2016年08月19日

宗吉かわらの里展示館 ゴジラ展



ただいま映画でも人気のあのゴジラが、
三豊市三野町に大集結!!!
DSC04496.JPG



8月9日(火)〜10月10日(月祝)
竹内しんぜん
フィギュアで綴る ゴジラ展
DSC04497.JPG

竹内しんぜんさんの制作した歴代ゴジラ等のフィギュアを
約20点展示してあります♪
DSC04498.JPG


細かいところまで、かなり正確に作られているそうで、
映画のストーリーや細かい違いを知っている方には、
たまらない楽しさなんだそうです!
DSC04493.JPG

小さなメモに解説がありますが、
読みながら、小さな違いなど発見してください!
DSC04495.JPG

*本来は「撮影禁止」ですが、特別許可をいただき、撮影しました。



このゴジラたちを手作りされた、
造形作家の竹内しんぜんさんにお話を伺いました♪


今回、20体くらいのフィギアを展示をしています。
ゴジラだけではなく、敵のキャラクターもあります。

一体の怪獣、恐竜などを作るのに、
最低1カ月、だいたい半年に数個できたらいいなというペースです。

フィギア展というと、
できたモノが並んでいるところをイメージするかもしれませんが、
本当は、世の中にあるものはすべて、
誰かの手を通して作っているということを思い出してほしいです。

今回、会場となっている宗吉かわらの里の瓦も、
昔、誰かが、この場所で粘土を掘って、瓦を作っていた場所です。

そして、私が作るフィギアも粘土から作られていて、
同じ粘土で、作っているという共通点があります。
昔の瓦の作り方なども調べていくと、
型に押し付けたりなど、今、粘土で作品を作る時と共通点があったりして、
昔の人も同じことをしているんだなと思ってもらえたらと思います。

ゴジラも、時代ごとに変化をしていて、
足の数、背びれの数、表情なども映画によって違います。
ゴジラも同じところを探すほうが難しいくらいです。

親子で来たら、お父さんお母さん世代のゴジラ、最近のゴジラなど、
いろんな違いを探して楽しんでもらうこともできます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宗吉かわらの里展示館/宗吉瓦窯跡史跡公園
DSC04500.JPG

住 所 :香川県三豊市三野町吉津甲153−1
電 話 :0875−56−2301
開館時間:9:00〜17:00
休館日 :月曜(祝日の場合:営業・翌日休館)
入館料 :100円(中学生以下、65歳以上は無料)

公式HP:http://muneyoshi.sun-age.or.jp/
これまでの詳しい取材の様子はこちら


posted by ほんまモンリポーター at 11:05| Comment(0) | 行事予定!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。