2019年10月29日

あと1週間! 瀬戸内国際芸術祭2019 粟島の秋会期

瀬戸内国際芸術祭秋会期、あと1週間、11月4日(月祝)まで!!

三豊市粟島も、アート展示の舞台として盛り上がっています!



気が付けば、10月ももう終わり♪ 
瀬戸内国際芸術祭2019も、今週末、11月4日(月・祝)まで、あと1週間となりました! 

秋会期の粟島には行かれましたか!?


今回の瀬戸内国際芸術祭、粟島の全体に共通していたテーマとして「地球環境」について発信しているアート作品や展示が多くあり、とても見ごたえがあると評判になっています。



まず、5か月をかけて制作された「言葉としての洞窟壁画と、クジラが酸素に生まれ変わる物語」。
IMG_7031-thumbnail2.jpg

IMG_7253-e1375-thumbnail2.jpg

 〇詳しいご紹介はこちら

こちらは、昨年、粟島アーティストインレジデンスで粟島に滞在した、大小島真木さんと、インドのワルリー族マユールさんのお二人と、そして、1年をかけて関係を築いてきた粟島や、瀬戸芸ボランティアの方たちが、暑い夏の間を通じ、約5か月かけて作ってきた作品です。芸術家村の中で、いろいろな顔を見せてくれる、大小島さん制作のクジラたち、そして、ワルリー族の伝統的な技法で、生命誕生のストーリーを描いている洞窟は、必見です!

DSC09410.JPG

5BE715FA-9CEE-4942-B04D-7D19219D7A07-thumbnail2.jpg



そして、三豊市が今年の9月に環境教育の促進や啓発活動を展開し、海洋環境の保全につなげることを目的に、一般社団法人TARA JAPANと連携協力をするで協定を結びました。
tara-f-thumbnail2.jpg

この活動の一番の元にあるのは、フランスの海洋探査船タラ号の、世界の海を調査する活動が中心となっており、今回、粟島では、このタラ号が世界中の海で調査をしてきた現場の写真やデータ展示などを見ることができます。


最近よく耳にする、マイクロプラスチック、この人間が生み出したものが、地球にどんな影響を与えているのか、そのようなデータや、海に生きる珊瑚が、今、どのような姿にあるのか、ぜひ、観に来てください。
IMG_7262-e8385-thumbnail2.jpg

タラ号に乗っているかのような体感が感じられるVRも設置されています。粟島にいながら、TARA号乗船気分を味わるVR、ぜひ、お試しください。
IMG_7266-fdd47-thumbnail2.jpg

 〇詳しいご紹介はこちら



そして、船長の気まぐれで乗船させてくれる・・・、TANeFUNeも、おもしろいですよ!
55DE960A-BEFB-4E0E-8961-09789DF03E1D-66404-thumbnail2.jpg

粟島海洋記念館前の桟橋にある船長小屋で、まず船長を探すところからスタート! 
会えたら、乗れたらラッキーと言われている、TANeFUNe。
ぜひ、粟島の海を違う角度から楽しんでみてください!

IMG_7396-977e5-thumbnail2.jpg

 〇詳しいご紹介はこちら



過ごしやすい秋の季節は、本当にあっと言う間ですね!!!
ぜひ、今週中に、秋の粟島へ渡ってみてください♪

posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする