2012年08月08日

「竜宮、暁のきみ」クランク・アップ


7月12日から始まった映画「竜宮、暁のきみ」の撮影。
製作発表会   クランク・イン  撮影現場@  撮影現場A

ずっと追いかけていた撮影が、7月25日に無事終わりました。
撮影終了直後に、詫間町の鴨之越でお話を伺うことができました。


IMG_2200 (400x267).jpg

監督・青木 克齊さん

撮影は、天候などで予定通りに進めなかった部分もありましたが
俳優さんやスタッフに助けられて、何とか今日を迎えられました。
初監督作品だったんですが、僕の頑張りっていうよりは
僕が悩みながらやってる中で、他のスタッフがサポートしてくれて
香川の風景と共に、俳優さんのいいお芝居が撮れてるんじゃないかな。

三豊市は、海や山があって、町もそれぞれの魅力があって、
非常に面白い土地だなぁ、と思ってずっと撮影してきました。
今回のうらしま太郎というおとぎ話をモチーフにした作品には
ぴったりのロケーションばかりに出会えたような気がします。

僕らから見た香川っていうのが、香川のみなさんにとっては
新しい香川との出会い、再発見の映画になればいいな、と思います。



IMG_2205 (400x267).jpg

主演・石田法嗣さん

僕は、この作品がいい作品になると確信しています。
天候など、大変なこともありましたが、手ごたえはすごくあります。

自分が経験したことないことばかりを演じる役だったので、
入り込むのがすごい難しかったんですけど、他のキャストさんや
スタッフさんにとても助けていただきました。

台詞の少ない場面が多かったんですが、
監督の細かな指示で気持ちよく演じることができました。
作り込むという作業は楽しかったです。

香川の印象は、温かくて、ほんとに良い人ばかりでした。
高松の商店街では、おばあちゃん達がどんどん話しかけてくれて
すごい場所だなぁ、と思います。撮影は楽しかったです。

言葉で説明するのがとても下手なんですけど、
あったかい感じがして、静かで、三豊の海には感動しました。
人の人生がぎゅっと凝縮されたようなこの映画は
僕の代表作になると思いますので、みなさんにも見てほしいです。



これから、年内完成を目標に映画の制作が行われます。
50分バージョンは、2月に開催されるさぬき映画祭で提出され、
90分バージョンは、香川県下の劇場にて公開される予定です。

三豊市の風景。三豊市に住む人々。三豊市で根付いた文化。
いつもとは少し違った視点から、三豊市の良さを再発見してみませんか。
映画の完成がとっても楽しみです。





posted by ほんまモンリポーター at 00:08| Comment(0) | ◯秘!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。