2013年09月09日

瀬戸芸秋会期☆アーティストご紹介!〜濱野貴子さん そのA〜

レイナです。

前回に引き続き、瀬戸内国際芸術祭2013
秋会期の粟島において、作品制作に取り組まれている
アーティスト、濱野貴子さんにお話をお伺いしてきました。

◆前回の記事は  こちら


081.JPG



ひらめき今後の取り組みとしてワークショップのお話、お聞かせください

9月の7日と14日の2回に分けて少人数制のワークショップを開催します。
島の方限定で行うので募集はしていないのですが、
映像作品に使う音造りを、実験として皆さんとやってみたいと思っています。

話を色んな方に伺っていく中で、イメージの中心に松林というのがあります。
今、粟島には無くなってしまったんですけど
昔あった奇麗な松林が空間作品の舞台となっています。
そこに皆と行ってみて音造りができたらいいなと思っています。

ひらめき作品のキーワードとなる「なつかしさ」

なつかしさ、という日本語特有の言葉だと思うのですが
何かを見て「あー、なつかしい」と思う感覚があると思います。
そういった感覚というのを私は作品の中で大切に思っていて、
そういった気持ちを感じてもらえたら一番嬉しいです。

粟島について勉強するために集めた資料の中で、
「私共のふるさとに残された先人の話として、
 何でも無い場所が、建造物が、一木一石が、幻想の世界で
 私共になにかしら暖かい憧れと心の安らぎと
 懐かしさをもたらしてくれる事を痛感します。」
という風に書いていた人がいました。これが凄く適切なのかなと思っています。
そういった場所を人に聞いたり、それをまた作品に表現できたらいいなと思っています。


091.JPG


◆濱野さんが手がけた作品を見せていただきました。
114.JPG 116.JPG 

133.JPG  095.JPG


090.JPG



瀬戸内国際芸術祭 秋会期
10月5日(土) 〜 11月4日(月)  HPは  こちら

◆関連記事は  こちら


posted by ほんまモンリポーター at 08:40| Comment(0) | 瀬戸内国際芸術祭2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。