2018年10月31日

仁尾町に車海老&にがりのコンセプトショップ&カフェ、オープン♪ 「にがり衛門」

さくらです

先日、人気TV番組「青空レストラン」でも紹介された、
三豊市仁尾町で育っている「オリーブ車海老」
ŽÔƒGƒr10 (1).jpg



11月の出荷シーズンを迎えるのを楽しみにしていたところ、
もう一つ、楽しいニュースが!!!


なんと、10月21日(日)、
仁尾産商で扱っている車海老&にがりの
コンセプトショップでもあるお店がオープンしたとのこと!!!


その名も、「Cafe にがり衛門」

場所は、三豊市仁尾町の海沿いを通る道沿い、
この看板を目印に、曲がってください!!!
DSC08576.JPG


入ってすぐ、右手には、仁尾興産株式会社の創始者でもある「塩田忠左衛門」の銅像が!
DSC08578.JPG

1919年に仁尾塩田株式会社を立ち上げ、仁尾町長もしていた方です。
これは初めて拝見しました!!!
DSC08579.JPG

その、すぐ左手にあるおりていく階段を進むと・・・
DSC08580.JPG


「Cafe にがり衛門」へ♬

店内は、広々と気持ちのいい空間!
昔のダンスホールみたいな感じ!?
DSC08589.JPG

半地下の外に広がる緑もきれいです♬
DSC08590.JPG

元々は仁尾興産の事務所に使っていたレトロなスペースを、
今時のシンプルだけどおしゃれな感じに改装をしました!
昔の仁尾町、塩田時代の写真なども飾られています。
DSC08587.JPG

コンセントもあるので、お仕事モードでもOKかな!?
DSC08588.JPG


そして、その一角には、仁尾産商で扱っている商品がずらりと並んでいます!!!
DSC08581.JPG


今の一押しは、
オリーブ車海老のアヒージョ&オイル漬け♪
DSC08582.JPG

そのまま、温めるだけで、手軽に楽しめます。
オイルには、オリーブ車海老のおいしさがじんわり広がっていますので、
バケットにつけたり、またはパスタに絡めたり、最後までお楽しみください!
DSC08605.JPG


ほかにも新商品が!!!
4種類(11月より5種類)のフレーバーオイル!
DSC08591.JPG

それぞれ、香りが楽しめるようにお試しの1瓶があります!
ぜひ、それぞれ嗅いでみてください!!!
本格的な香りがして、食欲をそそられます!

DSC08619.JPG DSC08620.JPG

DSC08618.JPG DSC08617.JPG



ほかにも、元塩田会社として、
昔ながらの作り方で煮詰めて作った塩」。
DSC08583.JPG

海水を低温でじっくり煮詰めて塩を作りますが、
その加減によって、粒の大きさや甘み、うまみ、苦味などが変わってきます。
それぞれの塩の特徴を生かした使い方の提案もしてくれています!


そして、個人的一押し!!!
「海老せんべい」

この、薄さ、ぱりぱり具合は、ありえません!!!
DSC08597.JPG


それもそのはず!
本物の車海老を、丸ごとたっぷり使い、つなぎのでんぷんと塩を少しずつ加えただけの、
本当にほんまもんの、えび丸ごとせんべいです!

この薄さじゃないと、美味しくないという究極のこだわりポイントを見つけ、
1枚1枚、手焼きで焼き上げています!!!


これは、ぜひ、お勧めです♬
お土産に、喜ばれそうです(^^)/


そして、11月〜1月の間だけ出荷できる、「オリーブ車海老」の
販売&注文の窓口もこちらになりました。
DSC08598.JPG

商品見本を見ながら、食べ方や、他のおすすめ商品も楽しみながら、
ゆっくりお買い物が楽しめるスペースになっています!!!
DSC08586.JPG

明日は、カフェ部門のご紹介、お届けします♪
お楽しみに!!!


Cafe にがり衛門
住 所 :三豊市仁尾町辛1番地
電 話 :0875‐23−6655
営業日 :2018年中は無休 (年末を除く)
     *2019年以降は改めてご案内あり
営業時間:午前10時〜午後4時頃
公式HP :https://olive-kurumaebi.com/

posted by ほんまモンリポーター at 17:38| Comment(2) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

2018年11月4日(日) 第1回志々島めぐり 〜大楠と音楽〜


大楠の霊気溢れる豊かな自然の中で人と自然の融和できる志々島でのひと時を。

DSC06595-thumbnail2.jpg


第1回 志々島めぐり 〜大楠と音楽〜

日付:2018年11月4日(日)
集合:午前8時 三豊市詫間町 宮ノ下港
  (三豊市文化会館マリンウエーブ隣)

参加費 3,500円(往復の船代込)
   (定員 100名で締め切り)

〇FBのイベント紹介ページはこちら


<<タイムスケジュール>>

8:00 マリンウェーブ隣「宮の下港」集合
8:45 出発
9:00 志々島へ到着 イベント説明
10:00〜12:00 大楠前にて音楽イベント
12:00 元精米店にて昼食(茶粥、パン飲み物など販売)
13:00〜15:00 憩いの家広場にて音楽イベント
15:50 志々島港集合
16:00 出発
16:30 宮の下港へ到着 解散

DSC06576-thumbnail2.jpg


<<参加アーティスト>>

〜風と音と石の音色〜
サヌカイト 臼杵美智代

〜波と音とギターとハンドパンの調べ〜
ギターリスト 勝詩
パンドパン  近田和久


<<この日だけの美味しいもの「クスコメ」>>

元お米屋さんで開かれる、大楠の島ならではの1日カフェ「クスコメ」。
お昼ごはん時の12時頃から、オープンします!

@HAKO珈琲:手作り弁当とパン
A志々島のあやこさんと炊く茶粥
Bれいくんち(財田町):焼き菓子
Cカシアボニータ:ふくさ(楠の木のように緑でふかふかの和菓子)

IMG_7240-7e8ba-thumbnail2.jpg
(写真は、志々島の茶粥)

その他、高瀬茶、珈琲、ジュースなどの飲み物もあります!

この日1日だけの限定オープン♪
ゆっくり休めるスペースもあるそうなので、島でののんびり時間が楽しめそうです!

0AB61359-5622-48BB-822C-329EF2DFE5D2-thumbnail2.jpg

posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

空海勉学の地で博打!?弥谷寺のバクチノキ(香川の保存木)

 こんにちは、ショウタロウです。

 三豊の名木を紹介するこのシリーズ。今回は「弥谷寺のバクチノキ(香川の保存木)」です。

 弥谷寺といえば、四国八十八ケ所の71番札所として、また空海が9〜12際の頃に勉学に励んだ場所として知られています。その地でバクチノキ(博打(賭博、賭け事)の木)とは…いったいどんな木なのでしょうか??

 さて、弥谷寺といえば500段を超える階段でも知られています途中までバスを使うこともできますが、それでもこの108段の階段は登りきらねばなりません!
IMG_5962.JPG
 一歩一歩、煩悩を一つ一つ静めつつ…登りましょう!

 登りきって右手(本堂の方)に向かうとすぐにその木が見えてきます。
 IMG_5957.JPG
 この写真の左側に写っている木です。

 こちらがバクチノキです。樹皮がかなり赤い木ですね。
 IMG_5938s.jpg

 香川の保存木に指定されています。
 IMG_5941.JPG

 根本を見ると、赤さがよく分かります。樹皮は剥がれてしまっているようですね。
 IMG_5950.JPG

 さて、この「バクチノキ」という名前の由来ですが、よく言われているのは樹皮が剥がれているのを「博打に負けて身ぐるみをはがれている様子」に例えた、と言われています。
 また、樹皮が剥がれて赤い色が目立ってくるところを捉えて「博打に熱中して身体が熱く、服を脱ぎ捨てる博打打ちに似ているから」という説もあります。いずれにしてもやはり「博打」に関わりのある名前なのですね。

 見上げてみると葉も旺盛に茂っています。ちなみに葉からは「博打水(ばくちすい)」という水を作って咳止めに使ったそうです。
 IMG_5956.JPG

 ちょっと後ろに下がって見てみると大岩の右にもバクチノキがありました。博打打ちの子分??
 IMG_5952s.jpg

 この木に会いに行くには、ちょっと頑張って階段を登らないといけませんが、博打に熱中している木の肌を見に行ってみませんか?
 そうそう、木の肌というば、すぐ近くにはこちらも肌が特徴的な「カゴノキ」の大木もありますからあわせてご覧になってみてください。
 IMG_5961.JPG
(カゴノキ(鹿子の木)。樹皮の模様が鹿の子模様のようなのです。)

 自然豊かな弥谷の森でした。

⬛弥谷寺のバクチノキ
 住所 豊市三野町大見乙70(弥谷寺) ※地図はこちら
 樹高  14.0m
 胸高周囲 1.41m

 ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

2018年11月4日(日) 護摩祈願祭

秋が深まる頃、
今年も三豊市詫間町の石鎚神宮で、護摩祈願祭を執り行います。

42104919_1877873518929188_2624476062989418496_n.jpg

image-b01e1-thumbnail2-thumbnail2.jpg


護摩祈願とは・・・

護摩堂にてお護摩焚きを行い、
諸願成就と世の中の平穏無事を祈願いたします。
願いの書かれた『護摩木』を火にくべ、心をこめてお祈りしてくれます。

<お護摩焚き> 10:00〜 / 14:00〜
○家内安全 ○商売繁盛 ○病気平癒 ○良縁成就 ○進学成就 など 
護摩木 1本300円

42748527_1888930241156849_6695776434469732352_n.jpg


楽しいお店が並ぶ「もみじ市」も同時開催!

<もみじ市> 10:00〜15:00
●松村農園
●フジカワ果樹園
●洋菓子店ラメール
●黒木公子グループ
●しまんと新聞ばっく作り
●岡崎花店
●風鈴(ふ〜りん)
●丸岡味噌麹製造所
●わたしの町のパン屋さん
 (スピッツベーカリー/空to海のパン)

42771036_1888930261156847_5959958127603351552_o.jpg

<茶房 茶久楽(ちゃくら)>
茶房・茶久楽は、通常のランチはお休みし、
イベントメニューをご用意しています♪


秋の1日、心清らかに過ごす1日へ、ぜひお越しください♪


石鎚神宮 / 茶房 茶久楽
住  所 三豊市詫間町詫間7051−33
電  話 0875-83-4192(石鎚神宮)
     0875-83-5038(茶房 茶久楽)

茶房 茶久楽
定休日  毎週月曜・第1日曜
営業時間 午前10時〜午後5時(ランチは午前11時〜午後2時)

石鎚神宮ホームページFacebookページ

茶房 茶久楽Facebookページ


posted by ほんまモンリポーター at 13:41| Comment(2) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

平成の大修復も最終段階!本山寺の五重塔&11/4ひだまり市開催です!

 こんにちは、ショウタロウです。

 建立から100年以上を経過し、2016年から大規模修復工事が進められていた第70番札所本山寺の五重塔ですが、現在ほぼ全体の姿を見ることができるようになっていますので、出かけてきました!


 ちなみに少し前までは、このような感じになっており、五重塔を見ることはできませんでした。
 (修理の様子を紹介した記事はこちら!)
 参拝客、お遍路の方にも残念がっている方が多くいらっしゃいました。
修理中.JPG


 しかし今では… (2018年10月下旬現在)
 IMG_5996.JPG
 おおっ、ほぼ以前のような姿ですよ!

 まだ工事の囲いなどがあって近づけませんが…
 IMG_5987.JPG

 立派な姿は十分に眺められます!
 IMG_5988.JPG

 夕日を背景に…
 IMG_5992.JPG

 お寺の方に伺ったところ、建物工事に関しては年末を目処に修了し、年明けからは以前の姿を取り戻す予定とのことでした。まだもう少し先ですが、2016年から工事が始まっていることを考えればあと一息ですね。

 そうそう、9月30日に予定されつつ台風で延期になっていた「第6回ひだまり市」ですが、改めて11/4に開かれる予定です!(ひだまり市の紹介記事はこちら!)
 ひだまり市.jpg
 五重塔とあわせて、ひだまり市も楽しみにでかけてみてはいかがですか?

ひだまり市2.jpg

IMG_5994s.jpg

 ありがとうございました!

⬛本山寺
 住所:三豊市豊中町本山甲1445(地図はこちら
 電話:0875-62-2007

⬛ひだまり市のお問い合わせ先
 和雑貨ギャラリー 徳なが
 電話 0875−63−2664

posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | みとよのすごいモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする