2019年10月03日

瀬戸芸中の粟島、「子どもガイドに案内してもらいましょ♪」

さくらです

暑かった週末、瀬戸内国際芸術祭2019の始まった粟島へ、番組パーソナリティーのおかぴ、こと、岡かよこと一緒に行ってきました!
IMG_9188.jpg


今回のお楽しみは、粟島の魅力を知り尽くした「子どもガイド」による案内で、島を満喫すること!!!

70553437_2565181410192506_6719698216897478656_n.jpg


「子どもガイド」って何・・・!?

特定非営利活動法人まちづくり推進隊詫間の田尾さんに伺いました!
IMG_9269.jpg

子どもガイドとは、芸術祭会期中の粟島を、市内の子どもたちがガイド役として、お客様を案内しているおもてなしサービスです。
2016年の3年前の前回の瀬戸芸にも行い、大変好評だったので、今回も企画しました。
三豊市内の14名の子どもが、今年の6月から6回、粟島へ足を運び、地域の方から粟島のことを教えてもらったり、海で漂流物を拾ったり、一緒に活動を続けながら、今回芸術祭に来る方に楽しんでもらえるコースを考えました!


ということで、ガイドコースは、約1時間♬

まずは、漂流郵便局の斜め前あたりにあるガイド受付デスクで、受付をしてもらいます!
IMG_9180.jpg

ガイドさん、自己紹介!!!



「日々の笑学校」へ♬
IMG_9183 (1).jpg

この学校ができた経緯や、今回展示されているアート作品やアーティストのことを、お話してくれます!

『この刺繍も少しだけ手伝いをしました。僕の作ったのあった! これです!』
IMG_9185.jpg

『この洞窟の一部分、暑い夏の日に、僕たちも作るのを手伝いました』
IMG_9194.jpg




そして、粟島のシンボル「粟島海洋記念館」
学校の歴史や、地域の人たちのエピソードなど、いろんな話をしてくれます!
IMG_9206.jpg

『1897年から始まった、日本最古の海員学校です。
 今は生徒はいないけれど、島のシンボルになっています。』


2016年の「子どもガイド」の時に作った、タブノキの紙芝居を披露!
IMG_9211.jpg

島の人から、タブノキにまつわる伝説を聞いた子どもが、そのストーリーを伝えられる形で残したいという想いから、わかりやすい紙芝居として、たくさんのお客さんに伝えられる形を準備しました♪
(現在、タブノキの周辺にハチが多いために、ご案内ができないそうです)


島の唯一のコンビニ「武内商店へ」
IMG_9218.jpg

『いつもここに来るときは、お店の前にあるダーツで遊びます』

こちらのコンビニの看板には・・・
『何でもあります。
 ないものもあります』
とありますが、いつも、島に来た時に、「これが欲しい!!!」って思ったものが、何でも出てくる不思議なお店です♬


フミヤベンチで、ポーズをとってくれる「子どもガイド」♬
IMG_9220.jpg


そして、このツアーに参加しないと、見ること&聞くことのできない場所へも案内してくれます!!!
IMG_9224.jpg

細い路地を入った先にある「粟島伊勢神宮」
いつも、戸が閉まっており、中を見ることはできませんが、「子どもガイド」たちの頑張りに応えてくれた島の人が、このガイドツアー中にはお堂の中を見てもいいように、特別に準備してくれています。

IMG_9222.jpg

お堂の中には、粟島と縁の深い北前船の舟絵馬を、特別に見ることができます!
IMG_9223.jpg


漂流郵便局では、ワークショップの体験も、ガイドツアーに含まれています!
用意してくれていた、英国漂流郵便局の焼き印をコースターにペタリ!
IMG_9273 (1).jpg

IMG_9274.jpg

漂流郵便局に来た記念として、お土産になります!!!
IMG_9272.jpg


漂流郵便局に入るチケットが料金に含まれておりますので、また、後でゆっくり見に来よう〜♬



と〜っても盛りだくさんな1時間のツアーです!

粟島に何度も足を運んで勉強をしてくれていた「子どもガイド」のみんな!

IMG_9228.jpg

今回は、2019年の芸術祭、ガイドの初日ということもあって・・・、3人とも、ちょっと緊張していたとのこと!
でも、準備してきたたくさんの資料を基に、しっかり、詳しく、いろんな話をしてくれました!!!

ガイド案内中に出会った、地域の方やアーティストさんとも仲良く話していてる様子から、地域の人たちに受け入れられながら、活動を続けてきたんだな〜という様子が感じられました!
IMG_9204.jpg
アーティスト大小島真木さんも、「一緒に写真撮ろう!」と声をかけてくれました!

IMG_9216.jpg
グリーンスローモビリティーの運転手さんも、優しく声をかけてくれて乗せてくれました!


アートだけではない、島の歴史や地域の人たちをつないでくれる「子どもガイド」
ぐるっと回るだけでは見ること&聞くこと&知ることができないお話をたっぷり聞くことができましたよ!!!
1時間の「子どもガイド」、アート鑑賞の前後に、子どもたちに粟島を案内してもらいませんか!?


「瀬戸内国際芸術祭2019」の秋会期中
魅力あふれる粟島をご案内します!!!

70514368_2565181490192498_7181402343609466880_n.jpg

今後の開催日時(日曜・祝日のみ)
10月6日(日)、10月13日(日)、10月14日(月・祝)、10月20日(日)、10月22日(火・祝)
10月27日(日)、11月3日(日)、11月4日(月・祝) あと8回

午前の部 09時50分集合〜10時ツアースタート
午後の部 15時30分集合〜15時40分ツアースタート

所用時間:約1時間程度
 アート鑑賞の時間は含まれておりません。

参加費:お1人様500円
 (漂流郵便局入場料、体験料含む *その他、アート鑑賞代は含まれておりません)

定員:2〜8名

お問い合わせ・ご予約
特定非営利活動法人 まちづくり推進隊詫間
電話 0875−83−3639 (平日08:30〜17:00)
担当:田尾さん

空きがあれば、当日の受付も受け付けてくれます。

子どもたち目線で見つけたポイントを、一生懸命、説明をしてくれる、充実の1時間です! 
粟島のいろんな魅力を感じに、「子どもガイド」と一緒に、周ってみませんか!?

posted by ほんまモンリポーター at 19:51| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする