2019年12月05日

財田愛にあふれる『財田町カレンダー2020』

さくらです

7町が合併して1つの市になった三豊市♬

7町それぞれにおすすめしたい見どころがあるわけですが・・・
どの町に行っても、自分が住んでいる町が大好きな人がたくさんいることが、
三豊市内の7つの町の魅力の一つだと思っています!!!


三豊市でいうと南の方にある財田町も、その一つ!


まちづくり推進隊財田では、来年のカレンダーを作られていますが・・・
それが、財田愛が溢れすぎています♪


ご紹介いただいたのは、まちづくり推進隊財田の大石秀子さん

手にしているのは、現在販売中の、
『財田町カレンダー2020』

IMG_0424.jpg

財田町の、平成30年間のなつかしい写真を集め2020年のカレンダーを作成しました。
15センチ×21センチの手帳サイズで、限定400部。
1冊400円です!


まずは、表紙の方、誰だかわかります・・・か!?
財田町の方なら、即答されると思います!!!

IMG_0426.jpg

答えは、財田町出身の偉人、大久保ェ之丞ですよ!
 ◎詳しいご紹介はこちら


2月は、姉妹町でもある、北海道の洞爺湖の冬景色
実は、洞爺湖の近くには、『財田』という地名もあるんですよ!

IMG_0427.jpg


3月は、統合された財田町内の小学校

IMG_0430.jpg


5月は、雹害を受けた葉たばこの畑の様子

IMG_0431.jpg


7月は、旧三ノ瀬橋。
今はこの橋はなくなっています。

IMG_0433.jpg


10月は財田町の秋祭り『鉾八幡宮 秋季例大祭』

IMG_0434.jpg


ね!!! 
平成30年間に起こった、財田の、いろいろなことを、
飾らずに取りまとめている様子に、『財田愛』をいっぱい感じました!!!

15センチ×21センチの手帳サイズで、限定400部。
1冊400円です!



まちづくり推進隊財田では、三豊市財田町へ移住されてくる方もサポートしています。
移住してくる方を思って作った、こんなパンフレットも用意されていますよ♪

IMG_0435.jpg


まちづくり推進隊財田
住所:三豊市財田町財田上2171−1
電話: 0875-67-3790

IMG_0436.jpg

posted by ほんまモンリポーター at 19:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

2019年12月15日(日) 第1回パンフェス @ 三豊市文化会館マリンウエーブ

世の中には、『パン好きさん』、とても多いですよね!!!

来週末、12月15日(日)、三豊では初のパンフェスが開催されますよ♪

70464600_144195463650490_756349672175435776_o.jpg

第1回目パンフェス

日時:2019年12月15日(日) 
   午前10時〜午後4時(売り切れ次第終了)
場所:三豊市文化会館マリンウエーブ

先着100名様にパンをプレゼント♪
朝9時30分より、受付にて引換券をお渡しします!


さすが、パンフェス!
こんなにたくさんのパン屋さんがずらりと三豊へ来てくれます!!!

Conche ベーカリーコンチェ (丸亀)
パン・焼き菓子工房 らぼ  (坂出)
粉模様の空   (観音寺)
K‘s bakery  (高松)
高月堂221   (高松)
峰山ハチミツ  (高松)
BOULANGERIE PATISSERIE Risum (善通寺)
天然酵母パン KAINA (小豆島)
瀬戸内ラスク堂+ (高松)
吉田製パン&トラパーニ (坂出)
焼いたて食パン専門店 一本堂 (高松)
へんこつパン (詫間)
パティスリースミダ(高松)
HAUNT BAKERS KITCHEN(宇多津)
anew cafe (高松)
CUBECAFE R‘erre (高松)
まんまごと (丸亀)
おやつ堂  (高松)
テキーラバーanejo(高松)
コメルシーの台所(高松)
Bakery&cafe PALM(高松)
cafe 恋いこい (丸亀)


今回注目したのは、三豊市外から来てくれるパン屋さんがとても多いこと!!!
どんなにパンが好きでも、なかなかいろんなお店をぐるぐる回ることはできないので、こうやって、たくさんのお店が集まってくれるのは、貴重な機会です!

73303721_144195533650483_6999797580007735296_o.jpg

ほかにも、子どもたちが、パンのおいしさを楽しみ、そしてハンドメイドの楽しさも体験できるように、ハンドメイドのお店もずらりと並びます。一部のお店では、ワークショップの体験もできるそうです!
ぜひお子さまも併せて1日楽しめそうですね♪


パンフェスを主催している『Fes shikoku』
これから、香川県内を盛り上げるイベントをいろいろ企画していこうと活動を始められた団体です。
実は、また春頃にも・・・、三豊市内で楽しみなイベントを計画されていることで、楽しみです!

色々と楽しいイベントがたくさんある三豊!
初開催のパンフェス、お見逃しなく♪


三豊市文化会館マリンウエーブ

posted by ほんまモンリポーター at 18:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

2019年12月15日(日) 『地元の方限定!うどん打ち体験 in UDON HOUSE』

うどん県三豊市、JR予讃線本山駅から徒歩1分。
2018年秋に正式オープンした話題のスポット「UDON HOUSE」

IMG_4859.JPG


うどん県ならではの「うどん」を思いっきり体験できるスポットして、
そのユニークなシステムや取り組みに、注目が集まっている宿泊施設です!
 ◎公式HP:https://udonhouse.jp/


基本は1泊2日のパターン!

1日目の午後から、半日をかけて、うどん県の文化としてのうどんの歴史をじっくり知り、
さらに、自分だけの本格手打うどんを打って、
夕飯時にいろんな食べ方で楽しみ、宿泊します。

2日目は、朝から、うどんハウス周辺のうどん屋さんを「うどんホッピング」をして、食べ比べを楽しみます。
このうどん満喫の滞在プランを、県外や海外からのお客様へ向けて発信をしています!

38033369_10215719260431223_4952559121531404288_n.jpg


37973504_10215719262791282_8271653497909280768_n.jpg



宿泊施設・・・というと、どうしても県内の方にとっては、
あまり縁がない場所に感じられるかもしれませんが、
うどんハウスは、地域の方との連携も大切にしており、
定期的に地元向けのうどん打ち体験や、いろいろな企画を発信しています!

IMG_4776.JPG


それが、『地元の方限定! うどん打ち体験 in UDON HOUSE』

12月15日(日)午前9時〜午後2時(受付は1時30分まで)
お1人様500円、または食事付きで1,000円
所要時間は40分程度
持ち物:お子様はエプロンをお持ちください。
    (大人用は貸出あり)
人数が多い場合は、受付順に整理券をお渡しする可能性があります。

通常は6時間かけて行う、うどんハウスのうどん打ち体験のうち、
のばして切るという工程の部分を、約40分で体験できます♪
打ったうどんは、家族のためにお持ち帰りしてもいいし、
その場で湯がいたものをいただくこともできるそうです。

この麺切り、やったことありますか???

IMG_4791.JPG

あの、うどん屋さんで見かけることのある、
同じ感覚に自動的に進んでいくうどん切り専用のカッターです! 
本格的なうどん打ち設備の揃っているうどんハウスの厨房にお邪魔するだけでも、
楽しいですよ!!!

IMG_4806.JPG

ぜひ、この機会に、話題の宿泊スポット「UDON HOUSE」に
行ってみよう〜♬

IMG_4832.JPG


UDON HOUSE
住所:三豊市豊中町岡本1651-3
電話:0875-89-1362
e-mail : info@udonhouse.jp

行き方:JR予讃線本山駅より徒歩1分

posted by ほんまモンリポーター at 15:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

2019年12月8日(日) 第11回 箱裏マルシェ開催♬


毎回、荘内半島での賑わいを盛り上げ、
大好評いただいている箱裏マルシェ!
12月8日(日)に第11回が開催です♬

74693207_2664973323546647_2957944535100948480_o.jpg

『第11回箱裏マルシェ』

日時:2018年12月8日(日)
午前9時30分〜午後2時30分

場所:三豊市詫間町 
 箱浦ビジターハウス及び周辺駐車場にて



美味しいもののお店、室内でのWSなど、
30軒近いお店が並び、にぎわいそうです!

 ◎第4回の賑わいの様子はこちらから
 ◎弟8回のイベントの様子はこちら

午前10時からは、餅つきをしているので、
つきたてのお餅ふるまいます!
DSC05617-thumbnail2.jpg


午前11時からは、大人気の詫間沖でとれた殻つき牡蠣販売も始まります!
DSC05737-9a6a1-thumbnail2.jpg


12月8日(日)はご家族そろって、箱浦ビジターハウスへ!

<<箱浦ビジターハウス>>

[ここに地図が表示されます]


posted by ほんまモンリポーター at 01:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

仁尾のうまいもん、ギュギュっと集まりました♪

さくらです

三豊市内には、気候や風土をいかした美味しいものがたくさんある!!!!
と思っています!

そんな、『美味しいもの』が、ギュギュっと集まったセットが誕生しましたよ〜


それがこちら!!!

『仁尾のうまいもん』 3,780円

IMG_0384.jpg

このパッケージ、かわいくないですか〜〜〜〜!?


この商品の開発を考えていた2018年、地元の仁尾町内の小学校の夏休みの宿題として、この商品のパッケージデザインをお願いした中から選ばれた1枚です!

描かれているのは、仁尾の海、ミカン、そして、「みかんロボ」!

CIMG2472.jpg

山からカーブの坂道になっているところで、みんなの交通マナーを見守っている「みかんロボ」です!!!
◎みかんロボご紹介記事はこちら



さて、こんなかわいいパッケージの中に入っているものはこちら!

IMG_0388.jpg

◎あかつき
三豊オリーブ株式会社で、オリーブを育て、収穫&搾油をして作られたオリーブオイル。
 今年の『あかつき』のご紹介記事はこちら

◎曽保みかんジャム
香川県内で育った果樹をジャムに加工して販売している「手づくり工房みやけ」
仁尾町曽保地区で育つみかんをぎゅっと閉じ込めたジャムです。

◎食べるいりこ
仁尾町の目の前に広がる燧灘エリアを中心に育ったカタクチイワシがカリっといただけます。
有限会社藤田水産の商品です。
 たくさんの海産物が並ぶお店の様子はこちら

◎父母の塩
仁尾町の目の前に広がる話題のフォトスポット「父母ケ浜」の海水からじっくりと作った塩。
Cafe de flotsのオーナーが手作りで作っている塩です。
 カフェのご紹介はこちら

◎仁尾酢
1741年創業、今も、仁尾町の街中の大きな樽の中で熟成されている「仁尾酢」
 仁尾酢の取材様子はこちら



そして、もう一つ、かわいいこちらが入っています♪

『仁尾町のうまいもん研究帳』
IMG_0390.jpg

この5つの商品を使って、いかに、食卓を豊かにするかに挑戦した、レシピ帳です!

IMG_0392.jpg

香川県は、地中海性気候とよく似ていると言われますが、こちらにパッケージされている5つの商品も、和風にも、そしてちょっと洋風、特に地中海系の例えば、イタリア料理風のアレンジなんかにもばっちりあいそうです!

そんなレシピの提案が、写真とともに、丁寧にご紹介されています!



ということで、これからお客様の多くなる冬の食卓を豊かにしそうな、
『仁尾のうまいもん』


仁尾の近くの皆さんにも、そして県外から旅行に来た方にも、手に取ってもらいたいです!
仁尾町の魅力が、いっぱいです♬

IMG_0272.jpg

気になる方、購入できるのはこちらです♬

◎三豊オリーブのオンラインショップ 


◎店舗に伺って購入することもできます。
三豊オリーブ
住所:三豊市仁尾町仁尾辛42-17
電話:0875-82-4219


◎市内のお店では、事前に予約をしておくと、購入することができます。
 三豊市で予約を受け付けてくれるお店
 ◎暮らしの森(豊中町)
 ◎SUN CAFE(仁尾町)



posted by ほんまモンリポーター at 12:44| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする