2012年03月03日

宗吉瓦窯〜interview@〜


宗吉瓦窯のこと、もっと知りたーい!!

そんな思いを抱えた私たちは、
三豊市教育委員会・主任主事の塩冶琢磨さんに突撃!!
宗吉瓦窯について、お話を伺ってきました。

DSCN2528 (400x299).jpg


宗吉瓦窯の操業のきっかけってなんだったんですか?!


まず7世紀中ごろに、豊中町の妙音寺を建立することになり
瓦が必要だということで、宗吉瓦窯が作られて、瓦を供給していた、
というところが操業のきっかけだと言われています。

歴史的に言えば、今の段階では645年頃に操業が開始され、
710年ころには操業が停止されていたということが言われています。




どうして、この場所に瓦窯を作ったんですか?!

瓦というのは、だいたい1枚が10kgくらいのかなり重たいものなんです。
やっぱり、運搬はどうしても船を使った方が効率的でした。
今は埋め立てられていますが、かなり近いところまで海だったんですよね。

それから、ちょうど自然の斜面もあるし、
よく粘土がとれるので、材料も豊富にあるということで
立地条件から見たら、最適な場所だったんではないか、と考えられます。




宗吉瓦窯の魅力ってどんなところですか?!

17号窯という窯なんですが、これの長さがだいたい13m。
四国では1番大きいもの。全国的に見てもトップクラスを誇っています。
そして、発掘されている24基という窯の数に関しては、全国で最多なんです。


DSCN2521 (300x400).jpg

これは、16号窯。
瓦窯跡というのは、なかなか綺麗に残っていないものだそうですが
この16号窯はとても残りが良く、文化財的価値も高いそうです。



ふむふむ。
宗吉瓦窯跡は国の史跡として、大切に守られています。
宗吉かわらの里展示館では、発掘された瓦や歴史などに
たっぷり触れることができますよ。

塩冶さんへのインタビュー…まだまだ続きます。お楽しみに☆



posted by ほんまモンリポーター at 11:45| Comment(0) | 三豊ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。