2014年01月12日

牡蠣養殖の老舗!詫間漁協!〜その@〜


こんにちは!もりいちです!


昔はあんなに嫌いだった牡蠣が
最近になって、おいしくてハマって
しまっている今日この頃るんるん

またまた、三豊のおいし〜い牡蠣をご紹介します!
今回ご紹介するのは、40年程前から牡蠣養殖に
取り組む『詫間漁業協同組合』(以下、詫間漁協)
DSCN3355.JPG

こちらの牡蠣のおいしさの秘密などについて
かき組合長冨山晴信さんにお聞きしました。
DSCN3366.JPG





ひらめき「詫間漁協かき出荷場」について
詫間町にあります「詫間漁協かき出荷場」なんですが
ここは「かき共同作業場」ということで、牡蠣養殖業を
営む方々が集まって、個々に出荷作業をする場所です。

始まりは40年程前からで、当時は17軒もの牡蠣養殖業者
がいたのですが、現在は過疎化の影響もあり8軒になっています。

共同作業場という形態をとることによって、収獲してきた牡蠣の
クレーンによる陸揚げや洗浄作業、仕分け作業といった出荷までの
一連の作業を合理化しています。

DSCN3380.JPG
DSCN3378.JPG
DSCN3376.JPG



ひらめき『詫間かき』のおいしさの秘密
美味しい牡蠣を育てるには、河からの養分と波の穏やかな場所が大切!
ということで、詫間町三野津湾(津嶋神社の辺り)沖500m程の
ところに養殖筏を設置しています。
NCM_0500.JPG

この辺りは、高瀬川の水が流れ込み波も穏やかなので、牡蠣養殖には好条件!
また養殖の特徴として、設置している養殖筏と牡蠣の種付けを少なくしています。

全体量を少なくすることによって、牡蠣それぞれに栄養が十分に行き渡り
大きくて尚且つ美味しい牡蠣に成長するんです!


さらに今年の牡蠣のは・・・
過去40年で初めてではないかと思う程最高のでき!
きれいで、身入りが良く、焼いても縮まず、臭みもない

非常に高品質なものになっています。
DSCN3385.JPG



瀬戸内の海と河の栄養をたっぷり吸収して
良く太って、臭み無く、縮まないおいしい『詫間かき』
2月一杯、3月初めまで食べれるので、是非一度お試し下さいるんるん

それでは次回・・・
詫間かきお問い合わせなどについて
ご紹介します!お楽しみに〜
手(パー)


=======================


位置情報詫間かき食べるなら「かき焼きとみやま」
「詫間漁協かき出荷場」のすぐ近くです!


より大きな地図で 三豊市エリア2 を表示
posted by ほんまモンリポーター at 11:10| Comment(0) | おいしいもん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。