2013年10月24日

太陽の恵みいっぱい! 三豊市にメガソーラー!

古くには仁尾町で太陽博(1981〜83年)も行われ、
今も、太陽の恵みを生かした農作物もたくさんある三豊市晴れ

現在、再生可能エネルギーなども注目を集めている中で、
2MW以上の出力を誇る、大規模太陽光発電所、通称メガソーラーの誘致が
三豊市内ですすんでいます


そして今週また一つ、メガソーラーが運転を開始しました
IMG_3377.JPG

三豊市高瀬町麻地区の山間部にある広い土地に整備されたメガソーラー
IMG_3373.JPG

出力規模  2.35MW(メガワット)
接地面積  約3.4ヘクタール
パネル枚数 14,660枚

年間発電量は260万KW
これは、一般家庭用の電力に換算すると、
約720世帯の年間消費電力に相当するのだとか!


現在、三豊市には約25,000世帯があるそうなので・・・
このクラスの太陽光発電所が三豊市内に35個あると、
全三豊市の家庭の電力がまかなえる計算になりますねひらめき
(とはいっても、これだけの広い土地、今からでは難しいかな〜!?)

こちらで発電された電力は、2013年7月1日に施工された
『再生エネルギーの固定価格買取制度』に基づいて、
全量が四国電力に売電されているそうです
今、目の前の明かりも、ここから届いているかもしれませんね・・・ぴかぴか(新しい)


この場所は、日照面でも、地盤としても、太陽光発電にいい立地だそうです晴れ
IMG_3378.JPG

なかなか、これだけの広さの平地、日照条件、また周辺住宅環境が
そろった土地はないということで、運転開始後も、
予想を上回る発電が期待されているそうでするんるん

posted by ほんまモンリポーター at 18:56| Comment(0) | モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。