2015年01月31日

漂流郵便局 〜今ある姿〜

さくらですかわいい

ずっと追いかけてきたアート作品の一つ
粟島の『漂流郵便局』ぴかぴか(新しい)

DSC_0453.jpg

2月4日頃に、書籍化されることが決まり、今からワクワクします♪
どんな本に仕上がっているんだろう・・・

 ひらめき書籍化、ご紹介の記事はこちら


ということで、産業政策課 三木愛珠さんにお話を伺いました。

瀬戸内国際芸術祭2013秋会期に作品だった『漂流郵便局』。
芸術祭期間中、1カ月だけの開局予定だったものが、
芸術祭が終わった後にも、漂流郵便局宛の手紙がたくさん届いたり、
再開を望む声をたくさんいただきました。
その声にこたえるように、2014年2月から月2回、開局をしています。

芸術祭期間中に届いた手紙は、400通だったものが、どんどん届き続けて、
1年経った今、3600通くらいの手紙が届いています。
そして、この1年で、2000人を超える方が、
実際、漂流郵便局に来てくれています。
634-thumbnail2.jpg

全国放送のTVや新聞でも取り上げられたので、
東京からヒッチハイクで来たり、九州から夜行バスで来たりと・・・
県外からもたくさんの方にお越しいただいています。

届け先のわからない手紙と言うことで、
『なくなった方当ての手紙』、『昔好きだった方へ』、『未来の自分宛』、
または、物宛の手紙も結構ありまして、
『壊してしまった古い家へ』、『なくしてしまった財布へ』
などの手紙などもあります。

悲しい気持ちを告げる手紙もあったりするんですね。
でも、その気持ちを書き出すことで、
新しいスタートを切ることができたと、思いがけない喜びの声を
いただくこともあります。


そして、開局日に漂流郵便局を開けてくれている中田郵便局長
630-df954-thumbnail2.jpg
笑顔が素敵で癒し効果いっぱいで、
中田さんに会いに来ましたという方もたくさんいますハートたち(複数ハート)
実際、中田郵便局長あてのファンレターも来ているんですよ黒ハート


いろんな楽しみかがあるんだなあと、感じています。
自分が出した手紙を探しに・・・という方が来て、
何時間も、自分の手紙を探していらっしゃいました。
見つけた時は喜んでいました。
また、TVで手紙の一つが紹介された時に、
『あ、この手紙は私宛だ』と、
受け取り手の方が気がついて、実際に手紙を探しに来ました。
筆跡などを見て、『自分宛だ』と確信できたと喜んでいた方が印象に残っています。

書籍化へ向けての話は、昨年、出版社の方が漂流郵便局に来た時に、
たくさんの方が、真剣にここで手紙を読んでいる姿を見て、
この手紙に託された想いを、形にして届けたいということで、
話が進んで行きました。


MPO表紙最新web-208x300.jpg
本の内容
・69通の手紙のご紹介
・漂流郵便局ができるまでの道のり
・アーティスト久保田沙耶さんの想い
・局内のしつらえ
・中田郵便局長のエピソード
・粟島のご紹介
など、盛りだくさんの内容となっています。




アート作品として始まった漂流郵便局でしたが、
ここに手紙を送ることで、『ようやく気持ちがいやされた』と
喜んでくれる方が、たくさんいらっしゃいます!
そんな不思議な空間となっています。
是非一度、足を運んでみてください!
IMGP8029-thumbnail2.jpg


<<2月スケジュール>>
☆出版記念開局
日時:2月7日(土) 午後1時〜4時
中田局長と久保田局員(著者 久保田沙耶さん)が漂流郵便局に在局し、
ご希望の方には本書に2人がサイン致します。
そして、2月の通常開局は、この2日間の午後1時〜午後4時

☆通常開局
2月14日(土) 午後1時〜4時
なんと バレンタイン

2月28日(土) 午後1時〜4時
この日は、粟島の百々手準備のため、
中田郵便局長はおりませんが、力を合わせて開局します!


============================
2月の特別開局日など、須田港周辺の駐車場が混み合う可能性もあります。
公共の交通機関などをご利用いただき、
お時間に余裕を持って、お越しください。

 船粟島汽船スケジュールはこちら

[ここに地図が表示されます]


posted by ほんまモンリポーター at 12:59| Comment(0) | ◯秘!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。