日向ぼっこが気持ちいい


立地を生かしながら、こだわられた空間は、女子会にも人気だそう。


土間空間から、和室、縁側までは、障子を開けると全てがゆるく繋がるので、団体様での利用や、小さなお子様のいらっしゃるファミリーにだってぴったりです。お庭も広いので、お子様も思う存分のびのび過ごせますね。
ストーブがおすすめの今の季節ですが、気候がよくなれば、内外を繋いでお外でバーベキューもよいですね


ゆったりした空間を、大人数で楽しめることはもちろん。
日常の慌ただしさから離れて、季節の移ろいや、時間の移ろいを静かに楽しめるこの場所は、ゆっくりとカップルや贅沢にお一人様にもおすすめです。








◾️個室



044-F1D_0315.jpg




042-F1D_0277.jpg


◾️書斎

057-F1D_0352.jpg

◾️水回り

061-F1D_0508.jpg


060-F1D_0451.jpg


058-F1D_0404.jpg






合同会社フィネストラ  

住所   香川県三豊市詫間町大浜甲2144−4
TEL  0875-83-5651

La toile  
予約は こちら


■宿泊

施設利用費:18,000円〜21,000円/泊
大人(中学生以上):3,000円/一人一泊
子供(小学生):1,000円/一人一泊
乳幼児(〜小学生未満):無料
※金額は各予約サイトにより多少変化します。詳しくは各サイトよりご確認ください。
※キャンセルポリシーは各サイトに準じます。

■時間貸

平日9:00~16:00
4,000円/時間
平日16:00~21:00、及び土日祝
5,000円/時間
※人数は問いません
※消費税込の価格です。










posted by ほんまモンリポーター at 08:21| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

延命院のロウバイ咲き始めました!

 こんにちは、ショウタロウです。

 先日の記事(こちら)でご紹介した延命院のロウバイ(蝋梅)の開花状況を見てきましたよ(訪問したのは1月23日です)。

 入口の階段付近の状況はこちら。3分咲きぐらいでしょうか。
IMG_5048.JPG

境内では紅梅も咲き始めていましたよ。
IMG_5044.JPG

八重咲きですね
IMG_5046a.jpg

さて、延命院の裏手側にロウバイがたくさん植えられた一角があります。
IMG_5042a.jpg

木にもよりますが、全体で5分咲き程度よく咲いているもので6〜7分咲きぐらいでしようか。
IMG_5012.JPG

 今の時期だからこその可愛らしい蕾もたくさんありますよ。
IMG_5011.JPG

ちなみに、延命院のロウバイはソシンロウバイ(素心蝋梅)だそうです。
IMG_5039.JPG
花の芯も同じ色のものがソシンロウバイです。

いわゆるロウバイも1本ありましたよ。ソシンロウバイと違って芯が濃い紫色です。
IMG_5036.JPG
 写真だとちょっとわかりにくいですが、ロウバイのほうが花びらの色が薄くてより蝋のような風合いです。

 暖冬の影響もあってこれからどんどん開花が進むと思います。ぜひみなさんも一足早い花見にでかけてみませんか?


IMG_5034.JPG

⬛延命院
  住所:〒769-1504 香川県三豊市豊中町上高野858(地図はこちら

posted by ほんまモンリポーター at 08:22| 香川 ☔| Comment(0) | みとよの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

2020年2月8日(土) 『食べる健康機能性セミナー』開催♬


「食」や、「健康」をキーワードに♬
薬用作物だけでなく健康機能性のある農産物を食べることによって、
健康づくりに活用してみませんか?

1kenko.jpg

食べる健康機能性セミナー


日 時:2020年2月8日(土)午後1時30分〜3時30分

場 所:三豊市市民交流センター
   (住所:三豊市豊中町本山甲160−1)

参加費: 入場無料、事前の申し込み不要

内 容: 基調講演@ 「食も人生計画〜季節の食養生〜」
     講師 (一社)日本薬用機能性植物推進機構理事・
            千葉大学名誉教授 池上 文雄 氏

     基調講演A 「三豊野菜を食べて健康になろう」
     講師 農学博士・フードトレンドクリエイター・
        野菜ソムリエ上級プロ・漢方養生指導士 
        やの くにこ 氏

     事例発表 
     「シチメンチョウがつなぐ 農林水産とスポーツのミライ」
     発表者 大野見七面鳥生産組合組合長 
       松下 昇平 氏 (高知県中土佐町地域おこし協力隊)


kenkou2.jpg

三豊市の農産物の健康機能性、薬用機能性作物の展示などがあります。
また、先着200名様に健康機能性に関する試食品を配布いたします!


<<お問い合わせ>>
三豊市農林水産課(☎73−3040)までお願いします。


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☔| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする