2020年11月05日

11月6日から受付♪ 宗吉かわらの里で「干支の置物(丑)」を作ろう!

 三豊市三野町にある「宗吉かわらの里展示館」

IMG_7866-6e7de.jpg

11/15(日)

無料開放デー&干支の置物(丑)づくり

同時開催です♪

CCI_000004.jpg

 宗吉かわらの里展示館は、かつて藤原京の瓦を100万枚も焼いた「宗吉瓦窯跡(国史跡)」を紹介する施設です。

 当時の瓦の作り方などだけでなく、かつて三野町周辺が海だったことも分かる、歴史と大地についての理解も深まる場所ですよ。

 この展示館は通常でも入館料が100円(15歳未満と65歳以上は無料)と格安ですし、窯跡付近も広々としていてとても気持ちのいい場所です。
76BBD4DA-2CC2-4764-9008-42113773A522.jpg

 新たな年を手作りの牛さんと迎えたり、年賀状書きに間に合うようでしたら、写真用に作成してみるのもいいかもしれませんね。
 置物づくり体験は2回各回15名(先着順・要予約)です。

 受付は11/6(金)から電話にて(0875-56-2301、9:00〜17:00)

 ご興味のある方はぜひお早めにお申し込み・お問い合わせください!

⬛宗吉かわらの里
 住所:三豊市三野町吉津甲153番地1
 

 開館時間 9時〜17時(入館は16時30分まで)
 電話 0875-56-2301
 入館料 15歳以上〜65歳未満 100円  団体割引(20人以上)70円/人
     その他無料(年齢等の分かるものが必要)
 休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館。その翌日は休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
posted by ほんまモンリポーター at 01:00| 香川 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする