2012年02月24日

百々手祭〜interviewA〜


ほんまモンレポーターのななこです。

県指定無形民俗文化財にもなっている生里・大浜・粟島の百々手祭。

中でも、昔からのスタイルをずば抜けてよく残している
生里の百々祭をクローズアップしてみます。
大字生里自治会長の大江壽昭さんにお聞きしました。

DSCN2064 (400x300).jpg


生里ももて祭の歴史を教えてください。



生里ももて祭は、現存する頭屋帳によれば
安永3年(1774年)から現在まで中断なく行われている
地域内最大の神事なんです。

安永3年といえば、今から240年くらい前やけど
1000年前から行われとったとも言われておるんです。

祭典は、残されている「百々手作法」にのっとって
旧暦の2月1日に近い日曜日に弓射儀礼が行われています。
裃姿の射手たちが的に向かって矢を射ります。

五穀豊穣や家内安全、大漁祈願や厄払いなど、
重要な意味を持つ、欠かせない祈願祭ということです。

生里ももて祭は、古くからの伝統と歴史を意固地に受け継ぎ
厳しい規則や細かな決め事の元、厳格に執り行われます。





大江さんにとって、ほんまモンとは。

歴史と伝統を意固地に受け継ぐ男、かなぁ。

また、百々手祭のような神事は
地域の方々の協力や繋がりがあってこそ行えているもの。
地域の団結や大きなことを達成する為に地域全体で
同じような思いが持てるということも大切やと思っています。



画像+171 (400x300).jpg
(写真提供:三豊市商工観光課)



生里ももて祭は2月26日(日)に三寶荒神宮で行われます。
前日には仁老浜海岸にて、射手たちが身を清める為に海に飛び込む
潮垢離とよばれる行事が行われます。

歴史と伝統を受け継いできた百々手祭には
様々な厳しいしきたりもありますので(弓射を行う砂地には立入り禁止など)
マナーを守って写真撮影や見学を行ってくださいね。

百々手祭のこと、もっともっと知りたい!!
まだまだインタビューレポートは続きます^^




posted by ほんまモンリポーター at 01:40| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。