2020年08月31日

まんまのもりの活動とは・・・!?

こんにちは、ひとみです🍀

こどもおとな食堂の活動を中心に、みんなの心地いい居場所作りをしているまんまのもり

昨日は、まんまのもりがどのように誕生したかご紹介させていただきました。




資金も何もないところから初めて、完全にボランティアで運用しているまんまのもりの活動。

食堂を開催できる場所や食材探しから始まりました。



まずは、子ども食堂ネットワークに登録。

その中でフードバンクを利用して、食材を集めます。

*フードバンクはフードロスを減らし、食べ物を生活困窮者に配給する団体です。



けれども、それだけではなく、できることなら、地元のものを、旬の無農薬のものを、手作りのものを。そんな想いで活動を続けてご縁が広がっていきます。



現在、まんまのもりの広報担当として、まんまのもりに欠かせない存在となっているRさん(通称いりこさん)がメンバーに入ったのは、味噌汁のお出汁に使うためのいりこを分けてもらえないか相談しにいったことがきっかけでした。


AC70BEC2-D749-452B-A1C7-28D8C3A5E5E4.jpeg



共栄冷凍水産株式会社にお勤めのRさん、話を聞いてすぐ社長に掛け合ってくれたそうです。

すると、そういうことなら、なんぼ必要なんや!?って心良くいりこの提供をしてくれたそうです。


BF96CC15-D2A1-4F12-AF10-AF14271CA68F.jpeg

たっぷりのいりこの出汁で作るお味噌汁。


自家菜園されているお家から、お家では食べきれないお野菜が届き、

「必要なお野菜が有ればつくるから言ってね。喜んでもらえるのが楽しみだから」

と声をかけてもらいました。



篠原菓子舗さんからは餡子がとどけられ、おはぎづくり。

350F88C5-372D-4B78-B140-D1577D01B46B.jpeg



無農薬のお野菜をあつかっている、さぬきこだわり市さんから、規格に外れてしまって商品にできないお野菜が届くこともあります。



そんな風に多くの繋がりで食材が集まりだしたのは、きっとこの三豊の地ならではなのでは・・・

失われつつあるように感じていた地域の繋がりやあたたかさがしっかり残っています。

そんなことを実感したと話してくれたメンバーのMさん。

その繋がりを見出せたのは、メンバーの熱い想いがあるからこそだと感じました。


CCAC50C6-3822-4C35-96E9-8D299EF54C60.jpeg


その輪は食材だけではなく、活動をお手伝いしたいというボランティアさんや、お手伝いしたいけれど今は難しいからと基金を提供してくれる方もいらっしゃいました。





食堂も、最初はお友達や知り合いにお知らせしたり、声をかけたりするところから始めました。

メンバーみんな、初めてのことばかり! やり方は試行錯誤で進めてきました。




最初は食事をただ単に提供する形でした。

お客様の方も、「こども食堂」というイメージが分からず、レストラン感覚で来られるお客様もいたりしたそうです。

それでも、少しずつ体験型に変えて、来てくれる方にも、この場所がただのご飯を食べる場所ではないということが伝わり出してきたようです。




食べに来た人が、一緒にご飯の準備をしたり片付けを手伝ったりして帰ってくれます。

お家で子どもと11、準備するのも、片付けするのも余裕がないけれど・・・

ここでは、片付けを手伝っている間、そこへきている別の方が子ども達と遊んでくれていたりします。


まるで大きな家族みたい!


それは、まんまのもりの中心メンバーも同じです。

ご自身にも、小さいお子さんがいらっしゃる方が多くてびっくりしました。



「小さいお子さんを見ながら、ボランティアで活動することは大変なのでは!?」



もちろん、日々の生活をされながら、活動することは、大変なこともたくさんあるようです。



最初は資金の持ち出しもあったり

やりたいことに時間はいくらあっても足りない!



けれども、お母さんが活動に夢中になっている間、子ども達を見守ってくれる、たくさんの目があることがとてもありがたいと話してくれました。



他の子どものお兄ちゃんがご飯をたべさせてくれていたり、一緒に竹を切る体験を手伝ってくれるおじさんが来てくれたりします。


4E53A43A-F45F-4871-90E7-6DAA6C23DC9E.jpeg

たくさんの方と出会い、感じたことは、その子どもにとっても財産になる!

そこでできた繋がりは、きっと子どもたちのこれからの支えになってくれる!


得意なことも、やりたいことも少しずつ違うメンバー達。

メンバーの中で1番若いA君は

『若者の居場所を作りたい。』とまんまのもりに参加して、

こどもおとな食堂の日に別の方向からアプローチをする企画をしていました。



それは、若者の居場所だけでなく、世代を超えた交流の場にも繋がりました。



こどもおとな食堂という食をひとつのきっかけに、

本が好きな人、

ボードゲームが好きな人、

音楽をする人、

学習支援をしたい人、

4D4AEDE6-B311-4C07-9202-BA9A5BA3575F.jpeg

それぞれがそれぞれの持ち味をいかして、無理せず自分がやりたいことをお互いに助け合いながら楽しんでやって広がっている。

そんな姿勢がとても印象的でした。




みんなすごく熱い想いがあるけれど、話を聞いていると感じる独特のゆるさと暖かさ。



それぞれが違うことを認めてあって受け入れて、

まさにそのまんまでいいんだよ!

まんまのもりの精神だなぁと感じました。



9BE025E9-C3C7-4A78-8285-B2E0C6DF1D90.jpeg

私が取材させていただいた1月は、6回目のこどもとおとな食堂の時。



回を重ねることにチラシを見てや口コミで来てくれる人も増えてきたのをメンバーも実感してきていました。

性別や世代を超えて、ここでは小学生の子と、大人が一緒にゲームをしたり、お手伝いしたり。


ゆくゆくは、回数を増やしていきたいなとか、

もっとそれぞれの町内に、学校帰りにふらりと立ち寄って、

みんなで勉強をしたり、

みんなでご飯たべたり

みんなの拠り所を作りたい!


夜ご飯食べられる場所を作りたい!

学習支援をしたい!

自分たちで畑もしたい!

自分たちで作ったお野菜でご飯をつくりたい!

お味噌をつくったり...!


これまでの活動が実を結びはじめ、これからの広がりが楽しみだったところに直撃したのが新型コロナウィルスでし



次回は最終回、コロナの中での活動とこれからの展望をお伝えします。

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-1.jpg

39606_E381BEE38293E381BEE381AEE38282E3828A2020E59593E799BAE38381E383A9E382B7E8A882E6ADA3 (1)-2.jpg

まんまもりの詳細は まんまのもりFacebook





posted by ほんまモンリポーター at 17:44| 香川 ☁| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。