2020年04月07日

静かな山道を歩いてみよう!六地蔵峠〜雲辺寺(後編)

 こんにちは、ショウタロウです。

   山本町の六地蔵峠から歩き始めている前編はこちら

 さて、引き続き雲辺寺に向かう山道を歩いていきますよ!
 今度は「辻財産区」と書かれた看板がありました。IMG_6496.JPG
 辻というのは山本町の辻地区のことですね。辻地区の人達がこの周辺の山林を管理して木材や薪などを利用していたんですね。

 ちなみに、いろんな地域で「昔はマツタケがよく採れた」という話を聞きますが、マツタケって痩せた土地でしか出ないそうです。
 昔は燃料や畑の肥料に、落ち葉や落ち枝を使っていたために、林の中は見通しよくすっきりして養分が少なかったので、マツタケがたくさん出ていたらしいです。ちょっとうらやましいですね。

 さあ、さらに歩いていきましょう!
IMG_6500.JPG
 気持ちのいい道!もう少ししたら新緑に包まれたトンネルになりますね。
 ほうぼうから「ツピンツピン」といったヒガラや「ホーホケキョ」のウグイスなど小鳥のさえずりも聞こえてきます。今の季節ならではですね〜

IMG_6491.JPG
 こちらはクロモジ(高級な楊枝に使いますね)の花です。
クロモジの芽.jpg
 クロモジの芽って、まるでロウソクと燭台みたいにも見えますね。

 さて、さらにしばらく歩くと、雲辺寺(66番)から大興寺(67番)に向かう遍路道と合流します。
 この遍路道を降りていくと(右方向)粟井ダムまたは雲辺寺のロープウェイ乗り場に行けます。ここまでくれば雲辺寺まではあと1kmほどです!
IMG_6507.JPGここからはお遍路さんともしばしばすれ違うようになります。ちなみにここまでですれ違ったのはたしか3人でした。

五百羅漢(お釈迦様が入滅された時に集まった500人の弟子)の石像が迎えてくれました。
IMG_6518.JPG
 さあ、雲辺寺に到着です!
IMG_6520.JPG

IMG_6522.JPG
 スキー場からの眺望が素晴らしいです!風も陽射しも気持ちいい!!
 ちなみにこの日は土曜日でしたが、私達の他にいたのはお一人だけでした。

 今回はこのあと曼陀峠方面にくだったのですが、そちらのルートはほとんどが舗装道路なのと、あらかじめ曼陀峠に車を置いておくなどしなければならないので、雲辺寺で折り返すのが楽で楽しいと思いますよ。

 往復約14kmと、少し健脚の方向きのルートですが、中学生以上の人ならまず問題ないと思います。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

■六地蔵峠〜雲辺寺
 距離 往復約14km
 所要時間 行き(登り)3〜4時間、帰り(下り)2〜3時間程度

地図.jpg


posted by ほんまモンリポーター at 05:57| 香川 | Comment(0) | てくてく 歩いてみとよ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする