2019年09月19日

今年の芸術祭も運行決定! 粟島を走ります「一昨日丸」


9月28日(土)から始まる瀬戸内国際芸術祭2019秋会期!
 〇公式HP:https://setouchi-artfest.jp/

三豊市粟島も、アート展示の舞台となります。
 〇公式HP粟島紹介ページ:https://setouchi-artfest.jp/artworks-artists/artworks/awashima/


2013年の瀬戸内国際芸術祭から、粟島発のアートの一つでもあった「一昨日丸」
2019年の秋も、海に浮かぶ美術館「一昨日丸」として粟島を運行します!
IMGP7846-thumbnail2.jpg


現在は、仁尾町の無人島「蔦島」を結ぶ定期船として使われている「一昨日丸」
今週末、芸術祭の粟島に行く前に、船底を刷毛で塗るペイントワークショップを実施します。

IMG_7881-thumbnail2.jpg

 〇2016年の塗装作業の様子はこちら
 〇三豊市エコバックのデザインにもなっている「一昨日丸」はこちら

日時:9月22日(日)午前10時〜
 ※雨天時は23日(月祝)午前10:00〜に順延。
  順延時の連絡は当日9:00までにします。

場所:仁尾マリーナ (住所:三豊市仁尾町仁尾己918−12)
料金:無料
定員:20名
持ち物:動きやすい格好、飲み物、暑さ対策(帽子など)

申し込み先:三豊市観光交流課(0875-73-3013)
      電話で、参加者の氏名と人数、連絡先(電話番号)をお知らせください。



そして、ペイントされた「一昨日丸」は、粟島へ運ばれます!
芸術祭期間中、「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」の1つとして、海の遺物が展示される海に浮かぶ美術館「一昨日丸」は、お客様を乗せて、粟島の海にでます!

IMGP7845.jpg

出発場所:粟島海洋記念館前の桟橋
開催日 :9月28日(土)〜11月4日(月祝)期間中の土日祝日
出発時間:11:30発/ 13:15発/ 15:00発で運行
      (ただし10月5、12、19日は休み)
運 行 :1回30分程度
定 員 :20人
料 金 :1,000円 


粟島海洋記念館
DSC05107.jpg

【関連する記事】
posted by ほんまモンリポーター at 10:01| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。