2012年02月17日

張子の虎〜インタビュー2〜

12日(日)の香川の放送でご紹介した、張子の虎

田井民芸の田井艶子さんにお話を伺いました
インタビュー1はこちら

 田井民芸のHPはこちら
IMG_3667.JPG

田井さんの張子の虎に対する思いを教えてください。


伝統工芸士をいただいてからは特に、
ずっと残していきたい、広く伝えていきたい、という思いが
とってもおおきくなりましたね。
やっぱり触れる機会がないと、忘れていってしまうんですよね。

いろんな体験や絵付けを通して
「子供の頃に見たことあるな。作ったことあるな。」って
心の隅っこででも覚えていてくれたら嬉しいです。


子供さんが張り子の虎を大切にしているポスターが壁にかかっていました目
IMG_3670.JPG 乗っても大丈夫だよがく〜(落胆した顔)


伝統を守り継いでいくことのむずかしさってなんですか。


まずは、後継者の問題ですね。
それから、どれだけ続けたいと思っていても、
材料がないことには難しいので、材料を仕入れている古くからのお店も
おんなじようにずっと続いていくことが1番大切です。



作る上で気を付けていることってありますか。

やっぱり、顔の絵付けには大変気を使います。
うったてがひとつ変わるだけで表情が全然違ってくるので
仕上がりを想像して、虎らしく仕上がるようにいつも気にかけています。

土台も昔ながらの作り方で作っていくんですが
この作業は気温や湿度などの自然との闘いですね。


大迫力exclamation×2 だけど、愛嬌がありますよねわーい(嬉しい顔)

IMG_3662.JPG


田井さんにとって、ほんまモンとは。

ずっと心に残っていくモンかなぁ。


ただいま、リスナープレゼント、受付中プレゼント
皆様のご応募、お待ちしておりまするんるん
 リスナープレゼントはこちら


posted by ほんまモンリポーター at 18:49| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。