2018年01月10日

冬のため池の楽しみ

 こんにちは、ショウタロウです。


 雨が少ない香川県にはため池が多いですよね。ちょっと調べてみたところ、都道府県ごとの数では全国3位ですが(1位は兵庫、2位は広島)、密度では第1位で、全国平均の15倍近い密度だそうです。
(香川県HPより → http://www.pref.kagawa.jp/tochikai/tameike/data/

 夏に貴重な水をためてくれていた池も、この季節には「池干し」として水が抜かれて工事されたりしています。
IMG_6260.jpg

IMG_6268.jpg


 完全に水が抜かれたため池は運動場みたいですね。

 一方、水が残っているため池には、ある生き物が集まってきていました。
IMG_6097.jpg
 そう鳥たちです!普段から日本で暮らしている水鳥や、冬にシベリアの方から日本に越冬しに渡ってくる水鳥が集まっていました。

IMG_6108.jpg
 サギやマガモ、カルガモのようです。

IMG_6262.jpg
 ホシハジロ?ちょっと分かりませんでした。
 近づくとすぐ逃げてしまいます。双眼鏡が必須ですね。

 高瀬にある国市池では、渡り鳥の解説板も設置されていました。
IMG_6103.jpg
 ため池の周りには草地があることも多いので、水鳥だけでなく草場が好きなホオジロなどの野鳥も見かけることができますよ。

 ため池密度の高い香川県は渡り鳥たちにとって、たくさんの別荘がある「避寒地」かもしれませんね。
 外に出かけるのが億劫になるこの季節ですが、この季節だからこそ出会える鳥たちに出会いに行ってみませんか?

 ありがとうございました!

🚩国市池 ※農林水産省の日本のため池百選にも選ばれています
 三豊市高瀬町
 
[ここに地図が表示されます]







posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(4) | 三豊の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする