2013年06月09日

瀬戸内国際芸術祭2013 粟島へ日比野克彦さんが!

こんにちは!もりいちです!

「瀬戸内国際芸術祭2013」への参加アーティスト日比野克彦さん
粟島近辺の海域で海底探査行っている情報を
聞きつけ、やって来ました粟島
船

IMGP4961.jpg


日比野克彦さんといえば、現代美術家として、幅広い活躍が知られ、
アートに詳しくない方でも、そのお名前や、メディアに登場する姿を
拝見したことがあるのではないでしょうか!?


 かわいい日比野克彦さんの公式HPはこちら

そんな日本を代表するアーティストである日比野克彦さんが、
瀬戸内国際芸術祭2013 〜秋の粟島〜で、作品を出展されるということで・・・
本当に多くの方が注目しています
目

ということで、今日はなにやら報道関係の方々がたくさん!
なんと、あの、日比野克彦さんが海底探査から戻られた時、
報道陣向けの取材に対応してくださるそうなんですひらめき

ペン「瀬戸内国際芸術祭」関連記事はこちら!


午前11時半ごろ、沖のほうから海底探査船が帰還!!
IMGP4968.jpg


取材をさせていただきたいメディアが集結&囲みますダッシュ(走り出すさま)
IMGP4986.jpg


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)週刊みとよほんまモンブログに、
      今回初登場となる日比野克彦さんです
ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



こちらが、現代美術家として、幅広い活躍をされている日比野克彦さん
今回、週刊みとよほんまモンブログ初登場ぴかぴか(新しい)
IMGP5003.jpg


そして日比野さんと一緒に海底探査をされている
「水中考古学研究所」理事長の吉崎伸さん

IMGP4991.jpg



どうして、アーティストの日比野さんが海底探査なのか、うかがいました。

 『瀬戸内の島々の美しさだけではなく、
普段目を向けることのない海底に積もり積もった物の魅力、
時間が止まり、まるででタイムカプセルのような海底に
思いをはせてもらいたい』
 

ということで、海底の遺留品を作品として展示するために
海底探査をし、引き上げをすることにしたのだそうです
ひらめき

 船日比野克彦さんの作品紹介はこちらのページ



そして気になる本日の収獲は?



残念ながら、この日の午前中に引き上げられたものはなかったそうです。

が、現在調査しているのは・・・粟島近海で発見された沈没船!
その名も
 「さつき丸」 
IMGP5007.jpg
IMGP4996.jpg

かつては国立の海員養成学校を抱え、船員の島として栄えた粟島
現在調査中のこの『さつき丸』は、海員学校の練習船が沈没したもの・・・
ということで、こちらの情報はまた追ってご紹介いたします!



そして、さらに出かけた午後の探査では・・・レンガを発見!!
IMGP5021.jpg
まだ大量に海底に眠っているんだとか!?
いったいこの粟島の海の底に、何のためのレンガが沈んだんでしょうか?


海底から発見されたものから過去に思いを馳せる・・・
ロマンがありますね〜るんるん
これからの海底探査そしてアート作品作りが楽しみですexclamation



実は・・・ひらめき
先日ご紹介した、現在改装途中の「蔦島丸」
詳しい作品詳細は秘密にしていましたが・・・
この船も秋には日比野さんのアート作品として、粟島の港に停泊&展示されるんです!
ペン関連記事→◯ペンキ塗り塗り!海ほたる隊!
こちらもまた、作品が仕上がっていくのを追っかけて行きたいと思いますダッシュ(走り出すさま)
楽しみですねexclamation×2


<お立ちより情報>

◯ル・ポール粟島
IMGP4130.jpg
やっぱり粟島と言えばここです!日替わり定食や丼が食べられるんですが
僕のおすすめはカレーうどん!これがおいしいんですわーい(嬉しい顔)
最近はここに来たら毎回カレーうどん!!

ペン「ル・ポール粟島」関連記事
冬だからこそ!ル・ポール粟島
ル・ポール粟島☆期間限定プラン
ル・ポール粟島 宿泊付き会席プラン

位置情報お立ちよりマップ

より大きな地図で 三豊市エリア を表示


posted by ほんまモンリポーター at 08:32| Comment(0) | 瀬戸内国際芸術祭2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。