2014年03月02日

安心して暮らすための地域コミュニケーション!


こんにちは!もりいちです!


3月1日(土)
マリンウェーブにて

安心して暮らすための地域コミュニケーション
と題しまして、三豊市消費者行政活性化事業講演会を
TBSアナウンサー兼TBSアナウンススクール校長の
吉川美代子さんを講師に招き開催されました!
IMGP0961.JPG

テレビ番組にも多数出演し、多忙な吉川さんの
お話を三豊で聞けるなんてめったにない機会。
これは是非聞きたい!と思い行ってきました次項有



「人々が安心して暮らす為に、地域コミュニケーション
がいかに大切か。」
ということを様々な例を交えて
ご講演頂いた内容をご紹介します!
DSCN3705.JPG

ペン「万引き」について
日本の万引き被害は世界的にも高く
香川県下の万引きの認知件数というのは
なんと全国のワーストを争う程なんです
ふらふら

認知件数とは、警察に被害の届出をした数
ということなので、裏を返せば万引き被害に気付き
届出をし、警察がしっかり対応しているという
防犯意識の高さ故の、認知件数の高さとも言えます。

また万引きというのは、意外と見過ごされがちで
小売店が万引き被害に気付かなかったり、気付いても
少ない被害なのでそのままにしてしまったりということがあります。

しかし万引きは窃盗罪であり、ちょっとした
ことでもしっかり対応して行く必要があります。

昨今では、万引きや窃盗などの犯罪が大きな社会問題
なってきており、こういった問題に対応して行く為に
全国万引犯罪防止機構という組織も設立されました。



ペン「万引き」を始め軽犯罪への対応
割れ窓理論とは?

例えば・・・
建物の窓が割れたままに放置されている
→その周辺はどうでもよい場所というイメージを与える
→ゴミのポイ捨てや不良のたまり場になる
→泥棒や強盗などの犯罪が起きやすくなる
→治安が悪化し地域が荒廃していく


このことから分かる様に、窓が割れているという様な
ちょっとしたことから、犯罪の増加・凶悪化、治安の悪化などに
つながっていってしまう。


なので万引きを始めとした犯罪を軽く見ていては
いけないということ。こういった問題にしっかり
対応することが、治安を守ることにつながるんです!

アメリカのニューヨークは、かつては治安の非常に悪い都市
でしたが、この割れ窓理論に基づいて、小さい犯罪の芽を
つぶしてきたことにより、安全都市になりましたひらめき



DSCN3711.JPG

ペン「万引き」防止の為に
小売店などで、万引きを抑制する上で効果的なことは
防犯カメラのや防犯セキュリティの設置ではなく
お金も手間もかからない「接客」なんです!

万引きをしようと考えている人は、店員さんに挨拶されて
接客されると自分が認知されていると感じてしまい
万引きできにくくなります。
コミュニケーションをとる
ということが重要なんですねひらめき

そして、犯罪者の多くは過去に万引きの経験があり
ちょっとした万引きが大きな犯罪を犯してしまうきっかけに
なってしまっています。

そのことからも、万引きを
「しない・させない・見逃さない」
ということは、とても重要なことなんです!



ペン安心して暮らす為の地域コミュニケーション
そして、コミュニケーションは地域社会を守る為にも大切。
地域住民それぞれが地域社会を意識し、目を光らせ
お隣さんの異変に気付き、何かあれば警察に届出をするなど

日頃から住民同士。住民と警察がお互いにコミュニケーションを
とることが大切なんです。
一番はやっぱり「あいさつ」をすること!

地域社会を犯罪から守り、安全・安心に暮らす為に
「心配する・見守る・思いやる」
の気持ちを持ってコミュニケーションを大切にして下さいねひらめき



========================

人と人のコミュニケーションには
相手がとりやすい言葉のボールを投げることが大切!
吉川美代子さん著書の「愛される話し方」おすすめですぴかぴか(新しい)
posted by ほんまモンリポーター at 08:51| Comment(0) | ◯秘!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。