2018年12月27日

第10回 三豊市ものづくり大賞 審査結果発表♪

さくらです

2018年12月25日(火) 
第10回 三豊市ものづくり大賞表彰式が行われました♪

三豊市ものづくり大賞とは?

産業振興に功績のあった中小企業と個人を表彰することにより、
ものづくりの成果を披露し、継続的なものづくりへの機運を高めることを目的に、
平成21年度より三豊市内で新しく作られたものの中から、
優秀なものを表彰をしている制度です。


第10回 三豊市ものづくり大賞

DSC08866.JPG

◆大 賞◆

 仁尾産商株式会社
「本格手焼き車海老せんべい」

DSC08865.JPG


「車海老」をまるごと使用し、本格的な手焼き方法で、
1枚1枚、丁寧に焼き上げた「車海老せんべい」です。

原料は、車海老・でんぷん・塩の3つのみで仕上げていて、
安心安全で、そして程よい薄さとぱりぱりの食感がたまらないおいしさです!

原料のうちの、車海老、塩ともに、三豊市仁尾町にある自社の商品を使っていることも、
大賞受賞の一つの理由となりました!


来年、2019年で、創業100周年を迎える
仁尾産商株式会社 代表取締役 塩田健一さん(左)にお話を伺いました。
DSC08847.JPG


仁尾産商としては、4年前に「オリーブ車海老」で大賞をいただき、
今回は、その海老を使った商品で、2度目の受賞をさせていただきました。

このものづくり大賞をいただいたことで、
「オリーブ車海老」がギフトとして、商品の価値も上がりました。

車海老の養殖は、現在香川県内では仁尾産商1社のみとなっています。
生き物である海老を育てるために、病気になったり薬を使ったりすることのないように、
常に池をきれいに保つ努力など、なかなか大変なところもあります。

今、お歳暮のこの季節は、一番忙しい季節となり、
社員全員、出荷、梱包、配達と、すべての業務を担当します。
社長自ら、配達に出ることもあります!

今回受賞した「本格手焼き車海老せんべい」は、
1年以上、材料の配合や味加減、焼き方などを研究し、完成しました。
この薄さと食感を出すために、配合にはとても苦労しました。

車海老を丸ごと、味噌も殻も一緒にミキサーにかけ、
でんぷんと塩を入れて、一枚一枚手焼きしています。
2キロのせんべいを作るために、2キロの車海老を使っていますから、
とても贅沢なせんべいです。
これも、車海老の生産者だからこそできる商品です!

車海老というと、高級でちょっと敷居の高いものと思われているかもしれませんが、
今年作った車海老を使ったせんべいや、オイルなどのいろいろな商品を通じて、
車海老のおいしさを知ってもらい、また通年、いつでも手に取ってもらえるようにしています。



スタッフの皆さんと表彰されました♬

DSC08835.JPG

DSC08842.JPG


ぜひ、大賞受賞の「本格手焼き車海老せんべい」ご賞味ください!

現在、購入できるのは、下記の通りです。
〇仁尾産商 公式HP
〇仁尾産商 コンセプトショップ&Cafe「にがり衛門」(三豊市仁尾町)
〇高松空港


本当に、やめられない、止まらない、おいしさですよ♪
DSC08863.JPG

にがり衛門ご紹介の記事はこちら
コンセプトショップ編
スイーツ編


コンセプトショップ&Cafe にがり衛門

DSC08580-86798-thumbnail2.jpg

住 所 :三豊市仁尾町辛1番地
電 話 :0875-23-6655
営業日 :2018年中は無休 (年末を除く)
     *2019年以降は改めてご案内あり
営業時間:午前10時〜午後4時頃
公式HP :https://olive-kurumaebi.com/


posted by ほんまモンリポーター at 08:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。