2021年10月23日

アップサイクルで新たな魅力を創出。喜田建材の取組み

三豊の話題をDEEPにお届け

週刊みとよほんまモンRadio!

10月22日のゲストは・・・

三豊市詫間町
株式会社 喜田建材
企画室の大井彩花さん

秋田県出身の大井さんですが、香川に来るきっかけとなったのが、アメリカ人のご主人が「神奈川」と「香川」を間違えた!?という偶然だったとか!
ですが素敵なところ、と香川を気に入ってくださり今に至るんだそうです。

そんな大井さん、縁があって「地域のためにがんばっている企業に出会った」という、現在お勤めの
株式会社喜田建材は、

住宅建材の卸売りを中心に
不動産業、ゲストハウスの運営、
インテリア雑貨ショップ、ラーメン店など
幅広く事業を展開中。

今回は、
令和3年度かがわ県産品コンクールで入選した

「IRIKO CIRCLE 大漁箱」

について、教えていただきました。

この大漁箱には
 食べるいりこラー油
 いりこのキャラメル
 いりこのフロランタン
 いりこダックワーズ
と、4つのアイテムが入っています。
その中から
食べるいりこラー油をスタジオにお持ちいただきました!

IMG_20211022_135618.jpg

小豆島のごま油、ラー油
庄内の香川本鷹
伊吹島のいりこ
といった地元の愛をいっぱい詰め込んだものになっています。

20211022_140204300.jpg

さっそく2人で試食・・・
歯ごたえがいい
お酒ともあいそう
おかずにもなる!
といった感想が♪

そのままごはんに乗せても・・・
IMG_20211022_191817.jpg

刻んだキャベツと炒めるだけで
ささっとあと一品完成☆
IMG_20211022_190156.jpg

その他にも、
パスタや味付け、おうどんのトッピング・・・
色々な食べ方が楽しめます!

11/1(月)から販売スタート
地元三豊の、雑貨屋さん、アンテナショップなどから順次展開していくとのこと。
見かけた際にはぜひご賞味ください!

さて、
この食べるラー油に使用しているいりこ、
実は普通のいりこではありません!

出汁をとったあとの
「だしガラ」なんです。
出汁をとった後なので塩分が下がっていて、カルシウムはしっかり摂れる、いい所尽くし!

喜田建材は、
いぶきいりこセンター
というラーメン屋さんも運営。

出汁をとる際、毎日いりこのだしガラが出る・・・
それをアップサイクルしたものが
食べるいりこラー油! というわけです

―ところで・・・アップサイクルとは?

(大井さん)「だしガラというと普通は捨てられてしまうものですが、『いりこ』は香川にとって背骨とも言えるような産品だと考えています。
そのいりこにスポットライトを当て、付加価値をつけてパワーアップさせる、そうして誕生したのが食べるいりこラー油なんです。
香川のプライドをぎゅっと詰め込んだので、地元の方も嬉しいと思いますし、県外の方にも、香川の魅力を知ってもらえる商品になったと感じています」

―アップサイクルに注目するきっかけは何だったんでしょうか?

(以下、同)「雑貨インテリア部門、不動産部門、色々な事業を進めていく中で価値あるものが捨てられてしまう、というところをたくさん見てきました。色々な事業展開していく中で、企業として何ができるか?
(アップサイクルできるものを)見つけて、我々で付加価値をつけてお客様に手に取ってもらう、生活に取り入れてもらう、ということに取り組んでいます。いりこサークルもその一部で、他にも、廃材・倒木などを使って眼鏡を作る、といったこともしています。

三豊市は、空き家問題も深刻です。
そこで、空き家にコンテンツを入れる。
地域の人、観光客、空き家の持ち主・・・みんなが幸せに、喜んでくださいます。
まさに『さんぽうよし』という喜田建材の理念に適ったもの、それがアップサイクルです」

20211022_140518873.jpg

―空き家問題も・・・
考えさせられることがたくさんあるのでは?

「私たちは(空き家問題に対する)武器をたくさん持っています。
ゲストハウス事業もそのひとつです。喜田建材はおうちづくりのサポート、つまりお客様に建材を買ってもらうのが本来のお仕事
一方でおうちを建てるお客様は土地が必要、そこで不動産部
優良工務店とお客様を繋ぐ仲人的役割、と業務を展開しているわけですが、

ゲストハウス事業は、実際に建材を体感してもらう『泊まれるショールーム』としての役割も担っているんです。
@空き家問題に対処するA等身大の私たちの建材を見てもらう・・・両方の目的でゲストハウス事業を行っているんです」

現在喜田建材では、三豊、観音寺、丸亀に
13棟ほどゲストハウスを運営。

こけ枝さんのご友人も利用された際、景色の良さ・快適さにとても驚き、喜んでくれたそうですよ!

それぞれ違うコンセプト、個性があるので、
どこに泊まるか迷ってしまいそう

どこも素敵!で非日常を感じられるゲストハウス
一緒に利用する人、目的などに合わせて、選んでみてください。

現在、新うどん県泊まってかがわ割も利用できます。
「県内の皆さんに、三豊の魅力を改めて発見してほしいです。
あまり来る機会がないという方もこのチャンスにぜひ」
と大井さんからメッセージもいただきました。
ゲストハウスについての詳細はこちらをご覧ください。

大井さんのお話を伺って、今後も様々なフィールドでの喜田建材さんのご活躍がより楽しみになりました!!
ぜひ皆さんもSNS等で最新情報チェックしてくださいね

Instagramはこちらから♪

次回の週刊みとよほんまモンRadio!もお楽しみに。

1634914102139.jpeg

株式会社 喜田建材
住所     :三豊市詫間町詫間890-1
電話     :0875-83-3669
ホームページ :https://www.demi-kitaken.com/


■□■□■□■□■□■□■□■□
週刊みとよ ほんまモンRadio!
エフエム香川 78.6MHzにて
毎月第1、2、4金曜日
14:00〜
(Weekend shuttle 内)
※スマホとPCで使えるアプリradikoで、無料会員の方でも放送から1週間はお聴きいただけます
■□■□■□■□■□■□■□■□



posted by ほんまモンリポーター at 23:00| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする