2012年09月05日

茶粥、いただきました〜

粟島への取材でとてもお世話になった清水船長に
 また、お世話になってきた、ほんまもんレポーターですぴかぴか(新しい)
 過去の記事はこちら

義理堅い船長は、私達3人に、”茶粥の作り方を教えてあげる”と約束したことを
覚えていてくださり、なんとご招待して下さったのです
 茶粥とは過去の記事はこちら

船長が、茶粥の作り方を、教えてくれます
IMG_6525.JPG
 ひらめき芋の切り方のコツを、熱心に教えてくれています


結局、ほとんど船長が作ってくれて・・・ふらふら
IMG_6517.JPG

いっただきま〜す
IMG_6515.JPG IMG_6516.JPG

いつも食べています(^O^)     アヤミは粟島でとれたじゃがいも、ガブリ


碁石茶とは、現在幻・・・とも言われている日本で唯一とも言われる完全発酵茶なんです
IMG_6518.JPG発酵茶なので、少し酸っぱい香りがします

 碁石茶についてはこちら  

昔は、粟島や志々島で日常に食べられていた茶粥も、今は碁石茶も貴重なものとなり
また、食生活の変化から、食べられることも少なくなりました

現在、三豊市内で、碁石茶を手に入れることができるのは、
詫間町の駅前から伸びる通り沿いにある、お茶の中橋園さんだけだそうです
IMG_7155.JPG  IMG_7156.JPG
高知県大豊から届いた分      愛媛県石鎚エリアの分
どちらも、手に入りにくくなり、また値段ばかりが上がってしまい・・・
あまり宣伝されてもなあ~と、おっしゃっていました

作り方を伝えられることも少なくなって来ましたが、茶粥を食べてみたいなって方
茶粥レシピ、公開です!
米 1カップ
水 8カップ
碁石茶 4枚くらい 
塩 少々
お好みでさつまいもなど

まずは、お茶を崩して煮出し、お米を入れておかゆをたくだけです!
簡単でしょ!?

是非、古くは島で食べられていたという茶粥、試してみてくださいね!

ひらめき発見ひらめき
船長の家のキッチンには、粟島のシーグラスで作られたきれいなキャンドルスタンドがありました
IMG_6533.JPG  IMG_6532.JPG
     きれ〜ぴかぴか(新しい)


プレゼント手土産プレゼント
おじゃまするとなったら、手ぶらでは行けません
今回、私達が選んだのは、アンファンのこぶりシュー 一つ105円IMG_6529.JPG  IMG_6530.JPG
値段とサイズはお手頃なのに、味は本格的
これは、おみやげにピッタリですよ!
 アンファンのHPはこちら


船長、ごちそうさまでした〜ハートたち(複数ハート)


posted by ほんまモンリポーター at 12:14| Comment(0) | おいしいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。