2019年07月11日

昔のパソコン少年も必見!「AIとMAiZM展」開催中!

 こんにちは、ショウタロウです。

 この春から、三豊、そして財田で話題になっている「MAiZM(マイズム)」ほんまモンのブログでも過去にもご紹介しています。

 ・「三豊にAI拠点がオープンします!MAiZMってなに!?」(記事はこちら
 ・「プログラミング体験会、開催♬」(記事はこちら

 この度、市民のみなさんをはじめとしてより広く知ってもらうための取り組みとして、みとよ未来図書館にて「AIとMAiZM展」が7月15日まで開催されていますので、お邪魔してきました!

IMG_8893.JPG
みとよ未来図書館の入口にも掲示されていますよ。
IMG_8892.JPG

中に入ってすぐのスペースにて展示されています。
IMG_8900.JPG

 展示内容の主なものは、MAiZMでの研究に取り組まれる東京大学大学院・松尾教授のAIに関する著書やプログラミングに関する書籍や…
IMG_8903.JPG

IMG_8898.JPG

MAiZMのことがわかるパネル展示などです。
IMG_8895.JPG
 MAiZMのこと手軽に知りたいと思ったかたにはおすすめですよ。
 一枚目だけ、ちょっとアップでご紹介します!
IMG_8896.JPG
 続きはぜひ、みとよ未来図書館でご覧になってみてください!

 ちなみに個人的な趣味で気になったのは…こちらの雑誌でした!
IMG_8897.JPG
 地元の方が貸してくださった昔のパソコン雑誌だそうです。これ私(昭和46年生まれ)が中学や高校のころ実際に買ってた雑誌です。懐かしかった〜

 あ、話がずれてしまいましたが、今週末の7/13にはプログラミング教室も開催されますよ(記事はこちら)。
 65010215_2309144745994400_1150046865815764992_n.jpg
 チラシでは対象が中学生までとなっていますが、大人も参加可能です。最近の情報にご興味のある「元パソコン少年」や、そのお子さん達はもちろん、ぜひご参加ください!(残り少なくなっているそうです!)

⬛AIとMAiZM展
 開催期間:7月15日まで
 場所:みとよ未来図書館(地図はこちら

⬛MAiZM(マイズム)みとよAI社会推進機構
住所:〒769-0401 三豊市財田町財田上2171番地1 財田庁舎 2階(地図はこちら
TEL 0875-23-6120 FAX 0875-23-6121
E-MAIL info@maizm.or.jp
最新のお知らせ等はFaceBookから(こちら

ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

『吉田類の類語録』収録のために、粟島へ♬

さくらです

今回、FM高知が制作メイン放送局となっている、
『吉田類の類語録』
の収録が、三豊市詫間町の粟島にいらっしゃるということで、ご一緒させていただきました!
 〇番組公式ページはこちら

吉田類さん @ 粟島漂流郵便局
IMG_8239.JPG

IMG_8245.JPG

IMG_8255.JPG
(案内役の三豊市観光交流局石井紫さんと)

吉田類さん @ 粟島海洋記念館
IMG_8233.JPG

IMG_8223.JPG

IMG_8201.JPG

粟島の歴史にゆかりのある方のお話を聞いたり、
 瀬戸内国際芸術祭2019の作品制作の現場を訪れたり、
  島料理を楽しめる『ぎんなん』などなど、
   粟島の魅力を、いっぱい体験してもらいました♪


『吉田類の類語録』、FM香川(78.6) 毎週日曜日 18:30〜18:55で毎週放送中♪

香川県訪問編の放送は、8月11日(日)から1か月!
そして、粟島編は、8月18日(日)、25日(日)、9月1日(日)の3回!
瀬戸内国際芸術祭が始まる直前の粟島を、いろいろとご紹介してくれます!

こちらも、聞いてくださいね♪

う〜〜〜〜、聞きながら飲みたくなるはず!!!

posted by ほんまモンリポーター at 14:55| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

夏の旬がいっぱい!『たからだの里さいた』@三豊市財田町


夏を感じる、毎年楽しみなイベントのご紹介です♬

7月20日(土)・21日(日)、
三豊市財田町の『たからだの里さいた』で

旬の味フェアが開催されます🎶

日時:2019年7月20日(土)・21日(日) 午前9時〜

場所:たからだの里さいた物産館 正面玄関前

(雨天決行)


旬の味ポスター.jpg

毎年恒例の旬の味フェア
地元で採れた美味しい桃とすいかが
ずらりと並びます。


旬の味フェアの特徴は、なんといっても試食!!!
お客様ご自身の納得のいく桃やすいかを見つけられます!

朝採れたてを持ってきてくださる生産者の方もいるので、新鮮!!
しかも、お手軽価格🎶

各生産者の方のファンもいるそうで、毎回フェア開始からたくさんのお客様で賑わいます。
なくなり次第終了ですので、お早めに!!

IMG_1314.JPG


桃は今の時期、
日川白鳳、あかつきが並びますよ!
すべての生産者さんの桃を試食できるんです✨

IMG_1312.JPG

すいかの品種は夏輝甘泉ほかにも小玉スイカなどが並ぶ予定です!

IMG_1317.JPG

当日、会場に設置される臨時郵便局のカウンターから、全国へ発送可能です。

財田の自慢の桃とすいかをぜひ食べてくださいね✨



当日、2,000円以上お買い上げいただいた方には、
先着100名様にアイスのプレゼントもありますよ!

IMG_1333.JPG




今週末、旬の味フェアに、美味しいものに出会いに
たからだの里さいたへお越しください‼




ビアガーデンもも7月から始まっています!
 
ビアガーデン原本.jpg

週末の夜には、イベントも♬
2019ビアイベント.jpg



〇夏野菜いっぱいの最新情報はこちら

たからだの里関連記事はこちらから


たからだの里さいた
ホームページはこちら
💡温泉施設のご利用、各種宴会・食堂などのご利用については
環の湯まで
〒769-0401
香川県三豊市財田町
財田上1110番地8
TEL 0875-67-2614
FAX 0875-67-2600

💡宿泊のご予約、研修・宴会等のご利用については湯の谷荘まで
〒769-0401
香川県三豊市財田町
財田上1110番地5
TEL 0875-67-3926

💡その他については物産館まで
〒769-0401
香川県三豊市財田町
財田上180番地6
TEL 0875-67-3883
FAX 0875-67-3888



posted by ほんまモンリポーター at 13:32| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

仁尾の海が目の前に広がるゲストハウス『タイヨウとうみ』 移住編

さくらです

三豊市内に増えつつあるゲストハウスをご紹介しています♪

昨日、ご紹介した『タイヨウとうみ』
 ◎瀬戸内ゲストハウス『タイヨウとうみ』ご紹介記事はこちら

IMG_8073.JPG
かわいい箸置きでおもてなし!
こちらは、移住仲間の方が『タイヨウとうみ』をイメージしてデザインして作ってくれたものです。

まさに、タイヨウとうみ♬



オーナーご家族は、お子さん3人と一緒に、2016年に東京から、三豊市仁尾町に移住されてきました!

奥様の上野綾子さんに、移住を決めたときのお話を、いろいろ伺いました♪

IMG_8070.JPG

東京で働きながらも、家族で楽しく暮らせる土地があるならと移住できるところを探していました。
最初は、東京から移動圏内で、そして日本各地を見て回りながら、四国へやってたのは一番最後でした。

それまで、なかなか、『ここだ!』と思える場所に出会うことができなかったのですがこの三豊市仁尾町で、目の前には海、家の裏手には山が広がるこの景色を見て、初めて夫婦お互いの意見が一致しました。
前向きに移住を検討し始めてからも、三豊市内、海側は荘内半島や仁尾の方も、山側では財田の方も、そして、三豊市役所の人たちが、本当にあたたかく、いろいろとお世話をしてくれました。
そして、このゲストハウス、兼、自宅でもあるこの建物にも縁があり、この地にやってくることを決めることができました。

学生時代、バックパックを背負ってアジア旅行をしていました。
その時、いつか、どこかで、ゲストハウスをやってみよう!!!とは思っていました。
そして、この場所、この建物に出会った時に、ここでやろうと思うことができました。

2016年にオープンしてもうすぐ3年になりますが、お客さんは、日本人と外国の方が半々くらいです。
ゆっくりしたいと来てくれる方が多いように思います。


移住してきて、180℃生活が変わりました。
ゲストハウスは、いろんな方と交流できて、日々、旅行気分を味わっています。
特に、お客さんと一緒にご飯を食べながら、お話もいろいろ伺えるので、新しい発見や出会いがたくさんあります。
そして、最近野菜つくりも始めていますが、この地でできた食材を使って、手作りのものを作り&食べる生活を楽しむことができて、そんな時、引っ越してきたかいがあったな〜と思うことがあります。
会社勤めとは違って、日々、自分でやることを計画していく中で、価値を置く部分が変わってきました。

IMG_8080.JPG

この地域は子どもも少ないので、最初から子どもたちも歓迎してもらえました。
子どもたちも、東京にいたころは、夕方の時間を学童や保育所で過ごしていましたが、今は、畑で野菜を収穫したり虫を捕まえたり、自然の中で自由に遊んでいます。暇な時間があるからこそ、自分の好きなことにじっくり取り組んでいます。

また、地域の方には、同窓会などでゆったり食事やお酒を楽しんでいただくという形でご利用いただくこともあります。


今、まだ自宅部分をゆっくり改装を続けています。庭も手入れしたいし、畑にも力を入れたいし、田舎での生活は、日々、なかなか忙しなというところです!

移住してみて、どんなことでも、自分でやってみようと、小さな家の修繕や、保存食つくりなど、いろんなことに挑戦しながら、意外とできるんだな、楽しいなと日々発見をしています。そして、近所の方との付き合いの中で教えてもらうこともたくさんあります。
子どもが小さいうちは特に、このような環境で生活する経験は、貴重な時間になるのではないかなと感じています。



ゆったりとした雰囲気で、笑顔の優しい上野さんのお話を伺っていたら、私も泊まりがてら遊びに行きたくなりました!
これから夏の季節は、目の前の海で!
秋〜冬は、裏山のみかん畑や山まで!
そして、晩御飯は裏の畑から!!!

自然の中で、ゆっくり豊かな暮らしをされている上野さんご家族に、ぜひ会いに、遊びに行ってみてください♪

瀬戸内ゲストハウス『タイヨウとうみ』
IMG_8085.JPG

住所:三豊市仁尾町仁尾甲1362-12
電話:0875-23-6300
MAIL:info@12sunsea.com
公式HP:https://www.12sunsea.com/
公式インスタ:https://www.instagram.com/guesthouse_taiyoandumi/
公式FBページ:https://www.facebook.com/12sunsea/






posted by ほんまモンリポーター at 14:32| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

仁尾の海が目の前に広がるゲストハウス『タイヨウとうみ』 ゲストハウス編

さくらです

いくつかの写真スポットが話題になっている三豊市ですが、この2〜3年で、今まで、この地に来たこともなかったような方が、たくさん足を運んでくれるようになりました!
 自慢の写真映えポイント
  1)なんと言っても天空の鏡『父母ケ浜』
  2)桜に紫陽花、海、山、そして多島美が広がる絶景『紫雲出山

それに伴って、三豊市内には、ゲストハウスが、増えてきています!

『ゲストハウス』と一言で言っても、宿泊のスタイル、食事のスタイルなどなど、オーナーさんそれぞれの特徴が生かされていて、いろいろなかかわり方ができるんですよ♪

ということで、今日ご紹介するのは、2016年12月オープン!
オーナーさんたちが手作りでゆっくりと準備&運営を進められているこちらのゲストハウスです!

『タイヨウとうみ』
IMG_8088.JPG

場所は、三豊市仁尾町の、元サンビーチがあった海岸線のすぐ目の前!
64634296_992221527793985_1973780073739714560_n.jpg
(夕方のサンビーチの写真、画像提供:タイヨウとうみ)


南国に来たかのような坂道を登っていくと、知人の家に遊びに来たかのような玄関が!

IMG_8086.JPG

IMG_8064.JPG

『こんにちは〜♬』


こちらの、左側の建物がお客様用、右側がキッチン&自宅となっています!
IMG_8063.JPG

玄関を入り、広々とした廊下を進みます!
まず、最初の広い廊下には、エリア案内情報や、お土産物が!!!
IMG_8060.JPG

長い廊下の突き当りには、お客さんが使える簡易キッチンがあります。
IMG_8059.JPG

広々とした和室へ!
IMG_8056.JPG

食事処&宿泊はこちらの部屋となります。
IMG_8076.JPG


入り口側は海に面していますが、建物の裏手は、ミカン畑の里山風景と緑いっぱいの七宝山に囲まれています!
IMG_8077.JPG

なんて自然豊かな環境!!!


この辺には夕食が食べられる場所がないために、基本は1泊夕食付料金となっています。
朝食は、香川に来たら朝からうどん巡りに行く方も多いので、リクエストがあった場合、ご用意するそうです。(別料金)


取材日は、ほんまモンナビゲーターのおかぴと一緒に、『いつもの朝ごはんスタイル』をお願いしていただきました!
IMG_8068.JPG

ごはんのテーマは『子どもと一緒に食べたいごはん』
IMG_8066.JPG

『タイヨウとうみ』では、夕食はお客さんと家族みんな(お子さん3人も!)で一緒に食べるスタイルだそうです!
IMG_8065.jpg 
 <左上から時計回りに>
 ・シソの葉とじゃこ薬味の冷ややっこ、
 ・人参と紫玉ねぎの塩麴マリネ、トマト、オクラとえのきの梅和え、
 ・自家製グラノーラ入りの豆乳ヨーグルト 〜季節のビワ添え〜
 ・収穫したばかりのじゃがいもと玉ねぎの自家製味噌の味噌汁
 ・しょうゆ麹の自家製鶏ハム、卵焼き
 ・ごはん、小松菜のお浸し


地元でとれたもの、地元に縁のある調味料などを使って、簡単に作れるものを・・・とおっしゃいますが、この品数!
朝ごはんだけで、1日に必要な栄養は十分にとれてると思います!!



さて、こちらの瀬戸内ゲストハウス『タイヨウとうみ』の上野綾子さん(右)は、ご家族で、東京から三豊市の仁尾町へ移住されてきました!
IMG_8071.JPG
明日の続きのブログでは、その移住話をご紹介したいと思います!
お楽しみに♪


瀬戸内ゲストハウス『タイヨウとうみ』
IMG_8085.JPG

住所:三豊市仁尾町仁尾甲1362-12
電話:0875-23-6300
MAIL:info@12sunsea.com
公式HP:https://www.12sunsea.com/
公式インスタ:https://www.instagram.com/guesthouse_taiyoandumi/
公式FBページ:https://www.facebook.com/12sunsea/



posted by ほんまモンリポーター at 19:35| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする