2019年08月20日

香川大学で財田の陸貝展示中!(〜9/14まで)

 こんにちは、ショウタロウです。

 最近、自然のことを学ぶ講座などに参加するため、よく香川大に行っています。
 その香川大学(幸町キャンパス)の博物館展示室で

第23回企画展「行ってみよう!香川の自然」

 が開催されています。その中で、財田町の陸貝(カタツムリの仲間など)が展示されています!
ポスター.jpg

 こちらが博物館です。
 IMG_9472.JPG

 玄関を入ると…
IMG_9488.JPG
 牛の骨格標本にちょっとびっくり!

 展示室はこじんまりとした感じですね。
IMG_9485.JPG

サヌカイトの楽器。サヌカイトってほんとにいい音がしますよね〜
 IMG_9474.JPG 

 ポスターにあった各地の自然について、地形や地質などとセットで解説されています。地形や地質の解説は三豊でジオ講座などもされている長谷川修一教授によるものです。
 IMG_9478.JPG

IMG_9481.JPG

 さてさて、お目当ての財田の陸貝は…ありました!
IMG_9475.JPG

IMG_9476.JPG

IMG_9477.JPG
「アワマイマイ」、大きな陸貝です。直径5cmぐらいありました!!

 これらの標本を収集したのは財田町自然観察同好会のみなさまです。
 現在の会長の近井重美先生にお話をうかがったところ当時の調査ではカタツムリなど山の中の陸貝だけで62種類、池や川に生息するものが13種類見つかったそうです。

 調査は15年ほど前に行われたものだそうですが、今だとどうなっているでしょうか。生物たち、特に貝のようにあまり移動できないものは環境の変化に影響されやすいので、どうなっているか興味がわきました。

 夏休みの自由研究にも役立つ展示だと思いますので、自然好きな方だけでなく、お子様連れでもぜひおでかけください!

IMG_9490.JPG

⬛香川大学博物館展示室・第23回企画展「行ってみよう!香川の自然」(〜9/14まで)
 住所:香川県高松市幸町1−1(地図はこちら
 開館時間:10:00〜16:00
 休館日:日・月曜日、祝日、8/11〜19
 入館料:無料
 TEL:087-832-1300
 ※駐車場はありません。公共交通機関またはコインパーキングをご利用ください!

 ありがとうございました!

posted by ほんまモンリポーター at 17:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

2019年8月25日(日) 田んぼっこ祭り @ 木きん堂 デッキde市


子どもが楽しく「学べる」お祭りを通じて、
「農」から学ぶ『生きる力』をはぐくもう♪


そんな、ユニークな活動を続けているのは、「田んぼっこ』
三豊市山本町河内地区の耕作放棄地を管理・活用し、様々な活動を行っている「河内アグリ活動組織」が、’’子どもたちへの食育’’をキーワードに始めた企画です!

 〇「田んぼっこ」のご紹介記事はこちら

67438790_475198213313123_16360269164838912_n.jpg

67336900_344330546490107_5029286264143085568_n.jpg

そんな『田んぼっこ』が、子どもたちへの経験の一環として、今週末に、三豊市山本町の「木きん堂』でイベントを企画しています!

67296177_2352324171700652_7957745853051961344_n (1).jpg

田んぼっこ祭り @ 木きん堂 デッキde市

日時:2019年8月25日(日) 午前10時〜午後1時
場所:三豊市山本町 木きん堂

〇田んぼっこの子どもたちによる野菜の対面販売

〇【野菜と自然を愛する会】野菜deデコプレートつくりのワークショップ

〇非常時の食について考えたことがありますか?

〇「ヒンメリ」って知ってる?
 WS:麦わらで作る北欧のモービル

〇「だいこんてっぽう」で狙え豪華賞品!

などなど、子どもたちにいろいろな経験をさせてあげられそうなイベントがたくさん企画されています!

お楽しみのおいしいものの出店もあります♪

〇【風凛堂】の地産地消カレー出店

〇【Lento】キッシュ・ベーグル・パン

〇【ほほえみクラブ】焼きたての手作りピザ


食べること、生きることを考えながら楽しむ1日に、ぜひどうぞ♪

68305033_873872216331308_3508351139613507584_n.jpg

また、田んぼっこでは、1年の農作業を通じて、食のことを考える体験を毎月企画していますが、こちらのメンバーも募集しています!
子どもと一緒に、地域で育つ野菜たちを知り、一緒に体験を楽しみませんか!?
 
67792665_408566413114949_6227886429570072576_n.jpg

67269829_2287293171354210_5244138850619490304_n.jpg

67543065_404275680432952_353499971946807296_n.jpg

お問い合わせ:河内アグリ活動組織 事務局 090-4507-2123(白川)

posted by ほんまモンリポーター at 21:00| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

【新しいライフスタイル】気が付いたらカレー屋、時々農家!? 『暑い夏、カレーを食べよう♪』

来週末のイベントのご紹介です♬

農ある暮らしを求めて、東京から三豊市財田町へ移住して3年になる永井さんご家族。
69014332_381707112547466_7141408041940811776_n.jpg 

〇2年前に移住暮らしの取材記事でご紹介しています♪
  記事はこちら

予定通り、農業も始めるものの・・・、その後、現在は三豊市三野町のドロワースで、毎週水曜日に『風凛堂』という屋号のカレー屋をされており、こちらも地域の方を中心に、じわじわとファンが増えています!
67978749_498914470844191_1070711926436134912_n.jpg

68578165_667194010424107_3165491854653259776_n (2).jpg

移住後、好きだったことを続けている中で生まれた新しい仕事と、やりたかった農業、そして、地域中で必要とされる仕事のバランスをとりながら、家族との時間を大切に過ごす移住ライフをについて、伺います。

また、畑から直送の採れたて野菜を使って、インド風のカレーには欠かせない、アチャール2種、ライタも作りますので、料理好きな方も楽しめます!
68467965_658959504624389_8129473927039680512_n (2).jpg

もちろん、ランチは、永井さんのカレーです♬

日時:8月24日(土) 午前10時〜午後1時頃
  (受付 午前9:45〜)
場所:三豊市財田町 永井家
  *詳しい場所はお申し込みの方にご連絡します。
料金:大人お1人様 2500円(カレーランチ、飲み物込み)
   子ども(大人に同伴の小学生1名無料、2名から1,000円)
   幼児無料
定員:12名

<スケジュール>
10時 永井さんの活動紹介
   (移住のお話、畑見学など)
11時 採れたて野菜でアチャール2種、ライタ作り
12時 カレータイム♬
13時 解散

お申し込みは、FBページへのコメントか、下記問い合わせ先にお願いします。

お問い合わせ&お申込み
株式会社Draworth 森 050-3592-5092

posted by ほんまモンリポーター at 12:43| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

【NEW ごはんどころ】海の恵みいっぱい MOCCO@三豊市高瀬町麻

さくらです

三豊市高瀬町に古民家を改装した落ち着いたカフェが登場♬

Mocco

駐車場を入ると、大漁旗が迎えてくれます!!!

IMG_8647.JPG

お家の中は、どこかの田舎のお家にお邪魔したような感覚で、とてもほっとします!
IMG_8649.JPG

IMG_8650.JPG

オーナーは、観音寺市伊吹島出身のMoccoさん
IMG_8651.JPG

伊吹島で普通に食べられている魚を中心としたお食事を、ゆっくり楽しんでもらえたらとご縁のあった古民家でカフェを始められました!
IMG_8653.JPG

お食事は、魚をメインとした定食スタイル!
IMG_8656 (1).JPG


予約などの都合が合う時は、お弁当も作ってくれます!
お惣菜などのお持ち帰りにも対応してくれます。
IMG_8657 (1).JPG

お茶&デザートタイムも充実♬
すべて手作りの優しいデザートです!
IMG_8659 (1).JPG

お茶も充実…ゆっくりした時間が過ごせそうです〜♬
IMG_8652.JPG


場所が少しわかりにくいのですが、Google mapでチェックしてゆっくりと進んでみてください! 
なお、駐車スペースが狭いので、大きめの車でいらっしゃる方は、下記電話で、駐車スペースを確認されることをお勧めします。
IMG_8642.JPG

IMG_8643.JPG

IMG_8646.JPG


MOCCO

住 所 :三豊市高瀬町上麻138-1
電 話 :090-2828-3323
定休日 :月曜・火曜
営業時間:午前11時〜夕暮れ時

IMG_8648.JPG

posted by ほんまモンリポーター at 16:25| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

まるで宝石!今が旬の三豊のシャインマスカット。


こんにちは、ひとみです🍀


果物王国三豊。

その中でも今日は、今が旬私も大好きなシャインマスカットのご紹介です



見てくださいこの姿まるで宝石のように美しいシャインマスカット


IMG_5403.JPG


大粒で、他のぶとうとは異なるしっかりした食感になのに、果汁はしっかりと広がって、、、
一口食べると、ハァ幸せ
しかも皮ごとたべられて、タネもないという食べやすさ。



そんなシャインマスカットのおいしさの秘密が知りたくて畑までお邪魔してきました。




IMG_5412.JPG


お邪魔したのは、七宝山の麓にある矢野さんの畑。


七宝山のおかげでこの辺りは日が落ちるのが早く
温度がよく下がるので
葡萄の栽培に向いているそうです。


中に入ると・・・・


IMG_5398.JPG


整然


葡萄畑まで美しい


隅々まで手をかけられているのがこれだけでも伺えます。



炎天下の中だったのですが
葡萄棚の下は優しい日陰で気持ちよくゆっくりお話しを伺うことができました。


こちらの畑をされている矢野さんは、葡萄を作られて30年。
シャインマスカットは豊中では試験場として1番早く15年前から作り始められたそうです。


シャインマスカットを初めて食べた時、その食感や、味に衝撃を受け、『美味しい!この葡萄を作りたい!』
と思ったそうです。


ずっと葡萄と向き合ってきた矢野さん


『葡萄は手のかかる子でね・・・。」



そう話してくれる様子はまるで可愛い我が子の話をしているよう。



IMG_5399.JPG


袋を外してくれると中から美しいシャインマスカットが出てきました。



「うん。いいね。」その出来に矢野さんも満足そう。


良いシャインマスカットの条件はまずこの形。


全体に粒が揃っていてバランスよく
全ての粒が放射状に外側に向いています。


IMG_5410.JPG


下から見るとよくわかるかな?


粒の数はおおよそ45粒。

これ以上多くなると小降りになるし、甘みも減るそうです。


そしてツヤツヤの張りのある実。
近づくとうっすらと白い粉が付いていることがわかります。


IMG_5404.JPG

こちらも良い葡萄の条件。
この粉は葡萄自身が自分を守るために出すもので
雨なども弾いてくれるそう。


扱う時にも粉を傷つけないように慎重です。



こんな美味しく美しいシャインマスカットを作るために矢野さんは苗づくりから自身でされているそうです。


葡萄は自然のもの。
他の土地で育った苗を買ってきても思うようにいかなくて。


「やっぱりここの葡萄にはここの土があっているんだろうね。」



美味しい葡萄ができるかどうかは、花芽の時点も大切だそうで


美しい花芽をつけるには、そもそも葉っぱも健全に保ってあげることが大切。


虫や病気はいち早く築いて対処します


IMG_5406.JPG




茎の太さだって大切。太すぎても、細すぎてもよくなくて、ちょうど良い枝1Mに6房程度が適当とのこと。




IMG_5401.JPG


花芽がつけば一つ一つ短く花きりし
タネができないように一つ一つお薬につけて
適当な数や形にするために、バランスを見ながら摘粒し
一粒一粒、粒が外に向くように優しく粒の向きを整えてあげて・・・


それでも相手は自然のもの
思うようになってくれないのが当たり前。


話を聞くだけでも、根気のいる、気の遠くなるような作業の連続です。
その全ての苦労は伺い知ることもできませんが、



早い時期から、葡萄の隅々まで気を配り、手塩をかけて大切に育てられていることが伝わります。




今できることとは即することに決めているんです。
 後になってから、あの時こうしておけばよかったと思うことだけはしたくない。
 今できることは全部やっておくの。」



矢野さんの言葉が胸に残ります。


IMG_5408.JPG
可愛い葡萄に満足げな矢野さん。



手塩をかけて育てた葡萄、納得のいく良いものができると手放すのが惜しくなる時さえあるそう。
そんな時はひと房とって、粒を外しその枝ぶりを見てまたこのような葡萄が作れるようにと
次の年の励みにとっておくそうです。



そんな矢野さんの葡萄には県内外にファンが多く、毎年楽しみにされている方がたくさんいて
千疋屋を始め、多くは県外に出荷されてしまうため、
地元でなかなか手に入らないそうです。



観音寺市にある原田商店や、ぶどうの時期のみできるJA香川県の豊中内の直売処で購入できるそうなので
気になる方は、お問い合わせ、ご予約をしてみてくださいね。


9月半ば頃まで販売されているそうです。



早朝の収穫を終えてせっせと出荷作業に励む旦那様。
今では娘さんも葡萄の作業を手伝ってらっしゃるそうで家族で力を合わせて美味しい葡萄を育てています。



有限会社 原田商店

 〒768-0062  香川県観音寺市有明町4-40 

 営業時間/7:00-19:00(夏季は19:30まで)

Tel.0875-25-3215  /Fax.0875-25-3825


 JA香川県 豊中 ぶどう直売所

  香川県三豊市豊中町本山甲838 JA香川県豊中ふれあいセンター前
 Tel.0875-62-3181





posted by ほんまモンリポーター at 07:57| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする