2013年08月17日

西讃プラ模型展示会2013☆〜前編〜


こんにちは!もりいちです!


前回ご紹介しました。財田町公民館で開催されているガンプラ展。
実は、展示会場はそこだけではないんです!→前回記事

三豊市豊中町図書館・エントランスホール(メイン会場)
三豊市民交流センター・エントランスホール(サブ会場)

こちらの場所で8月3日(土)正午〜8月25日(日)正午
で開催中なのが、西讃プラ模型展示会2013(観覧無料)

IMGP7268.JPG

8月のこの時期に毎年開催されているこの展示会。
主催の西讃プラ模型クラブの会員さんと一般応募の方々の
力作約200点が展示されているんですひらめき

ちなみに、この西讃プラ模型クラブ。30〜50歳代の幅広い年齢層の会員さん
約30人の大きいクラブで作品展示や定例会など活発に活動されているんです!

それにしても、僕も昔よくプラモデルを作ったものですが、こちらで展示されている
プラモデルの完成度・クオリティーの高さには舌を巻きます!!
そんな展示会の様子をご紹介次項有


まずご紹介は・・・
サブ会場の三豊市市民交流センター・エントランスホール
IMGP7134.JPG
こちらで展示されているのは、主に車・飛行機・機関車など乗り物
IMGP7138.JPG IMGP7139.JPG
丹精込めてつくられた渾身の力作の数々・・・
IMGP7133.JPG IMGP7137.JPG


そんな中でも、観覧おすすめなのが・・・
会員さんが2ヶ月かけて制作されたボンネットバス
IMGP7128.JPG
過去作品ですが、毎年受けが良くて今年も出品されたこちらの作品。
内装までこだわって作り込まれているんですね〜ぴかぴか(新しい)

ちなみに昭和40年頃、この様なボンネットバスが西讃地区を走っていたそうひらめき
そんな歴史を垣間みることが出来る作品なんです!


そしてもう一つ・・・
会員さんが若かりし頃のバイクに乗る姿を再現したこちらの作品。
IMGP7129.JPG
いかがですか?この躍動感!!
ライダースーツのこすれ具合など、細かいところまで再現された
リアリティーを感じさせる作品です目


これはもはや、芸術作品ですね!
プラモデルの完成度・クオリティーにただただ釘付けです目
そんなプラモデル大好きな方々が力作の数々・・・
是非、観覧してみて下さいるんるん

次回は、メイン会場である。三豊市豊中町図書館・エントランスホール
をご紹介します!お楽しみに〜手(パー)



==============================


三豊市豊中町図書館に来たなら、やっぱりお近くのゆめタウン三豊
毎月第2日曜日はプチ☆みとよマルシェが開催されます!
三豊の美味しいお店がやって来ますよ〜是非お越し下さい☆


より大きな地図で 三豊市エリア を表示


posted by ほんまモンリポーター at 07:15| Comment(0) | ◯秘!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。