2021年09月28日

THE MAYOR ~machiに恋する120秒~ 「恋する場所♪」薬用作物の咲く花畑

FM香川で放送中の「THE MAYOR 〜machiに恋する120秒〜」
(毎週月〜木曜 7:54 〜 7:58)
※HPはこちら

17市町のトップが週替りで登場し、誰よりも地元を愛しているリーダーだからこその「わが町の魅力」を語ります!


242976377_1297480384043247_3507192431283082339_n.jpg


⬛新しい農業の取り組み:薬用作物の栽培


山下市長「薬用作物というと、あまりピンと来ないかもしれませんが、みなさんが飲んでいる漢方薬の原料になるものです。これを作ろうということで、取り組んでいます。三豊の、薬用作物栽培研究会、というものが立ち上がっていまして、そこに参加していただいているのが34農家さん。だいたい、2ヘクタールくらいになっています。少しずつですけれども広がってきていまして、今年は本当に素晴らしい出来の年なんです!」

−と、言いますと?

山下市長「やはり、薬用作物ってみなさん栽培したことないと思います。水のやり方、雑草の対処の仕方などが普通の農作物とは違うので、まあ正直なところ、何年かはうまくできなくて、苦労しました。今年になって、いろんな方のご協力を得られて、すごく、良い出来なんです。

242913326_397162605330799_3401898216909319297_n.jpg


−薬用作物と言われるものも、ものすごくたくさん種類があると思いますが、三豊で主に取り組まれている作物は何ですか?


山下市長「胃腸薬などによく使われる、『ミシマサイコ』というものがありまして、これが今中心になっています。『トウキ』はどちらかというと、血圧系なんかに効く薬の中に入ったりしています。それと『キジツ』ですね。『キジツ』も滋養系です。3種類くらいを主に今やっています。」

山下市長「今、『ミシマサイコ』は花が咲いている時期です。黄色いカスミソウのようなイメージ、というとわかりやすいかと思います。」


IMG_0728.JPG

−かわいらしい花ですね!

山下市長「そうなんですよ。うっすらと畑一面を黄色に染めるんです。」

IMG_0721.JPG

山下市長「『トウキ』というのは、すごく香りがあるんです。『トウキ』の畑に行くと、本当に、漢方薬の匂いの中にいるような感じ。「漢方薬の匂いだ!」という感じです。」

−畑の段階で!?

山下市長「すごい香りでますよ!」

−行くだけで癒されそうですね!

山下市長「そうなんですよ!今まで本当に、7年やってきましたが、1年目、2年目などは本当に悲惨な結果になっていて。心が折れそうになったんですけれども。本当に、恋する、という意味では、あの畑に行くと、涙出そうなくらい「うわー、これよ、これ」と思います。」

243113872_1031212037613237_1077974557131099327_n.jpg

−本当に恋する場所ですね!

山下市長「そうなんです。」

−今回の山下市長の恋する場所は、薬用作物の咲く花畑、ということですね!ありがとうございました!



広報みとよ6月号でも薬用作物について取り上げました。

★関連記事 薬用作物を三豊の特産に! (2021年8月24日)


posted by ほんまモンリポーター at 20:11| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする