2019年07月26日

2019年8月4日(日)& 5日(月) 津嶋神社夏季大祭

この季節、この日にしか行けない場所へ・・・
「子どもの神様」として知られている三豊市三野町の津嶋神社。


TUSIMASAN3.jpg


本殿へお参りできるのは、夏季大祭の2日間だけということもあり、毎年、県内外から多くの方が訪れ、早朝から夜まで子連れの参拝者で賑わいます。

 〇暑さ対策など、役立ち情報はこちら

9FC5BD0F-AFFB-407D-BD82-BFD5432A5088-thumbnail2.jpg



津嶋神社夏季大祭

日時:2019年8月4日(日)・5日(月)
    午前6時から午後10時

場所:津嶋神社周辺   


両日ともに、午前6時から午後10時までは本殿において御祈祷が行われます。
渡橋料は、大人300円・小学生100円・幼児無料となっています。
(橋の通行のみであれば、24時間可能だそうです。)

4日(日)の午後8時からは奉納花火が打ち上げられます。
TUSIMASAN.jpg



◎宮司の藤田泰臣さんに伺ったお話◎

子どもの守り神として、子どもの成長や健康祈願をお願いしたり、家内安全などのお参りに、毎年、たくさん方にお越しいただいています。
この夏季大祭の2日間は、245mある橋を渡り、本殿のある津嶋に渡り、神様の近くでお参りをすることを許されています。
島に神様をお祀りしたのは約420年ほど前になります。
昔、農業が盛んだったころは、牛や馬と、子どもの神様でした。
昭和になるまで橋はなく、渡し船で参拝者の方を運んでいました。
島へ渡る橋がかかったのは、昭和になってからです。
今は、牛や馬を使って農業をすることもなくなったので、子どもが家の宝ということで、子どもの神様となりました。

参拝者は、小学生くらいまでの子ども連れのご家族が多いです。
ベビーカーも一緒に、つしま橋を渡っています。

この2日間は、朝6時〜夜10時まで参拝ができますが、仕事前の早朝6時前後からいらっしゃる方や、夕方涼しくなってからいらっしゃる方も多いようです。この245mの橋を渡っていく間に、津島からふいてくる『神風』というものに体を清めてもらい、いろいろな悩みごとや悪いことなども吹き飛ばしてもらい、真っ白い心と体で神殿に向き合いパワーをもらい元気になり、橋を渡って戻ってくるという願いも込められています。


この貴重な機会に神聖な風に吹かれに、橋を渡りにおいでください。

62CE723C-E128-402D-82AB-CA1EAA29908A-thumbnail2.jpg


13874833_1631506370511538_366775240_n.jpg


◎アクセス◎

DSC_8019-thumbnail2.jpg

日本一営業時間が短い駅!

JR予讃線・津島ノ宮駅から徒歩すぐ 
駐車場はありますが、参拝にはJR予讃線を利用すると便利です。
津嶋神社の夏季大祭にあわせて「津島ノ宮駅」が2日間のみ開設されます。
 《注意》今年の時刻表はこちから


◎おねがい◎

駐車場や駅から橋を渡って、本殿の下まではベビーカーでお越しいただけます。
本殿の階段下のスペースにベビーカーを置いて、本殿へお参りください。

暑さが心配されますので、水分補給などの熱中症対策をしましょう。

周辺地域には、駐車禁止区間・車輌一方通行区間などの交通規制がかかります。
係員の指示に従って、津嶋神社までお越しください。
駐車場によっては、2〜3kmほど歩くことがありますので、公共交通機関の利用や乗り合わせにご協力くださいね。


◎お問い合わせ◎
津嶋神社 TEL 0875−72−5463 HPはこちら
三野町イベント推進協議会 TEL 0875−73−6228


◎関連blog◎

過去の様子や取材の様子など、是非チェックしてくださいね〜*

TUSIMASAN2.jpg


☆津嶋神社☆@A
☆津島ノ宮駅☆@A
☆津嶋神社夏期大祭☆@ABC
☆開通100周年イベント☆@A  
☆津島ノ宮駅開業100周年記念イベント @A



posted by ほんまモンリポーター at 22:10| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする