2020年01月02日

大水上神社の◯◯に注目!

 みなさま、あけましておめでとうございます!
 ショウタロウです。新しい一年が始まりましたね。本年も何卒よろしくお願いいたします!

 さて、みなさんは初詣は行かれましたか?私は元日に地元三野町の正八幡神社と、高瀬町の大水上神社に参拝してきましたよ。

IMG_4568.JPG
(正八幡神社)

 正八幡神社(地図はこちら)は訪れる人も少なかったのですが、みなさんすれ違うごとに「あけましておめでとうこざいます」と言い交わしていて地元のとってもいい雰囲気が漂っていました。10時頃には獅子舞も奉納されていましたよ。



 その後、大水上(おおみなかみ)神社へ。
IMG_4590.JPG

 大水上神社は讃岐國の二宮です。

 二宮について少し解説しますね。
 平安時代に法律の細かなルールなどについてまとめた本(延喜式)の中で、全国の神社についても整理・記載されているのですが、その中で各国の中の二番目に位置づけられた神社ということです。順番については格式や民衆の信仰度合いが参考にされたようですよ。
 因みに讃岐の一の宮は高松市一の宮町の「田村神社」です。

 さて、鳥居をくぐって中に進んでいくと…
IMG_4588.JPG
 多くの方々が参拝にいらしていましたよ。
 うん…??なんかちょっと違和感が…まあ、いいか。

 境内に入ると、今年の干支「子(ね)」の文字が大きく書かれていました。
IMG_4576.JPG
 右側の字も大きいものから小さいものまで、すべて「子」だそうです。

IMG_4582.JPG
 さあ、参拝です。

 (二礼二拍手)「新しい年を迎えられて感謝申し上げます」(一礼)

 ??ここでもちょっと不思議な感じが… あ、そうか!しめ縄だ!
 しめ縄がピンとまっすぐなんですね!

 そういえばさっきのところもそうでした!
IMG_4588.JPG

IMG_4585.JPG
 ピンとまっすぐ!です。山門のところも…IMG_4574.JPG
 早速社務所に聞いてみました。

ショ「こちらの地域ではしめ縄は真っ直ぐなのが一般的なんでしょうか??」

神社の方「いいえ、大水上神社の特徴です。真っ直ぐな木を芯にして縄を巻きつけていくんです。どうしてこうなったか理由はわかりませんが、昔からの伝統なんですよ。」

 そうだったのですね。きっと昔にはなにか理由があってこういう形になったのでしょうが、「一本芯が通っているしめ縄」というのもいいですね。新年早々面白い発見でした!

 これからも地域の自然や地元で培われてきた伝統や文化など、「地域の日常」の中にある面白さを中心に記事を書きたいと思います。今年も何卒よろしくお願いいたします。最後になりましたが、みなさまにとってよい一年になりますように!

⬛大水上神社(おおみなかみじんじゃ)
 住所:香川県三豊市高瀬町羽方2677−2(地図はこちら

IMG_4592.JPG

ありがとうございました!

posted by ほんまモンリポーター at 12:48| 香川 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする