2019年10月04日

2019年10月6日(日) みとよマルシェ in ゆめタウン三豊開催♬

9月1日(日)〜11月30日(土)
みとよクエスト 〜瀬戸芸の秋篇〜
トップ画像-再々修正-10826.jpg
みとクエアプリやクーポンで、三豊を冒険♬ 


瀬戸内国際芸術祭も始まり、たくさんの方でにぎわっている三豊市!
9月28日(土)から始まる瀬戸内国際芸術祭2019秋会期!

三豊市粟島も、アート展示の舞台となります。


三豊市へへ足を運んでいただけるようであれば、チェックしてほしいのが『みとよクエスト 〜瀬戸芸の秋篇〜』。

三豊市内のカフェやパン屋さん、温泉に雑貨屋さんなど、60軒ほどのパトナーショップで、ダウンロードした「みとくえ」アプリを見せると、素敵なサービスやプレゼントを受けることができます!


そして、今週末6日(日)、ゆめタウン三豊では、「みとよマルシェ IN ゆめタウン三豊」が開催されます♪

これまでのみとよマルシェ同様に、三豊市内で、おいしいものを作っているお店がずらりと並び、いろいろなものを一度に楽しめます。

445B9CC2-227B-4AB5-B659-9E59680C61E8-thumbnail2.jpg


みとよマルシェ in ゆめタウン三豊
日時:2019年10月6日(日) 午前10時〜午後2時
場所:ゆめタウン三豊

IMGP3650-a5645-a4380-42e4b-thumbnail2.jpg


<参加店舗一覧>
・森一誠堂
・御菓子司 じょうと
・篠原菓子舗
・大森商店
・千久亭
・くろにん
・讃岐ラーメンはまんど
・さらだくらぶ
・DEMI1/2
・パティスリーマルヒラ158
・(有)へんこつパン
・有限会社藤田水産
・身体+研(カラダラボ)
・ケーキ工房れいくんち
・アンファーム
・本格手打うどんもり


ゆめタウン三豊は、国道11号線沿い、高松自動車道さぬき豊中ICから、車で3分ほどです。




posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸内国際芸術祭作品紹介 『TARA』

こんにちはひとみです🍀


今回の瀬戸内国際芸術祭の粟島の作品にある大きなテーマが

「地球環境」

今回の新しい作品である『TARA』


三豊市はこの9月に環境教育の推進や啓発活動を展開し、海洋環境の保全につなげる事を目的に、香川県三豊市と一般社団法人TARA JAPAN 連携協力する事を決め、協定書を締結しました。
その時の記事はこちら



世界中の海が直面する環境的脅威および気候変動による影響を調査している、科学調査船TARA号の大きな特徴は、
クルーとして【アーティスト】をのせること。


科学者の視点だけでなく、アーティストの視点からも、今世界の海で起こっている問題を発信しています。




粟島のアートディレクターである日比野さんもかつてTARA号に乗船した一人です。

IMG_7258.JPG

日比野さんがTARA号で書いたスケッチ



また、今回の芸術祭で作品を作っている大小島真木さんも、タラ海洋アートレジデンスに乗船するアーティストとして、TARA号と共に3ヶ月航海されていました。TARA号に乗船されてから作り続けて売る大小島真木さんの鯨シリーズの集大成も今回の粟島の作品のひとつです。




IMG_7802.JPG


IMG_7253.JPG


そして今回の作品『TARA』

なんと、展示されている粟島海洋記念館の教室4つ分と廊下を合わせた広さがタラ号と同じ大きさ
実際のタラ号のサイズ感を感じながら作品を見ることができます。

IMG_7263.JPG

廊下にはタラ号の大きさがわかるように白線を貼ってくれています。


最初の教室には科学者の視点から今、世界の海で起こっていること。

IMG_7262.JPG



IMG_7260.JPG

今世界中の海で問題になっているマイクロプラスティック。
人間が産み出したものが一体地球にどんな影響を与えているのか。

じっくりと見ていただきたい展示です。


そして2つ目の教室に入ると

タラ号に乗船したニコラ・フロック氏による作品

『黒潮』


IMG_7249.JPG


教室を埋め尽くすように飾られたモノクロの珊瑚の写真。
藻の一種と共生している珊瑚は、地球の温暖化などによりその共生関係が崩れると生きていくことができない。
珊瑚を、動物界と植物界のバランスを保つものの象徴と捉えた作品です。


色を失うことで、さらに神秘的な珊瑚の造形美が映し出され、圧巻です。




IMG_7251.JPG


白線は最後の教室へと。
ここはタラ号の甲板部分。


IMG_7266.JPG

教室の中ではVRを使ってタラ号から眺める海を体感することができます。





窓には、粟島の西浜からの景色が。



教室からチラリと見える奥の納屋の中も、見落とさずに進んでくださいね。



IMG_7011.JPG

教室から見えていた光る船は
外との高低差をいかして、回り込むことで海底に潜ったように、船が海底からぷかぷか浮かんでいる様子を見ることができます。


IMG_7013.JPG


『TARA』の作品を監修されたアーティストのおもてさん。

普段は彫刻をされている彼。

今回、タラ号をテーマに作品を依頼されて、「重さ」「広さ」「重力」を作品を通して感じてもらう、共有できることを考えられたそうです。


IMG_7009.JPG


海底庭園に模したこちらは、自然物を使って見立てる日本庭園から発想を得ているそうです。
海からひらってきた石は、海底に横たわる岩であり、瀬戸内の島の景色でもあります。


この教室にできたTARAに乗ってあなたも世界の海の今を見つめて見てくださいね。


瀬戸内国際芸術祭2019秋会期!
〇公式HP:https://setouchi-artfest.jp/ 三豊市粟島も、アート展示の舞台となります。  


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする