2011年11月10日

高永山本門寺


お伝えしています大坊市。
三豊に冬の訪れを知らせてくれる伝統ある行事。

今回は、大坊市が行われる三豊市三野町の
高永山本門寺をご紹介します。

門の前を車で通りかかることはあっても
なかなか中に足を踏み入れる機会がありませんでした。
広さと、手入れの良さにまず驚きました。

3000坪もあるという敷地の中には
文化財指定建物にもなっている「開山堂」や
香川県の指定木にもなっている「大楠」がどっしりと佇んでいます。

お話を伺ったのは
高永山本門寺第40代住職である 横田智研 さん。

CIMG2970.JPG

700年の歴史を有する伝統ある本門寺。
大坊市は日蓮大聖人の法要として行われています。
唯一の娯楽として、みなさんとても楽しみにされていて
地元の方たちにとってはなくてはならない行事となっています。

情報も、物も溢れている時代だからこそ
先祖あっての自分だということを決して忘れてはならない。

5つ教えて、3つ褒めて、1つ叱って、良い子に育てなさい。
バランスのとれた子育てが必要ではないでしょうか。
また、大坊市が子供と触れあうきっかけであったり
子育てをしていく上での基盤となる場でありたいものです。



建物も案内してくださいました。
どこまでも続く廊下。

CIMG2973.JPG

手入れのされた中庭。

CIMG2971.JPG

おしゃれな窓。

CIMG2980.JPG

やはり、お掃除はとても大変であるとのこと。
しかし、みなさんに大切にされて今の状態が保てているんだそう。
檀家さん方のご協力あっての本門寺であると、
嬉しそうに教えてくださいました。
大広間では、集会やお茶会も開かれています。

毎年、夏休みを利用して、小学生対象に
お寺内でのキャンプも行っているのだとか。
いろんなことを学び、感じることのできるキャンプだろうな。



350年の歴史があるお駕籠。
11月22日の御会式法要お練り行列でお目にかかれるらしい。

CIMG2984.JPG

CIMG2987.JPG

こんなんテレビでしか見たことないぃぃ。
思わずテンションが上がってしまう私たち。
誰もが1度は乗ってみたい乗り物だと思います。



雨乞い成就のご褒美としていただいた御前机。

CIMG2982.JPG

歴史家の方からすれば
喉から手が出そうなほど貴重な古い書物たち。

本門寺はほんまモンの宝庫です!!


私たちが見入ってしまったのは
「大坊」という建物の前にある松の木。

CIMG2949.JPG

CIMG2989.JPG

とにかく、どの角度から見ても美しい!!
みなさんにもぜひ、ご覧いただきたいです。

美しいお寺を見学して
おいしいモンをたくさん食べて
楽しい催しもので笑って
幻のドーナツでお土産もできて…。

大坊市がますます楽しみなななこでした^^




posted by ほんまモンリポーター at 22:25| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]