2014年02月10日

三豊市ものづくり大賞★大賞!株式会社 広立 【多段式多面体リフクレター】その2

レイナです


前回、お伝えした三豊市ものづくり大賞で大賞を受賞した
株式会社 広立の【多段式多面体リフクレター】
◆記事は こちら
 
今回は詳しいインタビュー内容をお届けしますぴかぴか(新しい)
021.JPG


お話をお伺いしたのは
株式会社 広立 代表取締役 松本 義一さん
株式会社 広立 取締役副社長 瀬尾 尊さん
です。

1.jpg
(左)松本 義一さん (右)瀬尾 尊さん

008.JPG



瀬尾 尊さん
にお伺いする
【多段式多面体リフクレター】について
018.JPG


商品名は多段式多面体リフクレターというものです。
平たく言うと、照明用の反射盤の事です。
反射盤の事を英語でいうとリフクレターというのですが、
その形が通常、球面体でアルミニウムでできたものがほとんどです。

弊社が開発したものは、多段式といって4段、5段におりまげたもので
平面的な図形からいうと6角形から12角形までの多面体の形状をしています。
丸くなっていた従来のものに対して、
非常に角ばった、幾何学的な形状になっています。

具体的には、高天井(高さが10メートル以上)についている
照明器具に取り付ける反射盤になります。

要望にあわせて大きさなどの形をかえていき、
建物にあわせてオーダーメイドに作り上げていく。
照明の配置まわりや景気にあわせて提案する形の照明になります

ひらめき従来型との違い

弊社の従業員が商業施設のホールや照明を見た時に、
ダウンライトといって天井に埋め込んだ形の照明があるのですが、
その反射盤は、反射率を上げるために大手メーカーさんなどが
色々工夫した商品がすでに出ております。

しかし、非常に天井の高い位置についている照明と比べてみると
そういう所には低い所で使われている反射盤が使われておらず、
「なんでなんだろう」という所から、調べていくと
大手メーカーさんが参入していない未知の分野になるのだと分りました。

体育館の上についてある照明やグラウンドの照明などは
昔の反射盤になっています。
ここに着目して、色々と形状を変えてみたら
「おもしろいのではないか。」という発想から試作がスタートしました。


3年程前に香川県立体育館のある会社のご紹介で
《照明が暗く、電気代が高くて困っている》という要望を聞きました。
実験的に弊社の試作するものがありますので
つかわせてもらえませんか、とお話し実験的に取り付けた所、
うちの商品を使う事で1000Wのメタルハライドランプを
360Wのものにワット数を落とすことができた。

使用電力が半分以下になり、照度は以前より10%程上がりました。
それを非常に喜んでいただきまして、多段式多面体リフクレターを
もっと力を入れて開発していこうとなりました。


2年程前に『頑張る企業支援制度』というものがあって、それに応募した所
採用していただく事になりました。
三豊市さんの助成金で産業技術総合研究所さんと連携の事業として
技術的なアドバイスをいただくようになりました。

手探り状態で形を作っていたものを、科学的にソフトで解析いたしまして
シュミレーションをした上で制作にかかるという手法が確立しました。
そして、高瀬町にあります、総合運動公園の体育館の照明を全て
弊社の反射盤に変える事になりました。
これも同じく、1000Wの照明が390Wに
ワット数を落とすことができまして照度は30%あがりました。


ひらめき今後の展開

弊社は中小企業という事もありまして中々全国へは発信しにくいのですが
観音寺市の建築家の方にも注目していただいています。
丸亀氏、善通寺市などでも弊社の反射盤が使用されています。

営業していく中で、「LEDに対応できないのか」という声をたくさんいただきました。
従来、LEDへの対応はできないかったのですが
新しいタイプのLEDが開発され、
その商品には弊社の製品がぴったりという事で対応可能になりました。
今までの高天井だけでなくて、低い所の工場や倉庫などでも
利用可能になっていくのではないかと思います。


今回、特許の取得も意匠登録もする事ができました。
これらを元に、シンガポールでや香港などにも輸出する準備も現在しております。


三豊市市長もおっしゃっていた、
『日本を見据えるならば世界を見据えていくと
日本っていうハードルは低くなる』
という事に非常に共感できるものがありまして
常に高い所に目標をおいて、チャレンジしてゆく。
というのが社風にもなっておりますので
失敗を恐れずにしっかりと
挑戦していきたいと思っております。







三豊市ものづくり大賞、大賞を受賞した
株式会社 広立の【多段式多面体リフクレター】
インタビュー内容、次回へ続きます!お楽しみに〜手(パー)ぴかぴか(新しい)
posted by ほんまモンリポーター at 07:00| Comment(2) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、散歩時によくこの会社の傍を通るんですが、社員の方たちの真面目さ、礼儀正しさに感銘を受けています^^ それも、社長さんの事業へのポリシー、というか、絶えざる研究心、チャレンジングな姿勢にあったんですね!
ところで、「広立」って社名の由来、前から知りたかったんですが♪…
Posted by リタイアマン at 2014年02月10日 08:53
リタイアマン様

社長さんの仕事に対する真摯な姿勢が
しっかり社員の方々にも伝わっているんですね♪

まさに大賞にふさわしい企業ですね!
そして、この「広立」という社名ですが
「広く立つ」という意味が込められているそうです。
Posted by もりいち at 2014年02月10日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。