2018年06月30日

階段登ればよい眺め。健康にもご利益!?【弥谷寺】

こんにちは、ショウタロウです。

私は三豊市の三野町に住んでいるのですが、最近ほぼ毎朝、弥谷寺まで歩いて登っています。
弥谷寺とは、四国八十八か所霊場第71番札所です。

日頃の運動不足の解消にと思って始めたのですが、自分でも予想外に続いております。

とは言っても弥谷寺といえば、階段が540段もある八十八箇所の中でもなかなかの難所です!
本堂に着く頃はゼーゼー言っております(笑)。

はい、こちらが登り口です。
370段目辺りまで行く有料の送迎バスも出ていますので、ちょっと心配な方はぜひご利用ください(片道500円、往復750円)。
IMG_1943.JPG

途中にある俳句茶屋さん、今は修繕計画中ということでお休みされています。
残念。


いい雰囲気だったのですが。ぜひ早く再開してもらいたいです。
IMG_1944.JPG

階段の両側には様々なお地蔵様や仏様がいくつも並んでいます。
行く人、帰る人、たくさんの人々を見守ってきたのでしょう。それにしても階段の続くこと!
IMG_1947.JPG

途一番の難所はやはりこちらでしょうか。108段階段!108といえば煩悩の数、一段上がるごとに一つ煩悩が落ちる!?
IMG_1949.JPG

さて、登りきったところに太子堂があります。こちらは獅子之岩屋という弘法大師が幼少の頃学問に励んだ場所もあります。撮影はできないので写真がありませんが、ぜひ直接お出かけになってみてください。
IMG_1951.JPG

 太子堂から階段を登っていくと水場があります。弥谷山の霊山信仰では、「山域全体が仏の住む世界であり、水場横の洞窟が極楽浄土の入口だといわれ、特別強く信仰された。」とされたそうです(四国八十八ヶ所霊場会HPより)。水場の洞窟に水経木と呼ばれる真言を書いた木札をお供えする信仰が今も残っています。
IMG_1500.JPG

水場からまたさらに階段を登ったところに本堂があります。ちゃんとお参りいたしましょう。
IMG_1512.JPG

 そしてここからの眺めが素晴らしいのです。
IMG_1555.JPG
弥谷山に連なる山々と三豊の平野の一部を望めます。

朝焼けや(2017年10月撮影)、
IMG_4595.JPG

靄(もや)に浮かぶ山々(2018年6月撮影)はまるで瀬戸内海の島々のよう
IMG_1912.JPG

苦労して登った甲斐があったな〜と思える眺めです。

昇るのはちょっと大変ですが、健康づくりに役立ち、素晴らしい景色を眺めることができ、さらにお参りのご利益もあるかも!?ぜひおでかけたください!

⬛第71番札所 剣五山 千手院 弥谷寺
住 所: 香川県三豊市三野町大見70
電 話: 0875-72-3446
駐車場: 道の駅前、弥谷寺参道入口に無料駐車場あり
宿 坊: なし
URL: http://www.geocities.jp/ryogot1010/




posted by ほんまモンリポーター at 19:55| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

今年の夏も、遊ぶぞ! 仁尾町沖の無人島 つた島の夏2018、スタート!


ググっと暑くなって、夏本番の感じ!

今週末、7月1日(日)に海開きが行われる、
三豊市仁尾町沖の無人島【蔦島】

現在、仁尾町の海の駅でもある『仁尾マリーナ』が管理運営をしています!
82840D3A-5D8F-474B-AF4C-0D50A35D0237.jpg

道の駅・・・には、行ったことがあっても、
「ヨットのオーナー」でもない限り、
『海の駅』には、わざわざ行ったことのある方、少ないかもしれません!


ということで、今年の夏の蔦島の楽しみ方を、
株式会社ユニマットプレシャス
仁尾マリーナ 支配人の中川一浩さんに伺いました!
IMG_4934.JPG

仁尾マリーナは、海を挟んで目の前に無人島のつた島が広がる、
瀬戸内海でも最大規模のヨットハーバーです。

昨年の夏から、つた島の管理運営を任されています。

IMG_4933.JPG
(ヨットハーバーの向こうにつた島が見えています!)


今年の夏、つた島では、7月1日(日)、
朝6時30分から、仁尾中学校の生徒や、小さな親切運動の方たちと、
つた島の海岸をボランティア清掃します。


その後、海開きの神事を行い、今年の海水浴シーズンが始まります!

P7020509-thumbnail2.jpg


今年、つた島の海の目玉は、『アクアパーク』が誕生します!
36285445_889798457886928_8778349099263983616_n.jpg
(イメージ写真)

36386008_889798467886927_2941474353428037632_n.jpg
(イメージ写真)

瀬戸内海の穏やかな海だからこそ安定しやすいので、
海の上で、思いっきり遊んでください!

今年は無料で開放しておりますが、
お子様連れの方は、必ず保護者同伴で、遊んでください。



つた島の海水浴場としての施設は、
・キャンプ施設(常設、持ち込み2種類あり)
・BBQセット(食材は各自ご用意してください)
・ペットボトル飲料の販売
・カップラーメンなどの軽食販売
・浮き輪の販売&レンタル

詳しい一覧と金額詳細は、こちらのページを参照ください。



詳しいお問い合わせは仁尾マリーナまで。
電話:0875‐82‐9003

予約をした方がいいものは、海水浴場桟敷、テント、BBQセットなどです。
つた島に渡船が到着したすぐ目の前で、貸し出しができます。




仁尾マリーナ

IMG_4932.JPG

住 所 :三豊市仁尾町仁尾己918-12
電 話 :0875-82-3203・3231・9003
営業時間:【4月〜9月】8:30〜17:30
     (7月〜8月の土・日・祝日は8:30〜18:30)

     【10月〜3月】8:30〜17:00
定休日 :火曜日、年末年始


施設併設カフェ ポレポレ
場 所 :クラブハウス内 2階
営業曜日:木曜〜日曜・祝日
営業時間:9時〜17時
定休日 :月曜・火曜・水曜(祝日の場合は営業)、年末年始


他にもクラブハウス内には、会合などにも便利な(大・小)会議室。
屋外にはバーベキューハウスやキャンプ場もあり
様々な方が利用できるようになっています。



posted by ほんまモンリポーター at 05:38| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

夏だキャンプだ!!荘内半島オートキャンプ場浦島♪

こんにちはひとみです🍀


もう直ぐ7月!夏も本番!!夏といえば海!!山!!キャンプ⛺️


全部が揃ったキャンプ場が三豊市にあります



「荘内半島にある荘内半島オートキャンプ場浦島」




フラワーパーク浦島の直ぐ下です。





そして目の前は海気持ちいい



IMG_6340.JPG


山と海に囲まれて最高の立地、最高の景色ですが、HPもなく、宣伝もほとんどしていないためまだ比較的空いているそうです
かなり穴場ですよ〜






こちらが施設案内。
海に近い方がオートサイト、
その手前がフリーサイトになっています。



デイキャンプの場合は、サイトの使用料は必要なく、
設備仕様料のみです。




屋根付きの炊事場に


IMG_6392.JPG


トイレ、シャワーブース




新しいこともあり、トイレやシャワーもとても清潔で、女性専用のトイレも2つ。
これは嬉しいですね




設備使用料の中にこちらを仕様する料金も含まれているそうなので、
海遊びの後のシャワーなんか、とってもありがたいです




ただ、フラワーパークに来られた方が知らずに利用される事があるそうです。
こちらの施設はキャンプ場のもので、
キャンプ場に来られた方は料金を払って利用しているので気をつけて欲しいそうです。




今回はディキャンプ

お昼のメニューは炊事場を使って
冷麺と焼き鳥です



IMG_6337.JPG







今年の冷麺初めでした

こんな景色の中食べられて最高美味しい〜(ビールがあればもっと・・・・


IMG_6354.JPG



食べた後は



IMG_6411.JPGIMG_6409.JPG


運動したり

IMG_6428.JPGIMG_6413.JPG

虫捕りしたり

IMG_6349.JPGIMG_6364.JPG

どこいってもごろごろするのが好きな人〜
海からの風が気持ちよくて、こんな場所でゴロゴロできのも最高ですよね



IMG_6380.JPG

子供達が1番はまっていたのはこれ👇👇カートに乗せてもらってお散歩楽しいね〜


IMG_6372.JPG
IMG_6373.JPG

僕も乗せてー!!



お散歩ではうずらの卵発見したよ



直ぐ下は海!これからは水遊びも楽しいですよね


IMG_6400.JPG



疲れたらタープの下で一休み。海を眺めながらの最高


IMG_6438.JPG


日が暮れかかるまで、自然のど真ん中で1日楽しめました
次はこのままお泊まりしたいなぁ・・・。
満点の星空の元、波の音を聴きながら眠りについて、海から登る朝日を眺められる・・・・。

うーん想像しただけで最高ですね

近くにらくだや

直ぐ横には大人気のクラシココーヒーもありますよ〜



キャンプ場名:荘内半島オートキャンプ場浦島

住所:〒769-1105 香川県三豊市詫間町積560

TEL:0875-82-6631



posted by ほんまモンリポーター at 14:03| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

【シリーズ三豊の木】大興寺のカヤ・クス(山本町)

 こんにちは、ショウタロウです。

 今回は、三豊の名木を2本まとめてご紹介いたします。2本まとめる理由は、すぐ近くにあるから!です。
 場所は山本町の大興寺です。
 IMG_0508.JPG
 大興寺は仁王像が有名ですよね。運慶作・四国八十八ヶ所中でも最大と言われています。

 IMG_0511.JPG
 IMG_0510.JPG
 やっぱりかなりの迫力です!

 そしてこの仁王像に負けない?迫力があるのがこちらのカヤの木です。
IMG_0517.JPG
県HP(こちら)によると、樹高は28mです。だいたい9階建てのビルぐらいです。
IMG_0512.JPG
IMG_0513.JPG
 こちらの案内板では20メートルとなっていますが、県のHPの調査日は2011年と新しいですから、HPのほうが正確だと思います。弘法大師が種から植えたという言い伝えがあるようですね。県の天然記念物「小松尾寺のカヤ」(小松尾寺は大興寺の別名)となっています。

 幹も風格がありますね〜
 IMG_0520.JPG

 そしてこのすぐ上にあるのが香川県の保存木に指定されている「小松尾寺のクス」です。
 IMG_0536.JPG
 こちらも県のHP(こちら)によると樹高は24mと巨大です。

 こちらのクスの木は弘法大師が手植えしたと伝えられています。
 IMG_0528.JPG
 幹にはコケがびっしりと生えていました。
 IMG_0532.JPG

 大興寺周辺は「緑地環境保全地域」に指定されているのですね。
 IMG_0541.JPG

 木々にみとれながら写真を何枚も撮っていたら、ちょっと変わった鳴き声が…
 

 サンコウチョウです。鳴き始めが「月日星」と3つの光輝くものの名前に聞こえるので「三光鳥」です。ご参考までに野鳥の会のHPもご案内しておきます(こちら

 遠くから眺めてみると、カヤの木(画面中央のちょっと暗めの緑の木)、そしてその後ろがクスの木ですね。
 IMG_0552.jpg
 この2本が見つめてきたお遍路さんは一体どのくらいの数になるのでしょう。そして、これからどれだけ多くのお遍路さん達がこの木の下を通っていくのでしょうね。

⬛小松尾山 大興寺
 住所 香川県三豊市山本町辻4209(地図はこちら

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 18:43| Comment(0) | 三豊の木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

どうやら夏が来たっぽい♬ 三豊の海情報♬

週が明けて、急に暑くなりだしました! 
7月はすぐそこですね!

そう、夏はもうすぐそこと言うことで、

今週末、7月1日(日曜) 
三豊市内で人気の海水浴場が2つ、海開きを迎えます♪

P7020509-thumbnail2.jpg


まずは、三豊市仁尾町の無人島・蔦島♪

蔦島の海には、大きな赤い鳥居がありますが、その鳥居を登っていくと、沖津宮神社があります。
毎年、こちらへお参りをしてから、三豊の海が始まります。

IMG_1018.jpg

無人島だけあって、蔦島の海水浴場はプライベート感がいっぱいです!
桟敷を借りたら、目の前は海! 
BBQセットやお弁当をもって、のんびりくつろいでいる方もいらっしゃいます!!!

<<蔦島への行き方>>
三豊市仁尾町の海沿いにある『海の駅』でもある仁尾マリーナ近くの仁尾港から、渡船で5分の船旅です。
船は定時制ではなく、人が集まり次第動きます。
お子様連れの船旅でも、みんなが集まった時間が出発時間です!

[ここに地図が表示されます]




そして、仁尾町の話題のスポット・父母ケ浜!
こちらの海も、7月1日(日)が海開きです。

IMG_4166.JPG

父母ケ浜は、月に数回、『父母の会』という地元ボランティアの方が、朝早い時間に砂浜清掃をしてくれているために、きれいな砂浜が広がっています!

 ◎父母の会の方のご活躍のご紹介記事はこちら

この海の特徴は、延々に続く遠浅の海! 
小さなお子様と一緒に遊びに行くには、とても遊びやすい砂浜が人気です!
 
IMG_9148.jpg

そして、最近は、夕日のフォトスポットとしても人気ですが、日中の、青い海&空が水面に反射している様子もとてもきれいなので、どんな時間でも、鏡のようにきれいに写真が撮れる場所を探してみてください!

7B217390-2AD0-4BA8-9E78-F483BA9CE3A2.jpg

 ◎父母ケ浜、夕方の写真撮影情報はこちら

さらなるお楽しみは、父母ケ浜への入り口にある、かき氷カフェ『ひむろ』。
夏の間は大行列ができていますが、それでも三豊産フルーツいっぱいのひんやりかき氷、本当に美味しいので、ぜひ並んででも、召し上がってみてください!

image-62f4b-thumbnail2.jpg

 ◎かき氷カフェ『ひむろ』のご紹介記事はこちら

<<父母ケ浜への行き方>>
駐車場あり
https://www.google.co.jp/maps/dir/''/%E7%88%B6%E6%AF%8D%E3%82%B1%E6%B5%9C%E6%B5%B7%E5%B2%B8/@34.1882141,133.6394167,15z/data=!4m8!4m7!1m0!1m5!1m1!1s0x35517817afcab1b5:0x8fea83b66ddc84a1!2m2!1d133.6490749!2d34.1883582



比較的、波や地形が穏やかな場所の多い三豊市内の海水浴場ですが、くれぐれも、海での遊びには十分な危険があることへの意識を持って、安全に楽しく、遊んでください。
posted by ほんまモンリポーター at 10:10| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする