2012年08月31日

三豊市詫間町民俗資料館で昔の道具を使ってみよう!レポート編

前回の記事はこちら次項有三豊市詫間町民俗資料館で昔の道具を使ってみよう!

CIMG0682 (350x263).jpg

私達ほんまモンレポーターも昔の道具を実際に体験して来ました。
実は私とななこは小学生の時に体験してるんだよねー(゚∀゚)さくらさん初なので一番テンション上がってます

まずは、たらいと洗濯板でハンカチを洗濯しますよぴかぴか(新しい)

CIMG0713 (350x263).jpg

こうやって手で洗うとしつこいよごれも綺麗に取れますね。
でもとっても時間もかかるし、体力も使いますふらふら

さくらさん『昔の人は着物とかも洗ってたんだよね…これはつかれるねぇ』

CIMG0718 (263x350).jpg

アヤミ『腰も痛くなるだろうし、手も荒れるだろうし…大変だよね』

続いては、昔使われていた炭火アイロンで、アイロンがけ体験!
アイロンといえば、電気の熱でアイロンを使いますよね。
今回体験した炭火アイロンは、言葉の通りexclamation&questionアイロンの形をしたものの中に炭を入れその熱を使ってアイロンをかけるんですひらめき

CIMG0725 (350x263).jpg

まずは炭に火をつけるため、火おこしから開始しますexclamation×2

CIMG0721 (263x350).jpg

なかなか火がつかず苦戦しましたもうやだ〜(悲しい顔)

その後、館長さんが扇ぐとすぐに火がつくという…
さ、流石館長さんぴかぴか(新しい)
CIMG0723 (350x263).jpg

私ちょっとショックがく〜(落胆した顔)

炭の準備ができるといよいよアイロンがけです。
炭を中に入れますよ。

CIMG0731 (350x263).jpg

CIMG0726 (263x350).jpg
さくらさん『お、重い。ずっしりくるね!!』

そうなんです。
炭火アイロンはずっしりと重くハンカチのシワを伸ばすのも一苦労なのです。

一生懸命アイロンがけをして、

CIMG0735 (350x263).jpg CIMG0736 (350x263).jpg

ほらこのとおりぴかぴか(新しい)
before→after

CIMG0733 (350x263).jpg CIMG0743 (350x263).jpg

折り目もピシっと入って気持ちいいねるんるん


続いては縄ない機をつかって縄をないます。

CIMG0761 (350x263).jpg CIMG0767 (350x263).jpg

手も足も使うから焦っちゃいますあせあせ(飛び散る汗)
でも、慣れてくると簡単なんですよわーい(嬉しい顔)


ある小学校では、縄ない機の体験で、皆でつなげて長い縄を作るところもあるそうです。長縄跳びにも使用したりと楽しさも倍増ですね。

今回、私も小学生の時に体験した時のことを思い出しましたわーい(嬉しい顔)
釜で焚いたご飯に、自分たちで挽いたきなこをまぶしておにぎりにして食べたのが未だに忘れられません。←美味しいんですよexclamation×2
幼少時代の貴重な体験は、おとなになった今でも覚えているものなんですねわーい(嬉しい顔)

是非、三豊市詫間町民俗資料館で昔の道具を使って様々な体験をしてくださいるんるん

入館料のみで体験費は不要です。
材料などは持参しないといけないのでご予約時に確認してくださいね。

三豊市詫間町民俗資料館
所在地  三豊市詫間町詫間1328-1
入場料  大人100円、中・高校生70円、小学生50円 団体料金もあります。
休館日  月曜日(月曜日が休日の場合は翌日も休館)、祝日、年末年始
開館時間 9:00〜17:00 
TEL  0875-83-6858

併設の考古館は土器等を展示しています。こちらも見学していってくださいね。

アヤミでした☆


posted by ほんまモンリポーター at 23:58| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。