2019年06月30日

Draworth News Vol.3  地域のおいしい食をお届けします♪『地域食アテンダント』

地域の中にある注目の新しい取り組みをご紹介してもらうシリーズ♬
今回は、三豊市三野町の「株式会社Draworth」です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは。
株式会社Draworth(ドロワース)です。

私たちの暮らす三豊市には、かつて日本の田舎に見られたような穏やかな時間が色濃く残っています。
そんな空気感の中過ごす時間は、訪れた方に「サイセイ」という価値をもたらします。

私たちは、この『サイセイ』というキーワードを軸に、
〇三豊の時間を楽しめるゲストハウス
〇三豊の豊かな自然や美味しい食材を楽しんでもらう地域食アテンダント
〇三豊の文化や風習などを軸にしたガイドツアー
〇地元の方に利用いただけるカフェやイベントスペース

など、この地に足を運んでくださった方が、少しでもこの土地を好きになって、楽しんで帰ってくれるような企画を開発&提供を行っています。


今回は地域の『美味しい』をお届けしている『地域食アテンダント』をご紹介いたします!


旅行に行くことを想像してみてください!

 ・・・・・・・・
 ・・・・・・・・ 
 ・・・・・・・・


季節の旬のものをいただきたい!
その旅先で、その地に育ったものを食べたい!
その食材はどんなふうに地元の方に育てられて受け入れられてるのか知りたい!
そして、おいしかったらお土産にしたい!

こんなことを考えたこと、ありませんか!?

今、三豊市内に増えつつあるゲストハウスへ出張し、そんな「旅先で食べたい!」を満たすような食卓をお届けしようと思って始めているのが『地域食アテンダント』です。

地元の農家さんが育てた野菜や果物、それを加工した加工品を中心に、1回の食卓をお届けしています。

052-DSCF1147.jpg

053-DSCF1151.jpg


現在、こちらのサービスを依頼できるのは、三豊市内の下記のゲストハウスがメインとなっております。
・燧(詫間町荘内半島)
・La toile(高瀬町麻)
・kanran(詫間町荘内半島)
・Arts & Crafts(三野町)


ということで、地域のおいしい食をお伝えしながらサービスさせていただく「食のガイド」サービス、『地域食アテンダント』のご紹介でした♬

IMG_9268.JPG

IMG_9269.JPG


株式会社Draworth
住所:三豊市三野町大見5092
電話:050-3577-5995

公式HP:http://draworth.co.jp/
地域食アテンダントの詳しい情報はこちら!:http://draworth.co.jp/chef/

公式FBページ :https://www.facebook.com/dwaworth/

posted by ほんまモンリポーター at 16:29| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

【三豊の木】世界で唯一!?希少糖の木「ズイナ」

 こんにちは、ショウタロウです。
 三豊の名木を紹介するシリーズ、いつもは大きな木などを紹介していますが、今回は少し違った観点からご紹介します!

 さて先日、三野町の大見小学校付近を歩いていて、ある看板に気づきました。
IMG_6665.JPG
 希少糖の木!?
 希少糖(レアシュガー)という言葉は、香川の方でしたら「聞いたことがある!」という方も多いと思います。
 自然界にごくわずか(1%以下)しか存在しない糖類の総称で、香川大学、香川県庁、県内各企業が協力して研究・普及を進めている香川の逸品です。

 50種類ほどある希少糖の中で「D−プシコース」という希少糖は、ほぼゼロカロリーで「血糖値の上昇や脂肪の蓄積を抑制する(≒太りにくくする)」という機能が確認されています。そして、そのD−プシコースが含まれていることが唯一確認されている植物が看板の後ろに生えている「ズイナ」という木なのだそうです!
IMG_6824.JPG
 看板を見ると「まちづくり推進隊三野」のみなさんが育てていらっしゃるようですね。
IMG_6819a.jpg
 私不勉強でした…希少糖ってなんとなく人工甘味料の1種なのかなと思っていたのです。天然成分だったのですね。

 ちなみに看板に出会った時は5月の半ばでしたが、ちょうど花が満開でしたよ。
IMG_6821.JPG
 白くてきれいですね〜なんとなく学校の理科の実験の後に使った「試験管洗い」を思い出しませんか?(笑)。

 今は花も終わってこのような感じになっていますが、希少糖を生み出す希少な木、一度ご覧に行かれてはいかがでしょうか??

 IMG_8514.JPG
 (6/27の様子。青々としています!)

⬛希少糖の木「ズイナ」
 住所:三豊市三野町大見(地図はこちら
     ※大見小学校のとなりです!

ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 18:00| Comment(0) | 三豊の木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

三豊市でプログラミングに挑戦しよう♪ @MAiZM

今年4月に三豊市財田町に開設された、
一般社団法人みとよAI社会推進機構(MAiZM)。


DSC08957.JPG

AI(人工知能)を使いこなせる人材の育成を中心に取り組んでいます。


そして、さっそく、今月から、プログラミングの教室が始まっています。

教室を始めてみると、子どもたちはどんどんやり方を覚えて、自分でいろんなことを発想して、ゲームを作り始めるそうです!
思い通りにいかないときでも、どうやったら思い通りに動くのかしっかり考えて、取り組んでいるそうですよ!


そんな、AI(人工知能)に触れる体験型の教室、引き続き継続開催が決まっており、現在、7月開催、初心者でも楽しめる『プログラミング教室』の参加者を募集しています♪

65010215_2309144745994400_1150046865815764992_n.jpg

日時 :2019年7月13日(土) @10:00〜、A13:30〜の2回

場所 :みとよ未来創造館 2階会議室B
    (住所)三豊市高瀬町下勝間2347-1

対象 :小学4年生〜中学3年生

定員 :各回10名 ※先着

参加費:500円(当日集金します)

初心者向けに『スクラッチ』というプログラミングソフトを使って、簡単なブロックを組み合わることで、自分の好きな絵を動かしたり、物語やゲームを作ります。
思ったより簡単に、自分の思うようにシステムを動かせるようになるところは、一番の魅力!
パソコンでマウスが使える方なら心配ありません!!
ブロックを組み合わせるだけで、簡単にキャラクターが動きます♪

体験教室を継続していくことで、こう動かすにはこうするとか、違うやり方の見つけ方を育て、『プログラミングのできる思考』を育てていくことを目指されています!

申込はこちらから↓
http://tayori.com/form/6c5e4f8b9e97ccd65b6b181c6c4b6648e24e1c4c


すでに、私たちの生活の中にあるAIですが、一体どんなものなのか、何ができるのか、興味ありませんか!?
AIの基本的な情報を知りたい方、『AIと言われても、よくわからない!』という方のために、AIのパネル展を行います。

パネル展「AIとMAiZM展」

日時:2019年7月6日(土)〜15日(月祝) 
   午前9時30分〜午後6時(月曜定休)

場所:三豊市高瀬町 みとよ未来図書館

AI(人工知能)について分かりやすく説明したパネルを展示しておりますので、興味のある方は、ぜひ足を運んでみてください!


お問合せ
MAiZM[マイズム]
電話:0875-23-6120

<会場>みとよ未来創造館

posted by ほんまモンリポーター at 15:30| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

【インスタレポ】インスタ映えジュース屋さんじゃありませんが・・・LUCE BOTANIX(ルーチェボタニクス)

【インスタレポ】
インスタ映えジュース屋さんじゃありませんが・・・
LUCE BOTANIX(ルーチェボタニクス)

 〇過去のご紹介記事はこちら

 〇ほんまモンインスタ、フォローお願いします♪


最近オシャレさんのインスタで見かけるようになったこちらの写真!
65157943_2513863301997461_6667320558146813952_n.jpg

まさしくインスタ映え〜〜〜♬


そんなルーチェボタニクスさんは
☆ドライフラワーのお花屋さんです☆

森のアウル&LUCE BOTANIX_190627_0009.jpg

可愛いドライフラワーが常時200種類以上あります。
その他ドライフラワーを使った雑貨や
テイクアウト専門のドライフラワーカフェも行っております!

店に踏み込むとオシャレな空間が。。

空間に癒されつつ
インスタ映え写真をぜひ狙ってみてください。


LUCE BOTANIX

65198407_2513863461997445_5776686036222476288_n.jpg

住 所 : 三豊市詫間町詫間580-1

営業時間:10:00〜18:00
定休日 :水曜

HP https://lucebotanix.amebaownd.com/
posted by ほんまモンリポーター at 13:55| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

三豊市の『とある葡萄畑』の今のお話♪

こんにちは、ひとみです🍀

これからの季節美味しいフルーツがたくさん♬
ももや、琵琶や葡萄🍇三豊市には美味しいフルーツがたくさんあります


こだわって美味しい果物を作られている生産者さんがたくさんいらっしゃる一方で、生産者の高齢化や後継問題など、耕作放棄地の問題も増加しています。


今日はそんな三豊市の片隅の小さなお話の紹介です。



こちらのハウスは、生産者さんが病気になられて、2年前に管理ができなくなってしまいました。
管理される方がいなくなるとハクビシンやイノシシが出没しその近くの民家や畑も荒らされてしまいます。




そんな葡萄のハウスを使って自分たちで葡萄を作ろう
そうして仲間を集って去年から葡萄作りを始められた方達がいます。


メンバーには、自家菜園をされている方はいるものの、農業を専門でされている方はいらっしゃいません。葡萄の栽培も初めての方ばかり!
共通項は「食いしん坊」でしょうか?
美味しい葡萄を自分たちの手でと集まったメンバーです。



去年は草ぼうぼうだったハウスの中の手入れからはじまり、自分たちのできることから。
それでもとっても甘くて美味しい葡萄がたくさん食べられました。



メンバーはお友達伝いに集まって現在11名。週末の早朝を中心に、来れる人たちで葡萄の管理を続けています。



葡萄の管理が本格的に始まるのは5月初旬から。それからは毎週末作業を続けています。



蔓を誘引したり、剪定したり、参加してみると葡萄作りは本当に手間がかかると実感。
それでも、早朝の葡萄畑はとっても気持ちいいんです。




IMG_4126.JPG

現在の作業は、葡萄に袋掛け売る前の実の剪定。


IMG_4130.JPG


ぎっしりついている実を切り落とすのは勿体無い様に感じるけれど。
まだまだこれから大きくなって来るので、よそを向いている実や
奥にある実を剪定して、一つの房に30〜40粒程度にしていくのです。


IMG_4131.JPG




IMG_2556.JPG


5月の始めまだまだ小さな葡萄の粒。

IMG_3889.JPG

雨の日の作業。破れたハウスの中では傘をささないといけない場所も。



73F212B3-4EC7-42CE-A008-F3C5B3B9422A.JPG


朝日の中で、随分大きくなってきた葡萄。
来るたびに成長が感じれるのも喜びです。



IMG_4134.JPG


作業の合間にみんなで朝ごはん。
これも楽しみの一つ。






4906D521-C47A-4BD7-8479-5F315C7A0888.JPG

葡萄棚の下の一服も気持ち良いね。




IMG_4112.JPG


朝日に照らされた葡萄は本当に綺麗。





IMG_4105.JPG


今年は、立派な房についた葡萄が食べたれるようにを目標に、いつかは、自分たちの葡萄を市場に出そうという夢もあるそうです。


手間暇かかる葡萄の作業。それでもたくさんの仲間と一緒に、そして食いしん坊精神で楽しんでされている様子が印象的でした。
普段は農作業することなどない方も多く、朝の葡萄との時間は日常からの良いリフレッシュになるそうです。



たくさんある耕作放置地に、楽しいから始められる、こんな活動が増えていったら良いなぁと感じました。










posted by ほんまモンリポーター at 06:33| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする