2012年03月11日

さんてんいちいち。



3月11日。東日本大震災。
被災地からは遠く離れた私たちにとっても、日本にとっても、
そして、世界にとっても、特別で重要な日となってしまいました。

この日をきっかけに、いろんな制度やしくみが変革されることになり、
人々の生活や価値観までもを、大きく変えることになってしまいました。



三豊市内でも被災地支援はもちろんのこと、様々な改革がありました。
震災を受け、強く感じている思い。三豊市・横山忠始市長にお話しを伺いました。



この1年はあっという間に過ぎてしまったんですけれど、
遠い所で起きた出来事・事故だとは、全く思えないですね。
まだ、がれきが残っていて十分に復興が進んでいない、という点に関しては
対応の遅さ、というものを感じていますね。

名取市長や石巻市長のお話を聞ける機会があったのですが、
「その時・そこで・何があったのか」をリアルにお話いただいて
それはもう、現実をガツン、と思い知らされました。

「危機管理」の定義をはっきり知らされたのは、衝撃でした。
「危機」というのは、マニュアル外、想定外のこと、思いもよらない事、
通常の思考の範囲を超えることが起きることが「危機」である、と。
その「危機」を最小限に抑えるのが、「危機管理」だ、と。
そんな話を聞かされた時には、ほんとにインパクトありましたね。

それ以後は、「防災」という言葉を使わないんです。
すべて「危機管理」。それを、役所の中の言葉と認識にしています。
「危機」というのは、起こりうるものですから
その時、いかにどう動けるかという所が大切だな、と思いました。

そして、近代文明の危うさというものを感じました。
今回、大震災の停電で防災行政無線が飛ばなかった、テレビが見れなかった。
1番信頼できたのが、口コミと携帯・ラジオだった、という話もありました。
ハイテクではなく、ローテクだった、みたいな話があったんですね。

近代文明に安逸にしてるといけないな、
人間の原点の部分を忘れてると、すごく良くないな、と思いました。

それから、みなさんも感じていることだとは思いますが、
市民の意識というものも劇的に変わりました。
防災訓練への取り組みであったり、自主防災組織の意識であったり。

3月11日は、市民の意識を劇的に変えてしまった。
それだけの大きな変化だったと思います。





これからの明るい生活の為の私たちの在り方、
私たちがしていくべきこととは何でしょうか。


やっぱり、助け合いのネットワークは広げておかないといけないな、と
本当に強く感じます。誰もが、助けたいって思っていますから。

今までの姉妹縁組というのは、なんとなく観光・文化交流のような側面が強くて
無駄じゃないのか、という意見もあって、勢いが弱まってたんですよね。
でも今は、遠く離れたところの友人は持っておくべきだ、ということや
いろんな意味の都市間ネットワークは強めておくべきだ、と感じました。

だから、徳島県の美波町と三好市と支援協定を結んでいて、
春には北海道の洞爺湖町とも防災支援協定を結ぶんです。
今までと違った、お互いの強い繋がりが発生していますね。




地震発生を想定しての対策について、引き続きお聞きしました。

いろいろな災害を想定してのマニュアルというものは作っています。
山・海それぞれに、どこでなにが起こるか分かりませんから、
お互いが助け合っていこうという気持ちが最大の力だと思います。

自分自身で危機管理をすること、地域で助け合うこと、
公的機関とのタイアップをスムーズに行うこと、
他の場所からの支援をどう受け取っていくか、ということ。
いろんな観点からシステム化して考えていけるようにしたいですね。

日本全体で危機管理体制が強化できればいいな、と思います。

そして、1000人以上の人員を携える自治消防団とも
どう連携できるか、という部分もポイントですね。
人口比からしても三豊市の自治消防団は誇るべき集団ですし、
すばらしい危機管理団体だと思っています。





福島第1原発事故により、
エネルギー開発の難しさや恐怖を再確認することになりました。
エネルギーについて、市長の考えをお聞かせください。


がれき処理などの復興が思うように進んでいない理由っていうのは
やっぱり原発事故っていうのが大きいと思っています。

私たちが当たり前のように頼ってきた原子力発電が
まだまだ未完成で、脆い技術だということが分かりました。

システム的な技術向上はもちろんなんですが、
脱原発・脱原発依存というものを急速に進めなければいけないな、と感じます。

太陽熱・太陽光・小推力を地域エネルギーとして利用することを
合併以来ずっと考えています。今後も進めていきます。

メガソーラーの有地も1か所決まりましたが、
これからもまだまだ有地をして、三豊市を基地にしていただきたいです。
脱原発依存というのは、ほんとに甘くないですから
みんなの英知と技術を集約して、いろんなことを始めていきたいと思ってますね。






市長が感じている三豊市の魅力、理想のカタチとはどのようなものでしょうか。

三豊市は田園都市の代名詞みたいな市だと思うんです。
広い土地にゆったりと住んで、きれいな自然環境を大切にして
そこから与えられるエネルギーで暮らしていく。

エネルギーも食料も地産地消ということをテーマにして、
豊かな自然の中で、恵みの中で、みんなが豊かに暮らしていける、
共生していける街であるといいな、と思ってます。
そこが、三豊市の魅力である、と思っています。

私たちのキャッチフレーズというのが「瀬戸内一の美ここにあり。」
紫雲出山からの景色や田園風景などの豊かな自然は
全国に誇れる素晴らしいものだと、自他ともに評価してます。
ビューポイントは圧倒的に三豊やな、と確信していますね。



posted by ほんまモンリポーター at 14:46| Comment(0) | ななこ’s Library | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。