2016年03月23日

春、旅立ちの季節 〜三豊市 小学校閉校〜

さくらです

昨日は、三豊市内を走り回っていました・・・

私が追いかけていたものは、
「三豊市内 小学校閉校」

今年度をもって、7町ある三豊市の山本町、財田町の6つの小学校が廃校となり、
新しい2つの小学校となります。

その節目の行事として、閉校式が執り行われました。

三豊市立辻小学校
009.JPG

010.JPG

006.JPG


三豊市立河内小学校
011.JPG

012.JPG

014.JPG


三豊市立大野小学校
022.JPG
 
020.JPG

018.JPG


三豊市立神田小学校
023.JPG

024.JPG

029.JPG

こちらの4校は、統合して『山本小学校』となります。



三豊市立財田上小学校
042.JPG

041.JPG

038.JPG


三豊市立財田中小学校
043.JPG

044.JPG

045.JPG

こちらの2校は、統合して『財田小学校』となります。



いずれの小学校も100年以上の歴史があり、
地域の中でも、親子3代は当たり前・・・という方も多い、
地元の方に愛され、育まれてきた小学校ばかりです。

校章、校旗が三豊市教育委員会に返納され、新小学校に届きます。
そして、それぞれの学校の校歌も、子供たちに歌われるは、
これが最後となります・・・。
027.JPG


統合、廃校に向けては、何度もの地域の方たち、行政の方たちの
熱い議論があったとも聞いています。

それでも、これからの「未来の子供たち」へ向けて、
今できる最善の選択となるようにとの願いを込めて決定をし、
準備を進めてきての1日となりました。

新しい校舎は、明るく開放的で、
これからの子供たちをあたたかく迎えてくれるように、
こちらも準備が整いました♪


新しい春は、もうすぐそこ!
4月からは、山本町、財田町の子供たちは、
新しくできた、『山本小学校』、『財田小学校』へ
通い始めます。

新しい学校が、子供たちにとって、
あたたかい学び舎になりますように♪


地元の方たち、学校の先生たちのあつい想いがあれば、
きっと大丈夫ですね!!!

6校の閉校式に参加させていただき、
『地域に生きる』、『歴史の積み重ね』の意味を考える1日となりました。
今生きる毎日の積み重ねが、地域を作り、子供たちを育てているんだと、
改めて胸に刻み、日々を大切に過ごしていこうと感じました。








posted by ほんまモンリポーター at 19:42| Comment(4) | 学校訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする