2013年08月11日

菓子工房 ナリキでみとよ産発見!

お土産探しをしていたとき、
菓子工房 ナリキのご主人が地元産のものにこだわって
作ったお菓子が3つも新登場していて大興奮!
 お土産探しの記事はこちら 次項有 帰省土産 次項有 もてなし菓子

こんにちは、かやもんです。

三豊産を語れるお菓子3種類はこちら
exclamation×2
DSCN4974.JPG

DSCN4975.JPG

DSCN4980.JPG



ボイセンベリーは特に、三豊で名前は聞いても
それを使った製品をほとんど見ないということで、
何か作ろうと思っていたそうです。

手に入るジャムで試した所、種の堅さが
どうしても気になり、何とかしないとなあと思っていた時・・・

県立笠田高等学校で栽培をしているという情報が耳に入り、
また、これからジャムを作る、というタイミングでも情報が入ったそうです。
縁の力ってすごい。。。

笠田高校で作ったボイセンベリージャムも種が堅かったので
種を省いてもらったところ、理想通りのジャムが出来た!

ということで、そのジャムを使ったお菓子がこちら

DSCN4981.JPG
1三豊ボイセンベリー ブッセ
DSCN4982.JPG
ボイセンベリーは黒くなったものが熟しているそうでするんるん

DSCN4997.JPG
香り豊かな甘酸っぱいジャムと柔らかい生地が和みます〜揺れるハート
ベリー好きには嬉しい美味しさでしたわーい(嬉しい顔)




そして、2仁尾産のレモンを使った瀬戸内レモンケーキ
DSCN4978.JPG
よくあるチョコレートがけのものではありません目
そして、レモンの皮もすり下ろしたものではなく
細かく刻んだ皮を入れることで、
生地とは違う食感があり香りも増しています。

手間をかけて炊いているので、やわらかくなっているレモンピール。
歯ざわりがとても良かったです手(チョキ)

チョコがけではないので溶ける心配せずお土産に出来ますね〜晴れ



3つ目は、何とアノ詫間水産・魚屋さんのうまいっ白だしを使った
瀬戸内おかきパイ目
DSCN4977.JPG

ザラメがぎっしり目

一口食べて、さくっexclamation×2
パイってこういうことかグッド(上向き矢印)
軽い食感と、和風の甘塩っぱさがクセになりそうexclamation




三豊産と言えるものを、と考えて生み出されたお菓子。
家で食べるにも良いし、三豊以外の方へのお土産にもぴったりではexclamation&question


現在、三豊市詫間町の荘内半島にある紫雲出山の頂上からの景色を楽しめる
紫雲出山遺跡館の喫茶コーナーでも、こちらの3商品を購入することができますよるんるん
 リゾート荘内半島の紫雲出山遺跡館でのお土産情報はこちら



あ、そうそう手(パー)
もう少ししたら、もう1つ新作が店頭に並ぶ予定だそうです。
そちらも楽しみです〜




菓子工房 ナリキ
住 所 :三豊市豊中町笠田笠岡2202-1
電 話 :0875-62-2671
営業時間:9:00〜20:00
定休日 :水曜日(祝日・年中行事によって変更有り)
お店のHPは
こちら



posted by ほんまモンリポーター at 10:03| Comment(0) | おいしいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。