2019年06月26日

三豊市の『とある葡萄畑』の今のお話♪

こんにちは、ひとみです🍀

これからの季節美味しいフルーツがたくさん♬
ももや、琵琶や葡萄🍇三豊市には美味しいフルーツがたくさんあります


こだわって美味しい果物を作られている生産者さんがたくさんいらっしゃる一方で、生産者の高齢化や後継問題など、耕作放棄地の問題も増加しています。


今日はそんな三豊市の片隅の小さなお話の紹介です。



こちらのハウスは、生産者さんが病気になられて、2年前に管理ができなくなってしまいました。
管理される方がいなくなるとハクビシンやイノシシが出没しその近くの民家や畑も荒らされてしまいます。




そんな葡萄のハウスを使って自分たちで葡萄を作ろう
そうして仲間を集って去年から葡萄作りを始められた方達がいます。


メンバーには、自家菜園をされている方はいるものの、農業を専門でされている方はいらっしゃいません。葡萄の栽培も初めての方ばかり!
共通項は「食いしん坊」でしょうか?
美味しい葡萄を自分たちの手でと集まったメンバーです。



去年は草ぼうぼうだったハウスの中の手入れからはじまり、自分たちのできることから。
それでもとっても甘くて美味しい葡萄がたくさん食べられました。



メンバーはお友達伝いに集まって現在11名。週末の早朝を中心に、来れる人たちで葡萄の管理を続けています。



葡萄の管理が本格的に始まるのは5月初旬から。それからは毎週末作業を続けています。



蔓を誘引したり、剪定したり、参加してみると葡萄作りは本当に手間がかかると実感。
それでも、早朝の葡萄畑はとっても気持ちいいんです。




IMG_4126.JPG

現在の作業は、葡萄に袋掛け売る前の実の剪定。


IMG_4130.JPG


ぎっしりついている実を切り落とすのは勿体無い様に感じるけれど。
まだまだこれから大きくなって来るので、よそを向いている実や
奥にある実を剪定して、一つの房に30〜40粒程度にしていくのです。


IMG_4131.JPG




IMG_2556.JPG


5月の始めまだまだ小さな葡萄の粒。

IMG_3889.JPG

雨の日の作業。破れたハウスの中では傘をささないといけない場所も。



73F212B3-4EC7-42CE-A008-F3C5B3B9422A.JPG


朝日の中で、随分大きくなってきた葡萄。
来るたびに成長が感じれるのも喜びです。



IMG_4134.JPG


作業の合間にみんなで朝ごはん。
これも楽しみの一つ。






4906D521-C47A-4BD7-8479-5F315C7A0888.JPG

葡萄棚の下の一服も気持ち良いね。




IMG_4112.JPG


朝日に照らされた葡萄は本当に綺麗。





IMG_4105.JPG


今年は、立派な房についた葡萄が食べたれるようにを目標に、いつかは、自分たちの葡萄を市場に出そうという夢もあるそうです。


手間暇かかる葡萄の作業。それでもたくさんの仲間と一緒に、そして食いしん坊精神で楽しんでされている様子が印象的でした。
普段は農作業することなどない方も多く、朝の葡萄との時間は日常からの良いリフレッシュになるそうです。



たくさんある耕作放置地に、楽しいから始められる、こんな活動が増えていったら良いなぁと感じました。










posted by ほんまモンリポーター at 06:33| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

今の季節ならではのオススメ! 紫雲出山のあじさい&志々島のウバユリ

曇り空の続く梅雨の季節に入りましたが、この季節だからこそ楽しめるスポットもあります!

三豊市からは、この季節だけのお花が楽しめるスポットを2つ、ご紹介します。

まずは、三豊市詫間町の紫雲出山山頂。今まさに、紫陽花がきれいに咲き始めています。
IMG_4760.JPG


紫雲出山駐車場に車を置いて、山頂まで7分ほどの道を、山頂を目指して歩いて行くと、大人の顔よりも大きいくらいの紫陽花が咲くアジサイロードが続きます。
IMG_4731.JPG

IMG_4719.JPG

淡い色のブルー系、紫系のアジサイが多く、優しい色合いが楽しめます。

満開になってからも1か月くらいはアジサイが楽しめるということで、今年も7月中旬くらいまで楽しめると思いめます。咲いている1か月のうちに、あじさいの色も少しずつ、濃い色に変わってきますので、一度だけではなく、何度も山頂を訪れてみると、色の違いが楽しめるかもしれません!

あじさいに囲まれた写真や、あじさいからひょっこりと顔を出した写真など、インスタ映えしそうなスポットを探してうろうろするのも、楽しいですよ!
IMG_4729.JPG

<紫雲出山>






そして、もう1つは、三豊市詫間町から船で20分の志々島! 樹齢1200年と言われる、神秘的な大楠で有名な島ですが、この季節だけ、大楠を取り囲むように「ウバユリ」 が咲きます。
320DB4BD-A135-4B0D-8B4B-CCE4931E42B2-thumbnail2.jpg

すらりとした茎の上に、真っ白いユリの花が何輪も咲いていて、大楠と一緒にあちこちから写真を撮りたくなります。
842E9660-F312-4EA9-AB4C-89D75565EEC7-thumbnail2.jpg

013998D7-0068-46F6-BD7E-64F798E2AEA1-thumbnail2.jpg

7月1週目くらいまで楽しめるのでは・・・ということですが、雨も続いているために、蚊やハチも出てきていますので、こちらへは長袖長ズボン、虫よけ対策もしっかりして、向かってください!
志々島へは、三豊市文化会館マリンウエーブ横の宮ノ下港から、1日2往復の船で片道20分程度の船旅です。

 ◎宮ノ下港〜志々島定期船 

 <宮ノ下港>


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

【インスタレポ】森の中にいるようなカフェ♬ 「森のアウル」

【森の中にいるようなカフェ:森のアウルセットランチの紹介】

 ほんまモンインスタ、フォローお願いします♪
 

まるで森の中にいるような
そんな空間の中でお母さんお手製のふんわりサンドイッチが食べられる森のアウル
65304593_2508057205911404_1040348938604904448_n.jpg

お好きなコーヒー(4種類)+お好きなグルメパン(6種類)+お好きなサイドメニュー(4種類)

今回選んだのは
たっぷり珈琲+ハーフクラブサンド+コンポタージュスープ
で、850円

64868166_2508057162578075_7306504918351740928_n.jpg

どれを選ぼうか迷うほどおいしさがあふれていました!
ぜひ足を運んでみてください
64940183_2508057269244731_8452632248552783872_n.jpg

珈琲ゼリーなどデザートも豊富にあります
65526141_2508057342578057_6147191063594401792_n.jpg


Café 森のアウル
64923328_2508057389244719_8456039115396218880_n.jpg

電 話 :0875-63-1216
住 所 :三豊市山本町大野3206
営業時間:7:00〜17:00
定休日 :火曜日定休

posted by ほんまモンリポーター at 09:32| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【インスタレポ】森の中にいるようなカフェ♬ 「森のアウル」

【森の中にいるようなカフェ:森のアウルセットランチの紹介】

 ほんまモンインスタ、フォローお願いします♪
 

まるで森の中にいるような
そんな空間の中でお母さんお手製のふんわりサンドイッチが食べられる森のアウル
65304593_2508057205911404_1040348938604904448_n.jpg

お好きなコーヒー(4種類)+お好きなグルメパン(6種類)+お好きなサイドメニュー(4種類)

今回選んだのは
たっぷり珈琲+ハーフクラブサンド+コンポタージュスープ
で、850円

64868166_2508057162578075_7306504918351740928_n.jpg

どれを選ぼうか迷うほどおいしさがあふれていました!
ぜひ足を運んでみてください
64940183_2508057269244731_8452632248552783872_n.jpg

珈琲ゼリーなどデザートも豊富にあります
65526141_2508057342578057_6147191063594401792_n.jpg


Café 森のアウル
64923328_2508057389244719_8456039115396218880_n.jpg

電 話 :0875-63-1216
住 所 :三豊市山本町大野3206
営業時間:7:00〜17:00
定休日 :火曜日定休

posted by ほんまモンリポーター at 09:30| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

『美味しいごはん』がいただける土地を目指して♬ 

さくらです

6月20日(木)、映画『美味しいごはん上映会 in 仁尾』が開催されました!
65147472_2877156552509528_1604191948871041024_n.jpg

行ってきたのは、三豊市仁尾町、父母ケ浜の向かにある古材と薪ストーブのお店「古木里庫」。

65554235_848614845508638_581247982981087232_n.jpg

今の季節、緑色の蔦が、きれいです♬


会場内は、満席となり、たくさんの方の熱気にあふれていました!

64576302_998604630344686_7861431975943340032_n.jpg

『食』というのは、今の日本では、あるのが当たり前になっています。
そして、そのバリエーションも多種多様になり、生きるための食、楽しむための食・・・、はたまた、ニュースで目にすることもある捨てられていく食など、その多様さは、いい面ばかりを生んでいない現実もあるように思います。


そんな中・・・

本当の『美味しいごはん』ってなんだろう!?

今、そして、未来に生きるために大切にしたい『美味しいごはん』ってなんだろう!?


そんな問いに、参加者の方それぞれが、向き合う時間が流れていました。


65088314_1061750834029730_6063785594729791488_n.jpg


映画上映後の、「ごはんとおみそ汁」
お結びは、Cafe de flots の浪越さんが作った「父母ケ浜の塩」(写真左はし)を使って握られていました。この塩は、今は、Cafe de flotsでしか買えない貴重なものです!!!

64980488_2278092592245431_1665969027584884736_n.jpg

65224569_309175793292871_1940844456332754944_n.jpg

どちらも、この香川で、これまで丁寧に作られてきた「ごはん」、そして日本人の体つくりを支えてきたものたち!
なんと、この日は、古木里庫にあるかまどで炊いたご飯がお結びになりました!

64833946_384734025734945_828430948663033856_n.jpg

64932963_432840433938094_1370716736386498560_n.jpg

そんな基本の食事をぱくりとつまみ、また、参加の皆さんの心にも、『美味しいごはん』を大切に、そして考え続けるひかりが宿った瞬間に見えました♪



こちららのイベント、中心的な役割をされたのはこちらのお二人。

64883346_319167368989898_8024803254753820672_n.jpg

(左)料理教室さらだクラブ主宰 前山由美子さん
(右)Cafe de flotsオーナー & 塩づくり職人 浪越弘行さん



これからの『美味しいごはん』を、この地で最前線に伝え続けるお二人の活動に、これからも注目です!

65092234_2268313116584890_8291368269676281856_n.jpg


posted by ほんまモンリポーター at 09:51| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする