2014年03月04日

三豊が誇る伝統!生里百々手祭 〜其の弐〜


こんにちは!もりいちです!


前回に引き続き
三豊が誇る伝統文化
生里百々手祭をご紹介します!
IMGP1310.jpg

「神の矢」の次は、厄払い(33歳・42・61歳)
ここから一気に盛り上がっていきますダッシュ(走り出すさま)
IMGP1311.jpg




まずはお祭の主役である42歳(大厄)と33歳の「厄払い」
この厄払いが始まる頃には、いつの間にやら神社は観客で一杯目
IMGP1410.jpg
IMGP1406.jpg




厄年の人の名前が読み上げられて
その人の扇子を矢で打ち抜き厄を払います!
423.JPG

当たれば歓声わーい(嬉しい顔)外せば罵声ふらふらとヤジの飛ばしあいがすごい!!
さすが別名「けんか百々手」と呼ばれるだけあります。
524.JPG

そして最後には、たくさんの「お花」が舞います。
そのお花の量がすごいこと!おどろきです!
468.JPG





そしてお昼になるといったん「昼食行事」を挟むのですが
その時に披露される頭屋さんによる「伊勢音頭の踊り」
がとってもユニーク!

木に「安全祈願」などと書かれた短冊を結んだものを
担いでほっかむりして、太鼓の音に合わせて踊りまするんるん
556.JPG
664.JPG


そして、再び「厄払い」
今度は61歳の人の厄を払います!

その後もまだまだ続きます次項有




=====================

ペン生里百々手関連記事

ペン三豊の百々手祭関連記事


より大きな地図で 三豊エリアA を表示


posted by ほんまモンリポーター at 07:55| Comment(0) | 伝統文化 & お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。