2020年10月06日

福祉介護分野における共同送迎サービス実証事業に係る連携協定締結式

さくらです


先日、三豊市で新たなプロジェクトが始まることが発表されました!

IMG_3908.JPG

三豊市、三豊市社会福祉協議会、ダイハツ工業株式会社との
福祉介護分野における共同送迎サービス実証事業に係る連携協定締結式

IMG_3910.JPG


長く、難しい締結式名ですが・・・。


三豊市内、たくさんの福祉介護施設がありますが、いずれの施設も「人手不足」に悩んでいます。
これまでは、それぞれの施設の送迎サービスを単独で行ってきていました。
それを、施設が抱える「人手・経費」の負担を軽減していけたらという調査に基づき、「地域一体で乗り合う共同送迎モデル」を作っていくための実証実験が、三豊市内で取組まれることになりました。


IMG_3911.JPG

まず、第一段階として、11月2日(月)〜11月30日(月)。
三豊市内の山本地域・財田地域の介護施設5施設の利用者の方に対して、ご利用いただきます。
5台の車で周っていたルートを4台の車で効率よく回り、利用者さんを時間通りに迎えられるように運用が試されます。


この話が立ち上がってから、約1年半くらい。
三豊市内の個別の事業者さんから問題点などを聞き取りを続けてきました。


取材中に印象に残ったのは、「競争から協調へ」という言葉!

これまでは、福祉介護施設も、それぞれが自立するために競争する部分もあったようですが、それよりもこれからは「協調」の気持ちを大切にし「いつまでも安心して住める三豊」を目指していこうというテーマで、準備を進められてきたそうです。


まずは、朝夕は施設への送迎が中心ですが、日中の空いている時間にも、通院や買い物などに行きたいけど動きにくい方を対象に移動サービスを始めることも進めていきます。


他にはない「三豊モデル」として「誰もが、動きたいときに、行きたいところに行ける」を叶えられるように始まる第一歩!
「いつまでも安心して住める三豊」に向けて、人、システム、三豊市、企業が一体なって挑戦していきます。

また、11月には実証実験の様子もうかがわせてもらう予定です。
お楽しみに!





posted by ほんまモンリポーター at 09:59| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする