2018年06月10日

2018年6月11日(月) 第34回 水口祭

早い時期にやってきた台風情報にいろんな予定が変更になってしまった週末でしたが・・・
それでも香川県にとっては、雨が降ることはありがたいことでもあります!


毎年、6月11日に行われる、
水への感謝と祈りを捧げる神事でもある『水口祭』。

三豊市財田町にある香川用水記念公園で行われます。

IMGP5104-thumbnail2.jpg

第34回 香川用水 水口祭
日時 平成30年6月11日(月)午前10時〜 
場所 香川用水記念公園 水口の広場



香川用水が、徳島県の吉野川から水をひいた通水から44年を迎えます。

香川用水ができてからというもの、香川県内の水供給がぐっと安定しました。

香川用水ができてから10年経ったとき、改めて水の大切さを伝えたいと、
讃岐に伝わっていた水口祭の伝統を想い、水口祭を始めることになりました。
 💡香川県の詳しい水事情を伺った記事はこちら

水口と書いて、みなくち。
昔から讃岐平野では、4月中旬に籾(モミ)を蒔き、苗代ができあがったとき、
水口(みなくち…田んぼに水を引き入れる入り口)に
水神様(竜神様)からもらった「御札」を立て、花や焼き米をお供えして、
五穀豊穣を願い、水への感謝と祈りを捧げる風習がありました。
DSCN4954 (300x400).jpg

この風習にちなんで、香川用水土地改良区では、
香川用水の農業用水の配水をはじめる6月11日を一つの節目として、
この日に始めたのが、水口祭なのです。

香川用水の入り口にあたる東西分水工を水口に、
讃岐平野を全体を水田に見立てています。
 


祝詞奏上、玉串奉奠の神事で、配水の安全と稲の豊作を祈願します。
その後、地元財田の「鍬踊り保存会」や太鼓演奏が奉納されます。
他にも、手打ちうどんやお茶のの接待があります。


財田の鍬おどり DSCN4973 (250x188).jpg

 
 💡2012年 第28回水口祭の様子 (1)、  (2) へどうぞ 
 💡2013年 第29回水口祭の様子 (1) (2) (3)
 💡2014年 第30回水口祭の様子はこちら
 💡2015年 第31回水口祭の様子はこちら
 💡2016年 第32回水口祭の様子はこちら
 💡2017年 第33回水口祭の様子はこちら


香川県の東西分遂行へ水が引き入れられる瞬間の水の迫力、
目の前で体験してみてください!
IMGP5100-thumbnail2.jpg


香川用水記念公園
住所 三豊市財田町財田中2355
電話 0875-67-3760

[ここに地図が表示されます]

 🚩香川用水記念公園のHPはこちら
 🚩香川用水記念公園の詳しい記事はこちら

posted by ほんまモンリポーター at 16:20| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする