2017年01月24日

今だけ!!!のミカンを探しに♬ 〜仁尾町 みかんの里〜

さくらです

寒い、寒い、さむ〜い!
こたつでぬくぬくしたいです!!!

こたつに置くおいし〜みかんを探しにやってきたのは、
仁尾町の海沿いにある『みかんの里』
DSC06137.JPG

曽保ブランドみかん発祥の地、三豊市曽保(みとよしそほ)地区で
こだわりみかんを販売するみかん専門の産直です!


店内には、みかん、ミカン、ミ・カ・ン・・・
DSC06120.JPG


生産者ごとに並んでいるみかんは、どれも試食ができますよ♪
DSC06124.JPG
太っ腹!!!
どれもおいしくて、止まらなくなりそう・・・


そして、今日は何かな!?
入口のそばにある、『詰め放題コーナー』
今日は、はっさくでした!!!
DSC06128.JPG




そして、今日のお目当ては・・・、袋かけみかん

あるかな?あるかな???って思いながら、探してみると・・・



やった〜
ありました
DSC06123.JPG

贈答用はきれいに包まれて、並んでいます♪
DSC06121.JPG

DSC06122.JPG

この袋かけみかん、
正式には『越冬完熟袋掛けみかん』と言います!
特殊な栽培方法で、通常であれば11月ころに収穫する早生みかんに袋をかけ、
冬を越して、1月過ぎてから収穫をします
みかんの甘さを限界まで追求したものを収穫していることになります

ひと手間かけて大切に育てられたみかん、
ちょうど今が旬で、今週〜来週にかけて、
収穫されたらお店にならぶ!!!
ということで、出会えたらラッキー!な、袋かけみかんでした♬


絶対に食べてみたいって方は、お電話でお問い合わせください。
お店にあれば・・・、取っておいてくれるそうですよ!


みかんを買いに来た方には、お得な情報が♬
海が目の前に広がるカフェブースで、
コーヒー1杯 100円でいただけます

今日は、冬の海・・・
DSC06133.JPG


(有)仁尾みかんの里
DSC06138.JPG

住 所     三豊市仁尾町仁尾甲1206−1
電話・FAX (0875)82−4924
定休日     月曜(2017年1月中は無休)
営業時間    午前9時〜午後5時(冬季は6時まで)

ホームページはこちら

[ここに地図が表示されます]

posted by ほんまモンリポーター at 20:39| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

三豊のマーガレットは日本一!!

D1C17617-0687-4D4D-B71F-1465313D01E6.JPG

『落ちない花』マーガレット

D0F2CB8E-2355-458C-B5B7-A281F3F58D7E.JPG
三豊花き部会副部長 マーガレット部部長
辻 広喜さんにお話伺いました。


三豊のマーガレットについて教えてください。

温暖な気候が適しています。
暑すぎてもダメ、寒すぎてもダメ。

例えばヒマワリはマイナス5度になっても、35度40度になっても枯れませんが、
マーガレットは温度30度になれば生育しません。
栽培適温は10度から25度ぐらいまで。
限界温度は3度以下と30度以上です。
霜が降りれば真っ黒になって枯れてしまいます。

三豊でマーガレット作りが盛んな訳は…
海水温が影響しているところがあります。
たとえば山に囲まれていると冷気が降りてくるなどしますが、
海に囲まれた瀬戸内海では暖かく助けられています。
三豊市のマーガレットシェア率は60%です、伊豆半島が30%なんですよ。
仁尾・詫間は温暖な気候で、花もよく育ち、とても育てやすい環境に恵まれています。

昭和30年ごろぐらいから荘内半島でマーガレット栽培が盛んになってきました。
現在は詫間町・仁尾町で作られています。

今では『三豊のマーガレット』として全国でも有名なほどになりました。

マーガレット部会に所属しているのは現在50名、
面積は5haです。
昨年はおよそ250万本出荷しています。
1月の中旬にもなりますと、日中も長くなってきているので開花も進んでくるのですが、
今年は、昨年の夏場が暑く、曇天が続き、1ヶ月ほど遅れそうです。



ハウスを見せていただきました。
58E45D3E-9BE0-4ADA-A5DC-14A4B1D8F524.JPG

露地栽培だと霜が降りると枯れる為
11月から4月ぐらいまでビニールハウスで栽培しています。



年間を通しての作業を教えてください。

7月末ぐらいから親株から10cmぐらいピンチし芽を取り、挿し芽にして、発根させます。
およそ2週間から3週間で発根します。

8月〜10月の末の間、分けて植えていきます。
収穫期は11月〜4月です。



マーガレットって背が高いんですね!
5FDAD51B-9A2B-439E-9AA6-01E2F78D5A26.JPG

1mから1m20cmぐらいあります。
60cmにカットして出荷します。
一株で8本ぐらい収穫できます。


AEDF8659-D5BA-4E72-99A4-4DB8F14E8DF2.JPG


辻さんのおすすめの飾り方も教えてもらいました。

水上げが悪いので、水上げを十分にしてから飾ってください。
水の世話をしてあげると1ヶ月は楽しむことができます。
華奢に見えて、しっかりしている花です。

キク科のお花なので、一輪挿しなんかに挿すと、凛として、
こんなに一輪挿しが似合う花はないんじゃないかなと思います。
花束で引き立て役にもなるので最高の花です。
高貴な方たちの名前にも使われているマーガレット
やはり、凛としたマーガレットの姿から来ているのではないでしょうか。



実はいま、マーガレットの生産量が減って来ているそうです。

後継者がいなくて、高齢のため離農される方がたくさんいるので、
もっともっと作りたいんですが…
生産者さん募集しています。三豊でマーガレットを作りませんか?

と辻さん。

10500E19-9771-4664-AAF9-A5A3D01510F9.JPG


そして、受験生の皆さんへのエールをいただきました。

マーガレットの花言葉は「真実の愛」
若いシンガーの歌詞にもマーガレットが使われることがあります。
きっと若い人にもマーガレットを知ってもらえているんだと感じます。

ぜひ、マーガレットをお守りにして、
受験生のみなさん、ご家族の皆さん
頑張ってください。
我々、マーガレット栽培農家も応援しています。



三豊の落ちない花
マーガレット
是非、飾ってくださいね。

アヤミでした❀


posted by ほんまモンリポーター at 09:53| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

落ちない花 三豊のマーガレット

今日は金曜日♬
お昼前、11時55分から〜 FM78.6 週刊みとよほんまモンRadio!
聞いてくださいね♪


本日番組でご紹介するのは⁉


D1C17617-0687-4D4D-B71F-1465313D01E6.JPG

落ちない花
三豊のマーガレット




三豊市はマーガレット生産日本一✨
三豊市の市の花にもなっていますね🎵

なぜ、落ちない花かというと、
マーガレットは1カ月以上美しく咲き、花が落ちたりすることがないため
【落ちない花】として受験の縁起物とされています。

マーガレットの花言葉は『真実の愛』
たくさんの愛が込められています。

受験生や大切な方へのプレゼントにも喜ばれそうですね💕

58E45D3E-9BE0-4ADA-A5DC-14A4B1D8F524.JPG

マーガレットの詳しいお話は、明日お届けします。


posted by ほんまモンリポーター at 09:12| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ろう梅を楽しんだ後には、のんびりカフェへ♬ 〜豊中町 Ta蔵〜

さくらです

寒い週末だけど・・・
この季節だからこそ楽しめる、延命院のろう梅
DSC05917.JPG
 ◎延命院のろう梅の情報はこちら / お願い事情報はこちら


お花を楽しんだ後は、のんびりとあたたまりに行きたいですね♪


  最寄りのおすすめカフェ 『Ta蔵』
DSC05936.JPG

DSC05937.JPG


この1月で4周年を迎えられました
DSC05946.JPG

その感謝の気持ちをこめて、
この週末14日(土)〜20日(金)<8日(水)休み>まで、
普段は提供していない特別なストレート珈琲を
格安にいただけます♪

通常価格¥400 => ¥200

DSC05944.JPG

午後のゆっくりと時間が流れるカフェも、
とても、雰囲気がよくてお勧めです!

DSC05940.JPG

DSC05938.JPG

DSC05939.JPG

この雰囲気でいただくおいしい珈琲は、
ぐっと大人になった気分にさせてくれます


そして、冬になるといただきたくなる『ぜんざい』も、
あったまります〜♬
DSC05941.JPG


ランチタイムのハンバーグ、ボリュームデザートのダッチベイビーなど、
いろんな人気商品も、ぜひ、たっぷりと楽しんでくださいね♪
 ◎ハンバーグ編
 ◎夜cafe編
 
 ◎珈琲とダッチベイビー編


そして、毎月1回、『カフェ婚』も開催
DSC05947.JPG
過去にも、素敵な出会いがお店であったこともあるそうで・・・
そんな、愛ある出会いのcafe、『Ta蔵』で、あったまっていきましょう!


================================
Ta蔵
070.JPG

住 所 :三豊市豊中町上高野259−2
電 話 :0875−62−6828
営業時間:午前9時〜午後5時
     夜カフェ 火・木・土 午後7時〜9時
定休日 :毎週水曜日・第三日曜日

069.JPG

posted by ほんまモンリポーター at 07:44| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

詫間の牡蠣 おいしさの秘密

さくらです


この季節だからこそおいしい牡蠣♬
三豊のおいし〜い牡蠣のおいしさの秘密、紹介します!

今回ご紹介するのは、40年程前から牡蠣養殖に
取り組む『詫間漁業協同組合』(以下、詫間漁協)
DSCN3355.JPG



詫間の牡蠣のおいしさの秘密などについて
かき組合長冨山晴信さんにお聞きしました。
DSC05752.JPG

「詫間漁協かき出荷場」について
ここは「かき共同作業場」ということで、牡蠣養殖業を
営む方々が集まって、個々に出荷作業をする場所です。
DSC05759.JPG

始まりは40年程前からで、当時は17軒もの牡蠣養殖業者
がいたのですが、現在は過疎化の影響もあり8軒になっています。


『詫間かき』のおいしさの秘密
美味しい牡蠣を育てるには、河からの養分と波の穏やかな場所が大切!
ということで、詫間町三野津湾(津嶋神社の辺り)沖500m程の
ところに養殖筏を設置しています。
NCM_0500.JPG

この辺りは、高瀬川の水が流れ込み波も穏やかなので、牡蠣養殖には好条件!
また養殖の特徴として、設置している養殖筏と牡蠣の種付けを少なくしています。

全体量を少なくすることによって、牡蠣それぞれに栄養が十分に行き渡り
大きくて尚且つ美味しい牡蠣に成長するんです!




牡蠣は今が一番おいしいとき!
詫間町のカキ作業場も忙しそうです。

津島神社沖の養殖場から牡蠣を乗せた船が帰ってきます。
DSC05739.JPG

引き上げ
DSC05740.JPG

牡蠣を洗浄して、一つ一つ手作業できれいにしていく大変な作業です
DSC05743.JPG

40年もの長い歴史があるので、様々な知恵や工夫がなされて
美味しい牡蠣をいただくことができています!
DSC05737.JPG


さあ、牡蠣が食べたくなった方、
お問い合わせはこちらへ


お申込み&お引渡し場所 
詫間町高谷 カキ共同出荷場
電話 0875−83−5852
1月5日〜2月28日ころまでは休みなし


お申し込み先 
詫間漁業協同組合
電話 0875-83-2016
FAX  0875-83-3084
住  所:三豊市詫間町詫間6800
営業時間:午前8時30分〜午後5時
定休日 :土・日・祝日



そして、豪快に「かき焼き」を楽しみたいという方!
間町の『かき焼き とみやま』
完全予約制です!!!

IMG_6507-a559b-thumbnail2.jpg

かき焼き とみやま
住所:三豊市詫間町詫間6606−151
電話:0875−83−6853
定休日:火曜日
営業時間:11時30分〜14時/17時〜21時
 *4名以上 完全予約制
 *2時間食べ放題
◎詳しいご紹介の記事はこちら



posted by ほんまモンリポーター at 12:13| Comment(0) | 番組紹介!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする