2019年12月22日

地元の醤油屋さん復活!安藤醤油醸造場

 こんにちは、ショウタロウです。

 私達の食生活やさぬきうどんにもかかせないものの一つに「醤油」がありますよね。

 香川県内には小豆島も含めて30〜40軒のお醤油屋さんがあるそうですが(人口10万人あたりの醤油蔵数では全国2位だそうです)、地元のお醤油さんが12/15にリニューアルオープンしたとのことで早速いってきましたよ。

 場所は詫間町の県道から1本入った通り沿いです(地図はこちら)。地元の方には「大麻精肉店と郷の宿陶山の間の道」というと少しわかりやすいでしょうか??

IMG_4373.JPG
 (右手がお店。道の向かいに駐車場があります)

IMG_4372.JPG
 素敵な雰囲気が漂っていますね。お邪魔しま〜す!

IMG_4365.JPG
 お店の中には醤油などがずらり。

IMG_4367.JPG
 醤油はこいくち、うすくち、うすくちだしの3種。
こちらは試食?試飲?できますよ!

IMG_4371.JPG
 贈答用もあります。おしゃれな瓶ですね〜

IMG_4366.JPG  お醤油を使った「つくだに」も販売されています。

 店主の安藤尚記(なおき)さんにお話を伺いました。
IMG_4352.JPG
(安藤さん。後ろの「笑った分だけしあわせに」がぴったりの笑顔ですね)

ショ「ここはなんどか通ったことがあったんですが、醤油屋さんとは気づきませんでした。ずっと営業されていたんですか?」

安藤さん「醤油は明治22年に始まって祖父の時代までは主力の家業だったんですが、最近は給食業をメインにして醤油はほそぼそと続けていたんです。それでもご贔屓にしてくださる方やお店もあって、地域への恩返しの意味も込めてリニューアルオープンしました。」

ショ「そうだったんですね。あっ?ちなみにお手にされているのはなんですか??」

安藤さん「あ、こちらは『醤油プリン』なんです。なにか私の店の特徴になるものを作りたくて試行錯誤して作ってみました!」

 おおっ、そうでしたか!それでは、いただいてみましょう!
IMG_4355.JPG

IMG_4357.JPG
ショ「いただきま〜す!」

 お、これは…いいですね!
 ふんわりとした醤油の香り、甘さ控えめでとろんとした舌ざわり。写真を取り忘れましたが、瓶の底のカラメルソースもあえてさらっと作られていて、上品なデザートに仕上がっていますよ!

安藤さん「ありがとうございます!試行錯誤に1年ほどかけて作ったんです。嬉しいです!」

 いやあ醤油屋さんでプリンとは思いませんでしたが、とっても美味しかったです(^^)

 ちなみに、今はリニューアルオープン記念ということで、来店者には100mlのお醤油がプレゼントされますよ(1月末まで)。
IMG_4359.JPG
(プレゼントのお醤油。ちなみにこちらのイラストも昔のお店と関わりのある絵だそうですよ)

 私、お土産に「つくだに」を買って帰り、早速晩ごはんにいただきました。
IMG_4378.JPG

IMG_4380.JPG
 いただきま〜す!

 あっ、昆布がすごくやわらかい!
 それによくある味の濃い(塩味&甘み)タイプではなく、あっさりした味付けでいいですね〜ご飯たくさんいけちゃいそうです。

 実は今回、約束もなくお邪魔したのですが、安藤さん、お店の方も大歓迎してくださって、復活に向けて頑張っていらっしゃることをとても感じました。みなさま、ぜひ一度お店にもお出かけになってみてください!

⬛安藤醤油醸造場
 住所:香川県三豊市詫間町詫間1335-1(地図はこちら) 
 営業時間:10:00〜18:00
 電話:050-3740-5631
 定休日:水曜日 ※お盆・年末年始はお休みです。

ありがとうございました!
posted by ほんまモンリポーター at 11:01| Comment(0) | おいしいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする