2012年08月27日

三豊市詫間町民俗資料館で昔の道具を使ってみよう!

三豊市詫間町民俗資料館では明治や昭和初期に使われていた生活用品がたくさん展示されています。
詫間町の歴史についてはもちろんのこと、古くから使われている民具を実際に使い様々な体験をすることができるんですよ。

CIMG0682 (350x263).jpg

早速、三豊市詫間町民俗資料館にやって来ました。
三豊市詫間町民俗資料館 三豊市詫間町考古館の館長 大濱善男さんに館内を案内して頂きましたわーい(嬉しい顔)

CIMG0694 (350x263).jpg

農業や塩業、漁業に関する道具や日常生活に使われた民具がたくさんありますexclamation×2

CIMG0701 (350x263).jpg

三豊市詫間町民俗資料館は昭和62年にできました。
最初は町内を中心に見学のみの利用が主だったそうなのですが、折角使える民具があるのだから、実際に使ってもらおうということになり、今のような体験が行われるようになったそうです。
町外・市外の方にも利用してもらえるように、小学生の体験学習を中心に行われていますが、どなたでも利用することができます。

CIMG0704 (263x350).jpg

どんな体験ができるのかというと…

かわいい粉挽き
 石臼で大豆を粉にする粉挽き かまど(おくどさん)でご飯を炊き、おにぎりを作ってきなこをまぶします。

かわいい洗濯
 せんたく板とたらいを使って洗濯をします。

かわいい炭火アイロン体験
 マッチを使い火をつけ、炭をもやします。その炭を入れて炭火アイロンを使います。

かわいい縄ない機体験
 縄ない機を使って縄をないます。


さぁ私達ほんまモンレポーターも体験しますよ〜☆
どんな体験をしたのでしょう。

ひらめきヒントひらめき

CIMG0725 (350x263).jpg
これはなーんだ?

次回へ続く…

三豊市詫間町民俗資料館
所在地  三豊市詫間町詫間1328-1
入場料  大人100円、中・高校生70円、小学生50円 団体料金もあります。
休館日  月曜日(月曜日が休日の場合は翌日も休館)、祝日、年末年始
開館時間 9:00〜17:00 
TEL  0875-83-6858

併設の考古館は土器等を展示しています。こちらも見学していってくださいね。

アヤミでした


posted by ほんまモンリポーター at 19:13| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。