2020年08月31日

まんまのもりの活動とは・・・!?

こんにちは、ひとみです🍀

こどもおとな食堂の活動を中心に、みんなの心地いい居場所作りをしているまんまのもり

昨日は、まんまのもりがどのように誕生したかご紹介させていただきました。




資金も何もないところから初めて、完全にボランティアで運用しているまんまのもりの活動。

食堂を開催できる場所や食材探しから始まりました。



まずは、子ども食堂ネットワークに登録。

その中でフードバンクを利用して、食材を集めます。

*フードバンクはフードロスを減らし、食べ物を生活困窮者に配給する団体です。



けれども、それだけではなく、できることなら、地元のものを、旬の無農薬のものを、手作りのものを。そんな想いで活動を続けてご縁が広がっていきます。



現在、まんまのもりの広報担当として、まんまのもりに欠かせない存在となっているRさん(通称いりこさん)がメンバーに入ったのは、味噌汁のお出汁に使うためのいりこを分けてもらえないか相談しにいったことがきっかけでした。


AC70BEC2-D749-452B-A1C7-28D8C3A5E5E4.jpeg



共栄冷凍水産株式会社にお勤めのRさん、話を聞いてすぐ社長に掛け合ってくれたそうです。

すると、そういうことなら、なんぼ必要なんや!?って心良くいりこの提供をしてくれたそうです。


BF96CC15-D2A1-4F12-AF10-AF14271CA68F.jpeg

たっぷりのいりこの出汁で作るお味噌汁。


自家菜園されているお家から、お家では食べきれないお野菜が届き、

「必要なお野菜が有ればつくるから言ってね。喜んでもらえるのが楽しみだから」

と声をかけてもらいました。



篠原菓子舗さんからは餡子がとどけられ、おはぎづくり。

350F88C5-372D-4B78-B140-D1577D01B46B.jpeg



無農薬のお野菜をあつかっている、さぬきこだわり市さんから、規格に外れてしまって商品にできないお野菜が届くこともあります。



そんな風に多くの繋がりで食材が集まりだしたのは、きっとこの三豊の地ならではなのでは・・・

失われつつあるように感じていた地域の繋がりやあたたかさがしっかり残っています。

そんなことを実感したと話してくれたメンバーのMさん。

その繋がりを見出せたのは、メンバーの熱い想いがあるからこそだと感じました。


CCAC50C6-3822-4C35-96E9-8D299EF54C60.jpeg


その輪は食材だけではなく、活動をお手伝いしたいというボランティアさんや、お手伝いしたいけれど今は難しいからと基金を提供してくれる方もいらっしゃいました。





食堂も、最初はお友達や知り合いにお知らせしたり、声をかけたりするところから始めました。

メンバーみんな、初めてのことばかり! やり方は試行錯誤で進めてきました。




最初は食事をただ単に提供する形でした。

お客様の方も、「こども食堂」というイメージが分からず、レストラン感覚で来られるお客様もいたりしたそうです。

それでも、少しずつ体験型に変えて、来てくれる方にも、この場所がただのご飯を食べる場所ではないということが伝わり出してきたようです。




食べに来た人が、一緒にご飯の準備をしたり片付けを手伝ったりして帰ってくれます。

お家で子どもと11、準備するのも、片付けするのも余裕がないけれど・・・

ここでは、片付けを手伝っている間、そこへきている別の方が子ども達と遊んでくれていたりします。


まるで大きな家族みたい!


それは、まんまのもりの中心メンバーも同じです。

ご自身にも、小さいお子さんがいらっしゃる方が多くてびっくりしました。



「小さいお子さんを見ながら、ボランティアで活動することは大変なのでは!?」



もちろん、日々の生活をされながら、活動することは、大変なこともたくさんあるようです。



最初は資金の持ち出しもあったり

やりたいことに時間はいくらあっても足りない!



けれども、お母さんが活動に夢中になっている間、子ども達を見守ってくれる、たくさんの目があることがとてもありがたいと話してくれました。



他の子どものお兄ちゃんがご飯をたべさせてくれていたり、一緒に竹を切る体験を手伝ってくれるおじさんが来てくれたりします。


4E53A43A-F45F-4871-90E7-6DAA6C23DC9E.jpeg

たくさんの方と出会い、感じたことは、その子どもにとっても財産になる!

そこでできた繋がりは、きっと子どもたちのこれからの支えになってくれる!


得意なことも、やりたいことも少しずつ違うメンバー達。

メンバーの中で1番若いA君は

『若者の居場所を作りたい。』とまんまのもりに参加して、

こどもおとな食堂の日に別の方向からアプローチをする企画をしていました。



それは、若者の居場所だけでなく、世代を超えた交流の場にも繋がりました。



こどもおとな食堂という食をひとつのきっかけに、

本が好きな人、

ボードゲームが好きな人、

音楽をする人、

学習支援をしたい人、

4D4AEDE6-B311-4C07-9202-BA9A5BA3575F.jpeg

それぞれがそれぞれの持ち味をいかして、無理せず自分がやりたいことをお互いに助け合いながら楽しんでやって広がっている。

そんな姿勢がとても印象的でした。




みんなすごく熱い想いがあるけれど、話を聞いていると感じる独特のゆるさと暖かさ。



それぞれが違うことを認めてあって受け入れて、

まさにそのまんまでいいんだよ!

まんまのもりの精神だなぁと感じました。



9BE025E9-C3C7-4A78-8285-B2E0C6DF1D90.jpeg

私が取材させていただいた1月は、6回目のこどもとおとな食堂の時。



回を重ねることにチラシを見てや口コミで来てくれる人も増えてきたのをメンバーも実感してきていました。

性別や世代を超えて、ここでは小学生の子と、大人が一緒にゲームをしたり、お手伝いしたり。


ゆくゆくは、回数を増やしていきたいなとか、

もっとそれぞれの町内に、学校帰りにふらりと立ち寄って、

みんなで勉強をしたり、

みんなでご飯たべたり

みんなの拠り所を作りたい!


夜ご飯食べられる場所を作りたい!

学習支援をしたい!

自分たちで畑もしたい!

自分たちで作ったお野菜でご飯をつくりたい!

お味噌をつくったり...!


これまでの活動が実を結びはじめ、これからの広がりが楽しみだったところに直撃したのが新型コロナウィルスでし



次回は最終回、コロナの中での活動とこれからの展望をお伝えします。

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-1.jpg

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-2.jpg

まんまもりの詳細は まんまのもりFacebook





posted by ほんまモンリポーター at 17:44| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

あなたのまんまでいいんだよ。まんまのもりのはじまりの話

こんにちは、ひとみです🍀

今年の初め、初めて、こどもおとな食堂を取材させていただいたまんまのもり
去年の8月からはじめたこどもおとな食堂は、毎回100人を超す方がいらっしゃっていて、これからの活動を楽しみに取材させていただいていました。


424FA2AA-DEAF-405B-BE3B-9C67F1C23366.jpeg

こどもおとな食堂の記事はこちら


しかし、そのときには想像もしていなかった新型コロナウィルスの流行により、たくさんの方が集まるこどもとおとな食堂の開催はむずかいしい状況が続いています。


そんな中でも自分たちにできることは何か、を出来ることから、無理せず自分たちのペースで進み続ける彼女たちの姿を取材し続けてきました。そして、少しずつ前に向かって新しいまんまのもりのかたちをつくっている彼女たちの姿を見て、こんなときだからこそ、ありのままの自分の今できることを。そんな姿が、誰かの元気や勇気になるのではないかと感じました。


まずはなぜ、まんまのもりをはじめることにいたったのか。

まんまのもりのはじまりから、シリーズでお届けしたいと思います。


まんまのもりを始めたメンバーは4人。

その出会いは、当時の高瀬町子育て支援センターでした。

E07A7D79-D12A-45A4-9C86-F36B14C911BD.jpeg

当時の子育て支援センターの様子(写真提供Rさん)


もともと保育所だった施設を利用したその場所は、広い園庭と遊び場があり、未就学の子ども達がのびのび遊び、また、孤独を感じやすいお母さんが、子育ての情報を交換したり、悩みを相談したり心の拠り所となっていました。


ある日、メンバーの1人のRさんは、ある母さんが、帰り際に、1歳になるかならないかの赤ちゃんにお昼に市販のお菓子をあげている姿をみて衝撃を受けます。


子どもが産まれて、小さな身体がどんどん成長する姿に

『この子の身体は食べているものでできているんだ。』

と強く実感し、食事の大切さに改めて感じて勉強をしていた彼女。


もちろん、自身も子育てする中で、毎日子どものご飯を準備することの大変さも感じていました。


『ちゃんとしなきゃと思うほど、負担になってしんどくなってしまうお母さんもいる。子どもを大切に思う気持ちは同じなのに、知らないことで、身体によくないことをしてしまうお母さんもいる。まずは知って欲しい。』

『自分の子どもだけがよければいいというのでは、だめだ。みんながきちんとご飯を食べられる社会になれば、きっとそれが財産になり、次の世代へも繋がっていくはず』


支援センターで食育の話を始めたり、お昼にみんなで一緒におにぎりやお味噌汁を作る活動を始めます。


ごちそうが食べられるのが嬉しいんじゃなくて、食事の基本は昔ながらのケの食事。

農家さんが大切に育てたお米に旬のお野菜や発酵食品であるお味噌を使ったお味噌汁。

昔ながらの日本のご飯は派手さはないけれどとてもよく考えられています。

食事も贅沢になった今では、日々のごはんもハレノ日のご飯のように贅沢になっていて、そうじゃなきゃいけないって思ってしまっているお母さんもたくさんいます。


そんなにがんばらなくてもいいんだよ。

もっとシンプルに、身体に必要なご飯は作れるんだよ。


おにぎりとお味噌汁。

そして支援センターでみんなで育てたお野菜などを使ったちょっとした副菜は、おうちでも簡単に作れるもの。レシピまで添えられていました。



B6379F55-439A-4346-8CE8-72581AE8B22E.jpeg

まんまのもりで提供しているご飯はいまでもその理念に基づいて作られています。


少しずつその活動は、支援センターの中で広がっていって、お家で採れたお野菜を持ってきてくれるお母さんがいたり、


まだ、就学してもいない小さな子ども達にとって、たくさんの人達とご飯を食べるという機会はそれだけで、とっても楽しいもの。しかも、大好きなお母さんも一緒に!


お箸を使えない子も、お友達が使っている姿を見て頑張って練習したり、みんなでおにぎりを握ったり!

メンバーはもちろん、たくさんの子どもを持つお母さんにとってその日は楽しい大切な居場所となっていました。




けれども、そんな支援センターは耐震の関係で移動を余儀なくされることになりました。もちろん、新しく支援センターはできましたが、以前のように自由に遊べる広い園庭もなく、みんなでご飯を作れる場所もありませんでした。それは、仕方がないことですが、心の拠り所が無くなるような寂しい気持ちになったそうです。




自分たちにとって、たくさんの子どもたちやお母さんにとって、かけがえのない場所だった支援センターを残したい!最初はそんな思いで集まった4人でしたが、話は止まることはなく、その時、Mさん中で、ずっと心にあったこども食堂の話にみんな大盛り上がり。なんと、その場でこどもおとな食堂 まんまのもりのを始めよう!と決定したそうです




田舎だといっても繋がりが希薄になっている今の社会の中で

心の中の寂しさは

子育てしているお母さんはもちろん

学生やお年寄り

居場所を求めている人達はきっとたくさんいるのではないでしょうか?


『おとなもこどもも、安心して気軽に集まれるそんな居場所を作りたい』


そんな想いを共にしたメンバーがそれぞれの得意分野や、想いを形にしたまんまのもり


次回は実際にまんまのもりが動きだしてからを紹介します。

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-1.jpg

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-2.jpg

まんまもりの詳細は まんまのもりFacebook


posted by ほんまモンリポーター at 06:29| 香川 ☀| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

文書館でレトロ絵はがき販売中!

こんにちは、ショウタロウです。

先日、三豊市文書館での夏期企画展のご紹介をしました(記事はこちら

入るときには気づかなかったのですが、帰りがけに目に留まったのがこちらの絵葉書達です。
IMG_0533.JPG


「絵はがき『懐かしの一枚』」として三豊市の昔の風景写真が一枚100円で販売されていましたよ。
IMG_0534.JPG

絵葉書になっているのは文書館の資料の中から選ばれた写真です。

こちらは、削られる前の爺神山と旧高瀬駅
IMG_0535.JPG

かつての「高瀬大坊駅」。現在は、「みの」駅ですね。
IMG_0536.JPG

加嶺隧道。詫間と仁尾を結ぶトンネルでした。
IMG_0537.JPG

ちなみに加嶺隧道は下の地図の位置にありますが、現在入口は封鎖されています。
地図.jpg

こちらは旧丸岡呉服店です。
IMG_0538.JPG
現在は下高瀬簡易郵便局として活用されていますよ(記事はこちら

久しく連絡をとっていないお友達に、レトロな絵はがきを近況を送ってみる、なんていかがでしょうか?


⬛三豊市文書館

 現在、夏期企画展 終戦75年「あの年の夏、昭和20年〜戦時下の三豊〜」開催中(9月27日(日)まで)

 住所:香川県三豊市山本町財田西375
 開館日時:毎週火曜日〜日曜日 9時〜17時
 入館料:無料
 休館日:月曜日・祝日・館内整理日(月末の平日)
 TEL:0875-63-1010

ありがとうございました!

posted by ほんまモンリポーター at 04:00| 香川 ☁| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

「chabu table」開発秘話、聞いてきました♪

さくらです

現在、クラウドファンディング挑戦中の「chabu table」。
 クラウドファンディングのご紹介記事はこちら



おうち時間、お外時間のお供に「chabu table」

detail_11403_15953488044000.jpg
(画像提供:株式会社モクラス)

こちらの商品を開発したのは、三豊市詫間町の株式会社モクラス。

このテーブルを作るまでのお話を伺ってきました♪

IMG_4275.jpg
株式会社モクラス
(左)事務所 福島加奈子さん
(右)班長  近藤祐介さん


どうしてこのような新商品を開発したのですか?


「モクラス」は大正3年(1914年)に木材の販売会社として創業、100年続く会社です。

木をもっと日常に感じて使ってもらえるような、直接販売できる商品を作ろと、社内で木を使った新たなブランド「TREET」が立ち上がりました。名前の由来は、「木(ツリー)とともに」です。

コンセプトは、「日常を飾る、遊ぶ、楽しむ」。

木の素材感を活かしたアイテム開発を目指し、今回、第一号商品として、この「chabu table」を企画しました。



オススメしたいポイントは!?


@工具不要、3枚の板を組み合わせるだけの簡単組み立て
IMG_4268.jpg

 専用袋もつき持ち運べる気軽さも!
IMG_4262.jpg


A天板にスマホを差し込むだけで広がる自分たちの音楽
IMG_4273.jpg

レコードで聞いているような音質が楽しめます!
音は本当に変わりますので、ぜひ現物で、試してほしいです♬


B木になじむ、地元香川にちなんだデザイン

デザインは4種類、色は2色、合計8種類のデザインから選んでいただけます。
どのデザインも、三豊や香川に縁のあるモチーフをおしゃれに使っています。
男性、女性、年代によっても好みが違うので、売れ筋のデザインもいろいろですね。



どのようなシチュエーションで楽しんだらいいですか?


アウトドアをイメージして作ったのですが、意外と自宅でも楽しめるかなと思っています。

あと、最近はやっているベランピング、これは、ベランダでおうちの中での外時間を楽しむことなのですが、ベランダのサイズにもぴったり合うと思います。

detail_11403_15953558418636.jpg

detail_11403_15953561127120.jpg

家族や友達と楽しむ時間に、手軽に持ち運べて、ちょっと話題になるテーブルかなと思います!



現在、手に入れるには2020年9月1日(火)までのクラウドファンディングからとなります。
応援型のクラウドファンディングなので、定価で購入するよりも割引になって、予約購入となります。

おうち時間の、外遊びのお供に、いかがですか!?

Makuake クラウドファンディングページはこちら
締切は9月1日(火)です!


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」、ライフスタイル編vol1.菊田秀人さん

「ミトヨの生き方・働き方を知ってミヨ」

三豊市内で暮らす人たちのライフスタイルを紹介するコーナーがスタートします♪

vol1.
菊田秀人さん

山あり、海あり、そして人がいい。
趣味や家族との時間を楽しみながら過ごすなら田舎(三豊)でしょ!

自転車を使って、三豊、四国の楽しさを伝えていきたい♪

IMG_3735.jpg

三豊市仁尾町在住、大阪市出身



菊田さんの取材場所としてご案内いただいたのが、こちら。

IMG_3733.JPG

自転車とバイクがずらりとならび、一角にはゆっくり過ごせるソファースペースまで!
こちらは、菊田さんの趣味の世界感あふれる自宅の一角にあるガレージ。


Iターンとしてやってきた三豊での移住ライフがどんなものか、じっくり伺います。


大阪育ちの菊田さんの三豊とのご縁は30年ほど前。
専門学校を卒業し、就職予定地となった三豊市仁尾町へ下見に来たときでした。


「ちょうど、瀬戸大橋が開通してすぐのころでした。橋を渡って四国に入ってから、どんどん田舎の方に向かっていきましたね。仁尾町へ入る最後の峠を走ったときには、『こんな田舎に住めるのかな?』とちょっと心配になりましたね。」


結局、就職することになり三豊へ。最初の職場は、三豊市詫間町の沖合にある粟島でした。


「小学校の時の将来の夢は、釣り堀屋のおやじになることだったんですよ。それが叶ったのか、最初の仕事は、当時、粟島で動き始めていたフグやひらめの養殖場の立ち上げスタッフでした。三豊市詫間町内で一人暮らしをして、毎日、船に乗って通勤していました。」


船で通勤、楽しそうですね。仕事はどうでしたか?


「粟島での仕事は面白かったですね。1年目は、粟島の漁師さんや自分と同じく大阪から来たスタッフで、いかだを80枚くらい作り、2年目からようやくフグを育て始めました。粟島の漁師さんたちは、元世界航路をまわっていた船乗りさんたちが多かったので、とんでもないエピソードをたくさん聞かせてもらいました。そして、仕事が早く終わった日や忙しくない日は、海に潜ったりウインドサーフィンをしたりと、自由にさせてもらいました。」


結局、その会社は倒産となり仕事はなくなりましたが、奥様との出会いもあり、香川に残ることを決めました。


「それから、短期、中期あわせて、いろんな仕事をしましたね。結局、車にも興味があったので、自動車整備の道へ進み、それから自動車に関わる仕事をずっと続けています」


「25年近く自動車整備の仕事をしていますが、途中いろいろありましたよ。漁師になりたいと仁尾町の漁協に掛け合ってみたこともあります。網を入れるための漁師の人数枠があったりして、なかなか簡単に漁師なることはできないんです。1シーズンだけ『いりこ漁』の船に乗せてもらったのですが、そこで体力的なきつさを知り、無理だなと思いました。
他には、会社勤めをしようと研修に行ったこともあります。でも3日ほどでちょっと違うかなと思いました。」


周りの方からも「自動車整備は、ある程度自分のペースで進められて、幸せな仕事だぞ。」と言われることも重なりました。こうして、時間の融通が利く自動車整備の仕事を続けながら、趣味にも力を入れていきます。


「若いころはバイクツーリングを楽しんでいました。でも、子どもができてからあまり行けなくなって、代わりにはまったのがカメラ。ちょうど一眼レフデジカメが出始めたころに、カメラ好きの方の影響を受けました。最初のころは、風景とか、子どもの写真がメインでしたね。」

DSC_2797_880.jpg

DSC_2543_880.jpg

201407172241246b5.jpg

(3枚画像提供:菊田秀人さん)

現在、写真はインスタグラムを中心に投稿しています。
 菊田さんインスタはこちら



そして10年ほど前から始まった趣味が自転車。

IMG_3740.JPG


「三豊生活は車がないとどこにも行けないじゃないですか! それなのに免許停止になってしまったんですよ。すぐ、通勤のためにマウンテンバイクを買いました。乗り始めたら自転車が楽しくて! 結局、すぐに2台目となるロードバイクを買って、遠くまで出かけるようになりました。SNSの先がけでもあるmixiで上で、ツーリングの情報交換をすることで自転車友だちが広がりました。」


今は、趣味だった自転車を使って、香川県内を自転車で回るツアーを考え始めています。


「本当は今年2020年にでもと思っていましたが、コロナ禍の影響で、少し先延ばしにしています。でも、いつか、自転車で香川や四国を案内して、魅力を伝えることができて行けたらと、準備も続けています。」


IMG_3732.JPG


夢が叶うの、楽しみにしています! ところで住む場所は見つけやすかったですか?


「三豊市内で、いろいろな賃貸に住みました。一番すごかったのは築90年の古い家。汲み取り便所だったし、虫もいっぱいいましたね。ここはなかなか大変でしたね。」


「空き家バンクを通じて、5年前に仁尾町に家を購入しました。それまでも空き家バンクで5〜6軒見せてもらったんですが、いいところは簡単には見つからなかったですね。でも、今の家は、紹介してもらった時に、ここだと即決しました。決め手は、このガレージですよ!」

IMG_3734.jpg

趣味の自転車がずらりとならぶ気持ちのいいガレージは、こうして誕生していました!

三豊に住んでいて、大変だったことはないですか?


「住んでいる自治体ごとにある『しきたり』がわかってなくて、行くべきだったお葬式に行かなかったと地域の方に注意を受けたこともありますね。わからないことも多いので、日々失敗もしながらです。」


なるほど、住めば都とは言いますが、慣れるまではいろいろと苦労もありますよね。


「でも、三豊に住んでよかったなと思っていますね。都会ほど頑張らなくても、地域にある仕事をしっかりすれば、十分食べていけます。そして通勤時間とかもないので、時間も自由になりやすいです。」


「三豊は、『人がいいんだな』と実感したことがあります。実は、他の町に住んでみようと行ってみたこともあるんです。でも、なんかしっくりこなくて。私には、三豊の人との付き合いの温度感とか、そういうものがあっていたんだなと思いましたね。」


これから、三豊での仕事や生活を考える人たちへのメッセージ、お願いします。


「今は、車とネットがあれば、どこに住んでも不便さもなく、都会と変わらないですよね。田舎が好きだったら、家賃も安くて、時間の自由もある生活は、お勧めですよ。海もある、山もある、そして、人もいいですから。」


オススメの自転車で、仁尾町を案内してもらいました。

IMG_3739.jpg

夕暮れ時の風の気持ちよさを感じながら、それぞれの楽しみをあきらめない生き方を選べる時代がやってきたのかなと感じました。
菊田さんに案内してもらう自転車ツアーが始まる日が、楽しみです♬

IMG_3750.JPG

取材にお付き合いいただき、ありがとうございました。


posted by ほんまモンリポーター at 19:00| 香川 ☀| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする