2018年08月18日

2018年8月26日(日) 第7回箱裏マルシェ! 改めて開催です!!!


台風接近が心配されたために、7月の開催を延期した、
『第7回 箱裏マルシェ』

来週末、8月26日(日)に、改めて開催いたします!!!


第7回 箱裏マルシェ

38026358_1913943231982997_7737380268029247488_n.jpg


日時:2018年8月26日(日)10:00〜15:00

場所:三豊市詫間町 
箱浦ビジターハウス及び周辺駐車場にて


夏休みの終わりが近づいてきても、まだまだ暑い日になりますが、
外にはこの季節でも食べたいと思わせてくれるようなものが、ずらりと並ぶ予定です!

A0D2AB51-E460-4E9C-9BD7-9A91B7AB26D1-thumbnail2.jpg


また、この暑い季節でも・・・、ゆっくり楽しんでいただけたらということで、
室内に展示&出店をされる方も多いそうです!
ということは、ワークショップや、リラクゼーション系も充実ということですよ!

9C4CA476-5E5E-47F0-9164-6B34E75508CD-thumbnail2.jpg


くれぐれも暑さ対策をばっちりして、荘内半島への道を楽しみながらお越しください!!!


[ここに地図が表示されます]


posted by ほんまモンリポーター at 12:59| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

2018年8月19日(日)〜26日(日) 粟島芸術家村

さくらです

毎年、芸術家を招聘して、滞在型のアート制作をサポートしている
『粟島芸術家村事業』

2018年も5月から4か月、粟島に滞在して2名が滞在して、アート制作を続けていましたが、今週末、8月19日(日)〜26日(日)の間、作品を展示しています。

DSC08290.JPG


第11回 粟島芸術家村滞在作家展

awashima2018-1.jpg

日時:2018年8月19日(日)〜26日(日)
   午前10時〜午後5時

場所:三豊市詫間町 粟島 
   日々の笑学校(旧粟島中学校)
   粟島港から徒歩7分程度

awashima2018-2.jpg




◎マユール・ウェイダさん
DSC08284.JPG

『文化の糸』 CULTURAL THREADS

どんな境界線も無く生きれる地球を感じるでしょう。
すべての私たちは、文化と信仰の多様性をもって
この惑星で巣を作ってきました。
一本の糸から美しく始まった文化は今、
私たち自身をさまざまなコミュニティに分けました。
私たちは、すべての人の根源である、
その糸の起源を見つけるでしょうか。

 ◎マユールさんのご紹介記事はこちら



◎大小島真木さん
DSC08287.JPG

『鯨群の詩』 LYRICS OF WHALES

鯨たちが歌うー
僕たちの身体は何によって生かされているのだろうか?
身体の中に生きている何十兆個もの細胞
何千キロ、何万キロも地上を飛びながら生きる蝶や鳥
人類も長い距離を旅しながら、生き延びてきた
地球は今も強く鼓動している
生物が受け継いでいるのは数万年、数億年前からの言葉

 ◎大小島さんのご紹介記事はこちらから



日々の笑学校
IMG_5036.JPG

場所:三豊市粟島 粟島港から徒歩7分くらい
粟島汽船運航スケジュールはこちら



<<粟島オススメスポット>>

金曜・土曜・日曜のみ営業『あわろは食堂』
DSC08317.JPG

ご紹介 その1 & その2

posted by ほんまモンリポーター at 04:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

三豊産アボガド、応援してます♪ 

さくらです

2017年、三豊市財田町で南国の果物を育てているアンファームへ、
アボガド生育の取材に行かせてもらいました!
 ◎国産のアボガド!? 〜アボガドの産地化を目指して〜はこちら


そのアボガド、育ったものがあるって言うことで・・・
アンファームのアボガド x Cafe de flots
コラボ企画のお食事会がありました!

三豊産アボガドは、完熟するまで木の上にならしておくので、
大きさと熟れ具合が、全く違います!!!

DSC08359.JPG
左:メキシコ産 右:三豊産


アボガドの切り方を教えてくれているのは、アンファームの橋本純子さん
DSC08363.JPG

アボガドの実の色も、三豊産の方が熟れてるかんじがあります!
DSC08372.JPG
説明しなくても、どちらが三豊産かわかりますよね!!!


Cafe de flotsの浪越さんのオススメは、シンプルに塩xオリーブオイルでいただくこと!
DSC08377.JPG

三豊には、美味しい仁尾産オリーブオイル「あかつき」もあるし、
塩は、仁尾町の海水から『Cafe de flots』の浪越さんが作ったもの!!!
DSC08380.JPG
とっても贅沢な三豊産のコラボレーション!

DSC08383.JPG


ほかにも、お肉と、お魚と、パスタと・・・、
アボガドがいろんな料理に変身していきます!
DSC08388.JPG

DSC08394.JPG

DSC08397.JPG

DSC08386.JPG
あちこちから、『三豊産アボガド、美味しい!』の声が!!!



とは言っても、アボガドは、育てるのにとても手がかかる木なんだそうです!

株式会社アンファーム 代表取締役の安藤数義さんに教えていただきました。
DSC08413.JPG

雨や水、風、寒さにとても弱く、実は、今年2月頃の猛烈な寒さと、
春から夏にかけての数回の大雨のために、
本当はもう少したくさんの数のアボガドの収穫が予定されていましたが、
木が弱り、今年の収穫量は、思っていたよりも少ないものになってしまいそうです。
DSC08407.JPG

少ないながらも、まだ、秋の収穫に向けて生育中のアボガドも木になっています。
このまま無事に育てば、秋から冬に、また収穫されるものが出てくるそうです!!!
収穫されたものは、アンファームに並びますので、
気になる方は、チェックしていてくださいね!
DSC08408.JPG

DSC08412.JPG

今年、元気がなくなった木が回復してくるのには、2〜3年程度かかるとのこと!
三豊産アボガド、ぐんぐん育つことを願いながら、また引き続き応援取材を続けたいと思います!!!
DSC08414.JPG



トロピカルフルーツ アンファーム
DSC08399.JPG

住所 三豊市財田町財田上6476-1
TEL 0875-67-2336

5〜8月
営業時間:9:00-17:30
定休日:なし

FBページから最新情報チェック♪


入り口には、マンゴーになれる看板あり
DSC08400.JPG


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

蔦島でこの夏の思い出作りませんか?

こんにちは。ひとみです🍀



みなさん夏楽しんでますか〜



今日は少し視点を変えて、海水浴だけじゃない蔦島の楽しみ方をご紹介します


それは「島パーティ


私ごとですが、夏は次男の誕生日があり、毎年同じ時に産まれた女の子とささやかな誕生日パーティをしているのですが、
今年で3歳。しっかりして来て活動的にもなって来たので、今年はちょっと趣向を変えて・・・


と思いついたのが「蔦島」



蔦島って子連れでの島旅にとってもオススメなんです



オススメポイント@  港につけばいつでも船を出してくれる


子連れでのお出かけって、準備も大変。ハプニングもたくさん。船の時間が決まっていると、あー!!もー!!ってなっちゃいますよね
仁尾港から出ている蔦島の船は、なんと港に行けばいつでも出してくれるんです。
たくさんの荷物も船着き場のすぐ側で降ろして、車は駐車場へ。
船の中に積むのもは逞しい船頭さんが助けてくれました。




download-18.jpg


おすすめポイントA  船が可愛くてテンション上がる


蔦島行きの船「おととい丸」は粟島芸術村ディレクターの日々野さんの作品。
中にも展示が色々是非そちらも楽しんでくださいね





オススメポイントB  7分で無人島へ着く手軽さ🎶


子供達が飽きる間も無く、あっという間に蔦島へ〜
こんなに手軽に、あっという間に島時間を楽しめる場所他にありますか??




蔦島が見えて来ました〜
わくわく

島へ着くとまずは場所作り。
大きな木下を見つけてここにしようかな


今回持って来たものは


レジャーシート
ティピー
ハンモック
折りたたみテーブル

食材を入れたクーラーボックス2つ


持ち歩くのは大変ですが、船着き場から一輪車(無料)を貸してくれるので
安心。船着き場から海岸までが近いのも魅力です。







オススメポイントC 設備が揃っている


蔦島は無人島といっても海水浴場やキャンプ場として整備されていて、

トイレはもちろんシャワー(水のみ、無料)もあって安心。


今回はいろいろ持ち込みしましたが身軽に楽しみたい方は

桟敷もあるし、設営付のテントの貸し出しや
バーベキューセットも用意してくれています。






着替えたらまずは海へ〜







オススメポイントD  しっかり見渡せる海水浴場



目が届きやすくて安心。
プライベートビート気分です
海上にはアスレチックもつけてくれていて子供達も大喜び。


最初は怖がっていたのに、最後はどんどん進んで行って海の中に飛び込んだり。
1日で子供達の成長を感じました。




お魚さんもみつけたよ🎶



download-24.jpg

ひと泳ぎしたらご飯タイム〜

今日のメニューはソーメン。
浜辺で食べるといつものソーメンも特別に感じます。


download-26.jpg


ご飯のあとはハンモックでゆらゆらお菓子タイム。
木漏れ日のシャワーが気持ちいい

そしてジャーン!!


ケーキ登場



download-17.jpg


島にある植物で即席の冠王子さまとお姫さまのできあがり


download-15.jpg


おめでと〜



今回は誕生日ということでしたが、パーティの理由なんてなんだっていいんです。
夏だもの
お家でするのとはまた違う夏を満喫した特別な思い出ができますよ〜



私たちの他にもスイカ割りを楽しんでいる家族や
バーベキューをしている学生さんたちなどみなさん思い思いに夏の島時間を楽しんでいましたよ




何度でも来たくなる場所です




蔦島

桟敷 平日 1000円(14時以降500円)
土、日、盆、祝日  2500円

貸しテント5人用 (設営込) 平日 2000円
土、日、盆、祝日  2500円

私設テント場所代   1000円

バーベキューセット (炭3キロ、網付き) 1700円 食材は持ち込み

予約、お問い合わせ 0875−82−2404(蔦島事務所)
          0875−82−9003(におマリーナ 予約専用)

蔦島渡船

8:30〜16:45 (7、8月無休)

往復料金 大人400円 小人200円(6歳〜12歳)
手荷物運賃(30キロ未満) 1個400円

連絡先 つた島渡船事務所 0875−82−2102


































posted by ほんまモンリポーター at 09:21| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

2018年11月18日(日) 第3回 三豊うらしまマラソン開催! 参加ランナー募集中!!!



参加ランナー募集中♪


2016年11月に三豊市市制施工10周年記念事業のひとつとして開催された

「三豊市うらしまマラソン大会」



「のんびりと景色を楽しみながら走れた!!!」
と、ランナーの皆さんからも、好評の声が届いていました。


その好評の声を形に!
第3回目の開催が決まりました!!!

現在、参加者ランナー募集中です♬

23658697_1691502657594130_4281467910730203754_n.jpg
(画像提供:三豊市うらしまマラソン大会公式HP)


三豊市うらしまマラソン大会

・日時・
2018年11月18日(日)
受付8:30〜9:30   競技10:00〜

・会場・
三豊市詫間町/市民運動場

・ランナー募集・
締め切り 2018年10月12日(金)

・種目・
20q(高校生以上)10q(中学生以上)1.5q(小学生以上)

mitoyo2016_photo01.jpg
(画像提供:三豊市うらしまマラソン大会公式HP)

・コース・
三豊市詫間町体育センター前をスタートおよびゴールとして
瀬戸内海に浮かぶ津嶋神社の景色を堪能しながら走る
比較的平坦なコース。

〜1.5q詫間支所コース〜
三豊市役所詫間支所前を折り返すコース

〜10q津嶋神社コース〜
津嶋神社付近の三野町久保谷交差点信号前を折り返すコース

〜20q香川高専コース〜
津嶋神社コースに後半は旧海軍航空隊滑走路跡の海岸線を走り
香川高専詫間キャンパス内を走るコース

mitoyo2016_photo06.jpg
(画像提供:三豊市うらしまマラソン大会公式HP)


◎参加賞◎
参加者全員に参加賞(Tシャツ・地域うどん券)あり

◎お楽しみイベント◎
シーサイドマルシェ同時開催

しーさいど.jpg



市内・町内の方にはもちろんですが
三豊市に来たことがないという市外・県外の方にも
ぜひ瀬戸内海の景色と風を感じながら、
気持よく走ってもらえるマラソン大会になる予感です!


大会への参加には、申し込みが必要です。
ホームページからでも申込が可能です。
三豊市うらしまマラソン大会公式HP


〜大会に関するお問い合わせ〜
三豊市うらしまマラソン大会実行委員会 
0875-83-3125

〜観光・宿泊に関するお問い合わせ〜
三豊市観光協会 0875-56-5880

〜エントリー・資料請求に関するお問い合わせ〜
三豊市うらしまマラソン大会エントリーセンター
079-420-6663


たくさんの方のエントリーをお待ちしております♪

ゆっくり のんびり
景色を楽しみ 風を感じて 「みとよ」を かけよ



posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする