2021年10月16日

ほっこりのんびり秋冬におすすめ三豊のゲストハウス5選 vol.5 Bay Wind(ベイウィンド)

こんにちはひとみです🍀




F19BA507-97CA-4A98-BE9A-2C054AA9C72E.JPG

今回ご紹介させていただくのは、三豊市仁尾町にある隠れ家的な一棟貸しのゲストハウス
 Bay Wind(ベイウィンド)。




県道234号線、詫間・仁尾方面から荘内半島へ向かう途中、海側へ脇道に入って進みます。

0A4AFA4A-89C5-427D-A964-DC2CCDF4E925.jpeg


見えてくる看板。
こちらの私道に入ると、もうそこから、完全にプライベートな空間。

CB101706-DDC8-4EC4-9F19-D539443D99E3.jpeg


緑に囲まれた広い敷地は、季節のお花と、野鳥の鳴き声と、見下ろす海に、波の音。
周りには民家もなく、完全にこちらのゲストハウスの世界観に浸ることができます。

A16E7865-3E1C-41C4-A37F-80864252A43D.jpeg


40C15765-3730-4A9E-B8E4-52B9300676A0.jpeg


あちこちにある、鳥の巣箱が可愛い。
春先には実際に野鳥たちがこちらを寝床にするそう。





見えてきたのは、木のお家。もう、まるで絵本の中の世界に入り込んだようです。


IMG_0872.jpg


そして玄関の横には、大きなデッキテラスがこの春完成しました


C903CF73-8FE0-49FC-8F0A-65202880CDFA.JPG

煉瓦積みの壁の裏は、シャワースペースまで。


5BC932D1-0629-4D97-82AB-593AF7B02F4D.JPG


海まで徒歩5分で行ける距離にあるBay Wind

好きな時に海へ行って、海水浴や、夜に砂浜で花火を楽しまれたり。

海からそのまま帰ってここで、身体を洗ってデッキへ。



IMG_0873.jpg


デッキから見えるのは最高の景色




C524F867-054E-4F83-B29E-A3A0A4263767.JPG







9D79186C-9F34-4816-BC2B-2D23015E6520.JPG


デッキはそのまま、リビングの前まで繋がっていて。
広々お子様が走り回ったり、バーベキューしたり。


聞こえてくるのは鳥の囀りと、波の音
最高に気持ちいい場所です。

DA303CA9-2E97-4C9E-8A66-A613F508A5EC.jpeg

754473AC-F8D1-4223-9A37-20EEE41BDAEA.jpeg


大きなバーベキューテーブルも設置してくれています。




C7610EBD-4762-4417-A52D-75220E2BAD46.JPG




さて、玄関に戻ってゲストハウスの中に入っていきます。




AA3D592D-FC5B-4257-B288-9D0DC23B8E65.jpeg



玄関を開けた途端、迎えてくれたのは、木の良い香り


09732500-43FF-4466-951D-9C411917FCF9.jpeg

築25年の建物。
木が飴色に育ち、隅々まで手入れが行き届いき、なんとも落ち着く空間です。大切にされていた年月までが、空間を作り上げているようです。


あちこちに置かれているオブジェは、オーナーのお父様の作品。ストーリーを感じさせます。



リビング入ると高い吹き抜けのある開放的な空間

B69D67C7-4639-4F84-AE65-17316E0D8E0E.jpeg




20FDE1F0-072F-4241-884A-A03A3673179D.jpeg


空を見上げる高窓にも可愛らしく、巣箱が並びます。
こちらの巣箱もお父様の手作り



そして目の前に広がるのは、海〜



8FC43E96-8119-4F5E-B544-2331D000B25B.jpeg


窓の向こうには先ほどご紹介ゆったりとした、ウッドデッキが広がり、リビングからそのままアウトドアリビングへとつがっています。



C7610EBD-4762-4417-A52D-75220E2BAD46.JPG


沖に臨むのは伊吹島。

漁船や、ヨットが行き交う海はいくら見ていても飽きません。
海を眺めながらお茶したり、お酒を飲んだり。



これからの季節は、山も色付き、デッキで過ごすのが気持ち良さそう。

寒い季節の楽しみ方は、リビングの隅にあるのは、薪ストーブ


ゆらゆら炎の揺れるあったかい室内で、海を眺めながら過ごす、、、、
なんて、贅沢な時間ですね。


C6AAA54C-DD8A-4AC2-9628-72EB2EBE030E.jpeg

ストーブの薪は、オプションで希望すると用意してくれ、火をつけるところから体験することができます。

ストーブの暖かな室内の中で、ぐつぐつストーブで夜ご飯を煮込んだり、
ストーブを使って焼き芋も楽しめるそうですよ。


689B10DF-271F-47DE-B8EE-1B35DA00A4FA.jpeg


ボードゲームも色々用意してくれているので、
家族や友達と盛り上がりそう


ログハウスの温かい雰囲気の中で、ゆったりと時間が流れる。本当に絵本の中のような過ごし方ができそうです。
クリスマスにはツリーやイルミネーションの設えもされるそう。


この雰囲気にぴったり。外国に来たような気持ちになれそうです。


リビングのすぐ隣にあるには、
広々としたダイニングキッチン。



みんなでお料理するのも楽しいですよね。



6FC82C2F-D282-41F1-9A1C-48D6264C803A.jpeg


47218055-1186-4B5F-8C35-834E537D8405.jpeg


テーブルの上にはウェルカムドリンクをご用意いただいていました。


1F83883B-7DF7-48BE-8C5F-A74E174BA01B.jpeg


キッチンダイニングからもデッキに出られます。


1階の山側にあるのは、寝室。

F70CA12D-BBA0-4780-9C24-3F6F520F1E41.jpeg



461FAA75-ACE3-4D37-86E6-4CF98394938D.jpeg


木で包まれた空間に、窓からの緑が気持ちいい

ゆっくり眠れそうです。





2階には和室があります。
小さなお子さん連れも嬉しいですね。

F9F01D3A-6A95-440D-8236-7FE733A1BF11.jpeg



9F6C277B-CCDE-40E0-9FDF-10318F8EE895.jpeg



865A515B-1DEF-4365-9806-5DF597D30837.jpeg


ゴロンと寝転がって見上げると天窓が。


そして2階の奥には、屋根裏部屋のようなベッドスペース


7DE05D52-0242-4330-9417-221AEBF6886D.jpeg



29BC7AA0-6BFC-4A61-8CC4-B852AA4DB111.jpeg


ベットに寝転がって星空見上げて、、、

憧れてました〜




3E093222-0196-4537-8417-E34E8A591D39.jpeg


海を臨む書斎コーナー。


ここへ来ると、ゆっくり読書が出来るんですってお客様におっしゃっていただくそう。

何もしない贅沢。日常から離れ、ゆっくり心を緩めるには最高の場所ですね。



洗面。

DCD4D386-0ADE-4C9D-80AB-B6F6C5F5677E.jpeg



海と緑を臨む浴室。
明るいうちから入っても気持ちよさそう!


6F816C41-3EE6-480F-A7BB-3493CB913A00.jpeg


トイレ。


E3F0BAAF-6258-48AE-B05B-0E1CC823523E.jpeg



ゲストハウスとしては、2019年11月にオープンしました。
時を経て、場所にすっかり馴染んだ空間は本当に落ち着きます。
もちろん、築年数が経っていても、管理が行き届いていて、設備も新しく、
虫などの対策も大変気を使われているようで、最高の景色と共に、オーナー様の心遣いが気持ち良い空間に繋がっっているよう。



今後まだまだ手を加えていく予定だそうで、訪れるたびの変化も楽しみになりそうです。
この冬には広々デッキにオープンキッチンが登場している、かも!?


すでにリピーターがたくさんいらしゃるのもうなずけます。


大人11人と大人数での滞在が可能です。

個室も3部屋あるので、仲良しのお友達家族と滞在したり、家族3世代で利用したりするのもおすすめです。



子供たちが海で遊んでいる間、おじいちゃん、おばあちゃんはゲストハウスでゆっくり読書。
そんな過ごし方も目に浮かぶようです。




ゲストハウス周辺は、プライベート感満載です。

少し歩くとすぐにビーチに出ます。

シーカヤックを体験できるフリークラウド
地元の食材を使った釜焼きピザが美味しい サンカフェ
美味しい食事、パン、ワインが楽しめる、大森商店

が徒歩圏内。
滞在の楽しみ方が広がりますね。


チェックインは16:00
チェックアウトは10:00
ゆっくり滞在されるには連泊もおすすめです。


ご予約、詳細はこちらのサイトから。


Bay Wind

住所:三豊市仁尾町家の浦630−2
電話:0875−82−2675


ご予約、詳細はこちらのサイトから。



posted by ほんまモンリポーター at 17:06| 香川 ☀| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする