2015年09月29日

必見『竜宮、暁のきみ』凱旋上映は10月2日(金)まで




まんまるおつきさまやどんどんはだかんぼになっていく田んぼ
自然のこえに傾ける耳が豊かで少し騒がしいおとひめななこです*


イオンシネマ綾川で凱旋上演中の『竜宮、暁のきみ』
この土日には、恐れ多くも舞台挨拶で参加させていただきましたが
「観るのは5回目です」というリピーター様から、メディアを通して
「初めて観ます」というはじめまして様まで、たくさんの方にご来場いただきました。

071445B0-3865-474B-8835-2EBBDC8C2CC6.jpg

上演初日には、三豊市出身の落語家・桂こけ枝さんや
香川県が誇る映画監督・香西志帆さんとご一緒させていただいての
トークショーで緊張しましたが、楽しかったです。
平日も飛び入りゲストもおもいつきで出現?!の予感?!

8AB7F3D3-1F1A-4154-BC3A-F23A5DA3B593.jpg


D41D1296-2D48-4234-8804-93BEC9B989BF.jpg


あたし個人としても「先週は八朔人形まつりでお見かけしました。」
「映画のなかでも登場されてましたね。」とありがたい言葉を
たくさんかけていただき、青木監督といろんなお話をさせていただく中で
とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。
(乙姫ななこのサインも考えましたハート(トランプ))

4A2EA779-57DC-4A22-B6E2-48C4B2807108.jpg

6BF5D91C-0C14-44A5-B1DF-B3A086BDF38F.jpg


3年前に三豊市を主なロケ地に撮影された映画。
今回、改めて見返すと以前に観た『竜宮、暁のきみ』とは違ったカタチで
この映画にに寄り添えたような気持ちがしています。

登場人物の"誰に"寄り添うか。"荘内半島"という場所が自分にとって
どんな場所であるのか。そういった視点でもそれぞれの心に響くものが
ぜんぜん違っているんだなぁ、と感じられるものでした。
自然が目に、耳に、鼻に、肌に、心に語りかけてくるのが心地よくて
観るたびに、あたしの中へそっと玉手箱を置いていくこの作品。
10月2日(金)までイオンシネマ綾川にて凱旋上映中です。

2015年9月29日(火)@11:40〜


2015年9月30日(水) @11:40〜 A19:00〜 


2015年10月1日(木) @11:40〜 A19:00〜 
(ちょっとお得な映画の日◎ファーストディ)

2015年10月2日(金) @11:40〜 A19:00〜 

物販ブースも充実しているほか、平日限定の特別キャンペーンも実施中です。
詳細は『竜宮、暁のきみ』HPをご覧ください。


生まれた地でちゃんと落ち着きたい。なにより、たくさんのご縁で
カタチになったこの作品を観てほしい。そんな気持ちで
最後のスクリーンでの上映が実現しました。

そして、浦島伝説という地元の財産・歴史に触れるいい機会でも
あると感じています。子どものころに読んだ浦島太郎・他人が描く浦島太郎
今の自分が感じる・考えられる浦島太郎。
きっと生きているなかで誰もが竜宮城に足を踏み入れたり、そういう幸せの
あとに待ち受けることに、いろんな想いを馳せたりしてるんだろうなぁ。


◎上映会場◎
イオンシネマ綾川
〒761-2304 香川県綾歌郡綾川町萱原822-1 イオンモール綾川3F

上映スケジュールなど、イオンシネマ綾川ホームページでもご確認いただけます。



2014年度の公開時に好評を博した
「竜宮、玉手箱企画=日替わりプレゼント」も引き続き行われます。
今回は日替わりではなく、お土産をふたつ、来場者のみなさんにプレゼント!

@荘内半島の伝説童話「浦島の太郎さん」(著:重野清)

4732591E-EAC2-4701-8578-5374B8F64038.jpg

荘内半島の浦島伝説の研究にご尽力され、一昨年に亡くなられた、
故・重野清さんの成果を再編纂し、解説を加えてまとめた冊子です。
この原書は今現在、香川県立図書館に一冊しか所蔵されておらず、
地域や次世代にとっても非常に文化的価値のあるものとなっています。


A竜宮オリジナルえびせん(協賛:志満秀)

3FF324B4-AC17-4BBD-903B-E8AF11DECABB.jpg


竜宮パンフレットも物販ブースにて香川県初お目見え!
目玉は撮影裏話満載の監督&石田法嗣&谷内里早の特別ロング対談!
撮影の裏話・それぞれの個性がきらきらと輝く赤裸々なパンフレットです。
映画を観終えたあとに、ぜひ読んでいただきたいな。

『竜宮、暁のきみ』オリジナル手ぬぐいや、この作品のために
三豊市在住のアーティストが紡いだ音のサウンドトラックも好評発売中。
時代をこえて、世代に隔てなくお楽しみいただける作品の記念にぜひどうぞ。

F57A2178-7712-46AE-A322-80DFAB2387EF.jpg


撮影が行われた3年前に在った場所が今は姿を変えていたり
忘れられそうになっていたり。そういう"時"の流れとある意味での
儚さ&大切さを感じるシーンもしばしば。

美しいだけじゃない自然や人のすがたと、
改めて考える自分の"在る場所"というものを感じに、
ぜひイオンシネマ綾川へおこしくださいね。

よくお見かけするあの顔や、ご近所のあのかたや
そしてちょこっとエキストラ出演させていただいたおとひめななこも
捜してみてくださいね。お待ちしております♪




posted by ほんまモンリポーター at 08:33| Comment(0) | ◯秘!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。