2012年02月01日

郷土料理講習会 〜郷土料理、そして思い〜


郷土料理講習会に参加させていただき、
改めて食べることの大切さと楽しさを知ったななこです^^

給食で郷土料理を食べることのできていた私の生活は
本当に恵まれていたなぁ、と思います。

食生活改善推進委員会・三野支部の会長である
奥田ハツミさんにお話を伺いました。


IMG_3634.JPG


*「さつま」について。

さつまというのは、その名前の通り
鹿児島県(薩摩)から伝わってきたものだと言われています。
港が栄えていた詫間町や仁尾町に盛んに作られていたようです。

私自身もさつまを作る機会も食べる機会もなかったのですが、
研修で教わって、とても美味しかったので
ぜひ、みなさんにもお伝えしたいと思いました。

甘い味付けというのは、西讃地方の特徴だと思います。
さつまも、いろんな種類の魚を使って、いろいろアレンジしながら
ずっと伝わってきたものだと、感じています。



*三豊を代表する郷土料理といえば。

この辺では、ふなのてっぱいっていうのをよく聞きますね。
バラ寿司なんかは、ことあるごとによく作られているように思います。
また、季節ごとにいろいろ作られています。
故郷と季節を感じられる郷土料理がたくさんあるんですよ。



*食生活を通して感じていること。

だんだんと郷土料理というものが、伝わらなくなっています。
小学生や幼稚園を訪問して、まずは食べる機会を作って
子どものころから「食」に触れられるように努力したいです。

げんこつ飴を幼稚園で作ったことがあったんですけど、
みんな面白がって作ってくれるし、おいしいって喜んで
食べてくれたので、とても嬉しかったですね。

自分で作ったら、少し苦手なものでも食べられるし
「食」を知ってもらうことが大切かな、って感じています。



*ほんまモンとは。

ほんまモンっていえば、
添加物の入っていない、加工されていない自然のままのものを
おいしくいただく、命をいただくということではないかなと思います。





生活に欠かすことのできない食生活。
知る。食べる。作る。学ぶ。
もっともっとこだわって、大切にしたいと思います。

いろんな命に、生かされていること。
毎日の生活が私の明日を作ってくれていること。
考えさせられた講習会でした。

教わった郷土料理…また家でも作ってみたいです。



posted by ほんまモンリポーター at 22:23| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]