2018年07月03日

2018年7月14日(土) 粟島滞在作家ワークショップ


3年に1回開催される瀬戸内国際芸術祭。

その拠点の1つでもあり、
アート制作をされる若手アーティストを育て続けている
三豊市の沖合に浮かぶ粟島!

毎年、夏の時期に、
粟島のアート制作を監修している世界的アーティスト日比野克彦さんサポートの元、
2名のアーティストが島に滞在しながら、アート制作をすすめます。


今年は5月に入村し、現在アート制作をしているのは、
こちらの真ん中と右側のお二人♪

180507IMG_0446.jpg
(画像提供:三豊市役所)


(左)アート監修の日比野克彦さん
(中)東京都出身の大小島 真木さん
(右)インド出身のマユール ウイェダさん


アート制作期間中である来週末7月14日(土)、粟島でワークショップを開催します。

今回は、インド出身の芸術家マユールさんとチキンカレーを作り、
食べることで、インドの文化に触れながら、食についての記憶について話し合うワークショップと、
実際に島で製作しているインドの先住民の一つであるワルリ族伝統の絵画の制作を
体験していただくことを目的にしています!


粟島滞在作家ワークショップ
日 時 :7月14日(土)午前11時〜午後2時
会 場 :三豊市詫間町粟島 旧粟島中学校
参加費 :無料
定 員 :20名
締め切り:7月11日(水)


予約受付:三豊コンシェルジュセンター
     電話番号0875‐24‐9230で受付中


粟島へは、三豊市詫間町の須田港から、片道15分ほどの船旅です。
1日8往復の船がありますので、ワークショップの時間以外にも、
島での時間を楽しんでいってください♪

◎粟島汽船のスケジュールなどの詳細はこちら

posted by ほんまモンリポーター at 17:47| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする